毎日が旅の連続で、「どさ回り」の一座のようなTOMネットですが、
地域のおいしいものを食べられたり、昔話を聞くことができたり、
温泉に入ったり、ボランティア参加の会員も結構楽しんでいます。
今日から月に2回位のペースで、地域フォーラムの様子や、
訪問したまちのエピソードをこのホームページに載せていきます。
ご期待ください。

7月某日
大田原市で「中心市街地活性化フォーラムin栃木」を開催。
今後、全国15地区で開催するフォーラムの第一弾。
終了後、TOMネットのスタッフ、サポーター会員約10名は車4台に
分乗し板室温泉へ。今年11月に開催する「温泉観光地活性化
フォーラム」のための視察会という名目で宴会。
そのまま、翌日茨城県龍ケ崎市へ移動。
コンセンサス形成事業に係るまちづくりワークショップに参加。
へとへとで深夜帰京。

7月某日
TOMネットで中心市街地活性化基本計画策定の
お手伝いをすることになった両津市(佐渡)の第1回委員会。
昨年、秋田県の鹿角市でTOMネット東北会が参加した
「まちづくりワークショップ」を両津でも行う予定だが、
専門者会員を集められるかどうか、やや不安。

7月某日
第4回海外まちづくり組織調査団は、上海市へ。
中華料理と青島ビールを片手に政府関係者と意見交換を深夜まで。
詳しくは、TMO支援ゼミナールにて。

7月某日
水戸市で「活性化フォーラムin茨城」。翌日、関係者による
懇親ゴルフコンペだが私は体調不良で欠席。残念。

7月某日
暑い東京から一路札幌へ。TOMネット北海道会の会長である
村松弁護士事務所にて「北海道活性化センター(仮称)開設準備会。
元気のない北海道のセーフティネットづくりをNPOの立場で
お手伝いしたいという村松会長の話に一同深く賛同。

7月某日
再び佐渡の両津市へ。
基本計画策定のための「まちづくりワークショップ」のコーディネーター
としてTOMネット東京会から6名がフェリーで海を渡った。
市町村合併による佐渡市の誕生を控えて、玄関口の両津市の中心市街地を
どのように魅力的に作り変えるか、市民も行政も熱く議論。
私も、今後数年間、新生佐渡の活性化の役に立てればと久々にわくわくした。
いつものようにワークショップが終了すると夜10時近くなっており、
食事のための居酒屋を探してビールを飲むとすぐに閉店時間になっている。
話し足りずに旅館へ戻って部屋で引き続き議論。
私は午前1時ごろダウンしたが、朝まで語り明かした会員もいたそうだ。

7月某日
佐原市で「活性化フォーラムin千葉」。今回も参加者は100名以上。
参加者の悩みは、やはりTMOの人材と資金。TOMネットで今年度提案している
「パブリックハウス(民間主導のコミュニティセンター)」への反応は大きい。


次回へつづく・・・