part100

鬼の霍乱

その日、福岡県朝倉市へ向かおうと、羽田から福岡空港経由で博多駅へ。
目的のJR急行に乗るにはギリギリの時間。
ホームへの階段を駆けあがろうとするが、なぜか足がだるくてなかなか進まない。
ようやくホームへ上ったところで、全身の脱力感。
一瞬、朝倉行きを諦めようかと階段を下りかかるが、甘木商店街の皆さんが待っていてくれるので、
やっぱり行かねばと再び階段を上ったところで、文字通り目の前が真っ暗、全身の力が入らず、
ホームにしゃがみこんだ。
脳梗塞とかクモ膜下とかの言葉が浮かんできて、周りの人に救急車を呼んでもらおうと思ったところで視界が戻ってきた。

さすがに朝倉行きは断念し、タクシーで今夜宿泊予定の天神のホテルへ向かう。
こんな事は初めてなので、医者嫌いの私だが、念のためホテルのフロントで近くの病院を紹介してもらう。
診察の結果、血圧正常、脈拍正常、呼吸も正常で、「昼食を抜いたので、貧血をおこしたのでしょう。おいしいものでも食べて休めば大丈夫ですよ。」と年配の医師。
女子高生ならいざ知らず、私の体型を知っている方なら、「貧血?そんな馬鹿な・・・」と言うに違いなく、自分でも納得がいかないが、ベテラン医師を疑ってはいけないと思い直す。

それでは素直に何かうまいものをと考えたが、ゴマサバも博多ラーメンも食べる気がしないので
コンビニで稲荷寿司を買ってきて半分ほど食べる。
ビールも飲む気がしないのはいよいよおかしい。
ベッドに寝転んでテレビを見ていると、童顔の建築家から電話。
「代表、具合はどうですか?今屋台で飲んでるので出てきませんか。」と
すっかり出来上がった口調でのお誘い。
かなり心は動いたが、明日は新幹線とバスを乗り継いで徳島に入り、
重要な会議に出席しなければならないので止めておく。

少し寒気がするので風呂にでも入ろうかと思ったが、動くのが面倒なのでやめる。
(もしも風呂に入っていたら、おそらく重大な危機となったでしょう。)
我が体の中で、何か大変な事態が生じているような予感がして、緊急事態用にフロントの電話番号を記憶しておく。
秋田にいるイクゾー専務とメールで徳島入りの打ち合わせをしてから、早寝してしまおうとテレビを消すため立ち上がると、昼間のホームで感じた不快感のもっと強烈なものが襲ってきた。
これはやばいとベッドサイドの電話に手をかけたところで、意識がなくなった。
たぶん数分しか経過してないと思うが、意識が戻ると手に受話器を握ったままベッドの上につっぷしていた。すぐに、フロントに連絡、「具合が悪いので救急車を呼んでください。」と言ったところで、再び意識がなくなった。

断片的な記憶だが、フラフラとドアを開けに行ったところで倒れこみ、駆けつけてきたフロントのオジサンに床にころがっていた携帯をひろってもらい、朝倉から帰ってきて童顔の建築家と屋台で飲んでいたスタッフに連絡。
「これから救急車で病院に行くので、ホテルまで来てほしい。」と伝えると、
「またまた冗談ばかり・・・」と言われたところで救急車到着。
救急車の中で目を覚ますと「あと3分で到着!容態は出血性ショック状態の一歩手前!」
などと病院に連絡する声が聞こえる。
病院に到着すると、多数の医師や看護師に取り囲まれ、いろいろな管を全身につけられ「スパゲティ症候群」となる。
「お名前はなんですかぁ」「お歳はいくつですかぁ」と幼稚園児に話しかけるように、看護師さんが尋ねてくる。馬鹿にしているのではなく、意識が正常かどうか確かめているようだ。

「胃カメラを入れますからね。」と先生に言われ我に返る。
検査嫌いの私は、ここ五年ほど健康診断もしておらず、まして胃カメラなんぞを飲んだ事がない。
しかし、抵抗する事もできず、あれよあれよと言う間に、赤ん坊のおしゃぶりのようなものをくわえさせられ、胃カメラを飲みこまされていた。
モニターを見ると、胃壁から水鉄砲のように絶え間なく出血しているのが見えた。
「出血性胃潰瘍です。」と立派な病名をつけられた。
内視鏡の先につけられた小さな洗濯バサミのようなものであっという間に止血完了。
五十数年間、風邪と虫歯以外で病院に行った事がないし、普段、胃の存在を感じた事もない私が、なぜ胃潰瘍なんぞになったのだろうか。
担当医師は、「誰でも軽い潰瘍になったり、自然に治ったりしてますが、今回は、その浅い潰瘍がたまたま胃の血管の上に発生したので大量出血したのでしょう。」と説明してくれた。

決して酒の飲みすぎとかストレスが原因ではありません。
したがって、治療は止血だけだが、問題は貧血。
よくわからないが、血液中のヘモグロビンの値が正常な場合12〜13のところを、わが血液は6ぐらいで、ほぼ半分、少し立ち上がっただけで目の前が暗くなる。
本来、8以下になると輸血が必要らしいが、「輸血は危険が伴うので、鉄剤を飲みながら二ヶ月ぐらいかけて戻しましょうか。」と担当医師。

ということで、集中治療室二日、一般病棟五日と生まれて初めての入院。
二日間の絶食の後、重湯が二日間、三分粥、五分粥、七分粥と続いて七日目に退院できるらしい。
初めて固形物になった三分粥のおかずが何と苦手なカリフラワー。
体力をつけねばと、目をつぶって飲み込む。
ところが、翌日のおかずは、さらに苦手な大量のブロッコリーのおひたし。
ヘモグロビンが増えるのが遅くなるかもしれないが、これはさすがにパスした。
退院直後に福岡空港のレストランで食べた朝粥定食は、今まで食べたどんな豪華料理よりも旨かった。


札幌の自宅で3日間の静養後、すぐにお仕事が待っている。
連休前に松江、徳島と廻ってこなければならない。
松江では打ち合わせ終了後、久々の地元トムラーとの宴会。
担当医師は、「もう何を食べてもいいですよ。ただし、酒だけは一ヶ月ぐらいは控えた方がいいですよ。」と言っていた。
松江は魚の種類が多く、「日本三大宴会適地」(残りは福岡と徳島)に認定されている。(個人的に)
今夜もいろいろな刺身や焼き魚が並んでいるが、悲しい事に私はノンアルコールビール。
一時間ほどしたところで、イクゾー専務を始めとして他のメンバーも酔いが回ってきたようだが、
こちらは素面という状態に耐えきれずひとり寂しく早退。
全国のトムラーの中に極くわずかだが酒を飲めない人がいるが、皆宴会では楽しくウーロン茶で盛り上がっている。
改めて下戸会員を尊敬した。

翌日は、徳島の小料理屋で鯛と阿波尾鶏を肴にウーロン茶。
アルコール解禁日となる来週の沖縄までひたすら耐え続けるゴールデンウイークでした。

次回へ続く・・・


トップ