3月某日

「栃木県中心市街地活性化実現フォーラム」というイベントが
西那須野町で開催されることになり、
TOMネットメンバー4名ですっかりなじみになった
東北新幹線「なすの号」に乗り込む。
県内の市町村と西那須野町民が参加予定で、
我々は西那須野のTMO構想の中間発表をすることになっているが、
事前打合せの時間が取れず新幹線内の
一時間であわただしく役割分担。
会場となった役場の会議室は土曜日の昼間というのに、
定員の百名を超えて立ち見の人までいるくらいで、
地元のまちづくりへの盛り上がりが感じられた。
西那須野町長、商工会長、副会長が一般町民と共に熱心に発言されており、
文字通り活性化実現へ向けてのフォーラムとなった。
終了後の意見交換会にも町の偉い人がすべて参加し、
私も失礼ながら都市再生再開発事業への町のバックアップを
町長に直訴してしまった。
さすがに帰りの最終新幹線では一週間の疲れもでて
メンバーは、「缶ビールとワンカップ各1」で寝てしまった。


3月某日
静岡県本川根町の役場の課長さん達が訪ねてこられ、
寸又峡温泉のまちづくりについて相談を受けた。
これは昨年東京で開催した「温泉地活性化フォーラム」で
事例紹介した北海道の「層雲峡温泉」の優良再開発事業を
参考に寸又峡の活性化策を探りたいという趣旨のようだ。
層雲峡プロジェクトは優良建築物等整備事業環境形成タイプ
という手法で温泉商店街の大半をデザインを統一して建替え
再編成したものだが、今考えてもこれはウルトラC(死後?)で、
環境庁所管の国立公園内国有地で建設省(当時)所管の
再開発を行うことを良く国は認めてくれたものだと思うが、
今回の寸又峡は、民有地で地区面積もそう大きくないので
優良の共同化型で対応できそうな気がする。
まずは町の要請を受けてTOMネット専門者会員が訪問し、
まちづくり勉強会から始めてはとアドバイス。


3月某日
佐渡の両津市の最終策定部会。
「神々の渡る島」をテーマとした報告書(案)は、
読む人(市民、国、県)にそのイメージがただちに伝わるように
筆文字ワープロを使用して作成。できれば巻紙にしたいくらいだ。
街の構造を変える二地区の再開発事業と歴史と文化をテーマとした
景観統一事業、そして、それらのハード事業に様々なソフト事業を
乗せたいという意図はかなり反映されていると思う。
市から出された民間事業のバックアップ事業も充分でまさに
官民一体となったまちづくりとなりそうだ。
翌日は、新潟空港から札幌へ行く予定だったが、遅い便しかなく、
新潟駅で東京へもどるメンバーを引き止めて、
昼間から駅構内の居酒屋でビール。これってアル中の始まりか。


3月某日
まだまだ雪の札幌から仙台へ。
古川市の再開発事業関係者の打合せ。
「きんき」を売り物にしている居酒屋に案内してもらう。
こんなにたくさんのきんきが並んでいるのを見たのは初めて。
仙台ではきんきのことを「○○」(忘れてしまった)というそうだ。
そこから一人で知らない居酒屋とホテルのバーをはしご。
記憶にないが翌日のホテルの請求書を見ると
マッサージを受けているらしい。しかし肩のこりはとれていない。


3月某日
西那須野町(よく登場します)のTMO構想策定最終委員会。
TMOには商工会がなるか、3セクかの議論。
いずれにしても企画調整型のTMOと事業ごとに設立される
3セクのまちづくり会社が必要。委員長(大学の先生)の
手際よいまとめにより無事終了。
新年度は事業の実施に向けて忙しそうだ。


3月某日
再開発コーディネーター協会の技術研究会は
「中心市街地活性化法を活用した再開発事業」。
新潟県新井市や宮城県古川市の再開発事業を事例として
特に経産省の支援策の使い勝手について
中小企業庁のご担当の方と共に解説。
終了後の打ち上げ(何かといえば打ち上げをします)は、
新橋で始まり深夜の広尾まで続いた。


3月某日
栃木県大田原市基本計画策定幹事会。
まちづくりのテーマを絞り込む作業が難航。
やはりテーマは「歴史」。
ハード事業、ソフト事業を貫くキーワードは城か与一か?
終了後、久々の親不孝通り。
大田原にもすでに3年来ている。
そろそろ実現の時が近づいているようだ。



次回へつづく・・・