part101

上海万博

昨年の10周年シンポジウムでお世話になった堺屋太一さんにお誘いを受けて、上海に出かけた。
今回のメンバーは、北海の暴れん坊教授を団長に、札幌、仙台、東京、大阪から総勢11名。
オジサン、オバサンに混じって、教授の教え子4名が参加し、平均年齢を押し下げている(39.8歳)。

私は、羽田空港発着なので、恵比寿を7時半に出ると、
8時半過ぎには出獄じゃなかった出国手続きを終えて待合室に入れた。
まだ新しい国際線ターミナルができていないので、地味なターミナルでは時間を持て余す。
昨年の台湾訪問の時は、成田空港のJAL・VIPラウンジがすばらしく、
イクゾー専務と出発前からシャンパン宴会で盛り上がり、
台湾へ行くのをやめて、このままここで宴会をしていようかと本気で思ったほどだが、
羽田のラウンジは混みすぎて居心地が悪く、一般待合室へ向かう。
ここもほとんど満席だが、その中で一際目立つ、赤い服と黒いグラサン・・・
そう、ド派手なイベントプロデューサー、ハーレイとその奥方であった。
奥方は、上海の人で、前回のTOMネット上海ツアーの時も大変お世話になったが、
今回も「地元の人しか行かない安くておいしい中華レストラン」の手配をお願いしている。

一便早く飛び立ったハーレイ夫妻を見送り、羽田空港を飛び立ったのは、10時半。
フォアグラをつまみに大吟醸酒を飲んでいると(一度やってみたかった)、3時間で上海虹橋空港に到着。
列を成して客待ちをしているタクシーに乗り込み、ハーレイの奥方に書いてもらった「錦○文華大酒店、南京西路(○の字はこのワープロでは出てきません)」という紙を見せると、30分もかからないでJCマンダリンホテルに到着。タクシー代は日本円600円。
何という手軽さで来れるようになったのかと感動して、チェックイン。
同室の暴れん坊教授は、成田空港からなので、一時間遅れでチェックイン。

集合時間までまだ間があるので、とりあえずホテルの前の南京西路を散歩する事にする。
東京の表参道に匹敵するほどのブランドショップが立ち並び、
それに混じってユニクロの大型店も存在を主張している。
雨は降っていないが、蒸し暑く、15分も歩くとビールを飲みたくなる。
新橋辺りでは、もう焼き鳥屋が旨そうな煙をなびかせている頃だが、
この界隈はオシャレな地区で屋台も見えない。
妙に「スタバ」ばかりが目に付くが、ビールは置いてない。
ようやく青島ビールを置いているカフェを発見、店頭のオープンエアの席に陣取る。
「生ビール二つ、今すぐ、直ちにおくれ!!」という事までは、すぐに通じたが、
「何かつまみはないですか?」という教授の流暢な英語のような言葉は全く通じない。
「ポテトチップ」という言葉に大きくうなずく店のオネーサン。
持ってきたのはフレンチフライだった。
先に来て市内見学をしている教授の教え子たちを携帯で呼び出して、改めてビールで乾杯。
(教え子たちは皆成人です。)
ようやく上海ツアー第二弾の始まりだ。

18時。
マンダリンのロビーで待っていると、ハーレイ夫妻に続いて、
仙台のジュンチャン、イクゾー専務というシニアシングルズ(高齢独身者達)が登場。
彼らは独身貴族なので、代表理事を差し置いて、最高級の花園飯店(オークラホテル)に泊まっている。
最後に大阪からひとりでやってきた、喧嘩っ早いという噂の建築家が合流。
ハーレイの奥方の甥に案内していただいて地元の人で賑わっている中華レストランへ向かう。
結団式(明日は解散式)と自己紹介に続いてビール、紹興酒飲み放題、円卓料理食べ放題、
もうダメ状態で、一人2000円ちょっとらしい。
明日は、万博だし、明け方にはワールドカップ(デンマーク戦)もあると言う事で、今夜は、一軒で解散。
ホテルへ戻ったが、やや飲み足らず、教授とワインバーで一杯づつ・・・・さっきのレストランより高かった。
午前3時半、目が覚めたので、教授を起こし、テレビを入れるとサムライブルーの目の覚めるような攻撃。
これは飲まずに居られないと冷蔵庫のビールがなくなるまで飲んでいると、もう万博行きバスの出発時間。

良い気持ちで会場に到着。
小一時間並んで入場したが、雨。
それなのに、各パビリオンは長蛇の列。
ガイドのオジサンに教え子たちの案内を頼み、各自目的のパビリオンに向かう。
会場内を歩いて感じたのは、万博終了後、この会場を大団地に転用するだろうという事。
道路整備、上下水道整備、地下鉄の乗り入れ、公園整備等々どう考えても大阪万博の後の千里ニュータウンを目指していると思われるが、ジュンチャンはそんな事はないと言い張る。
日本へ帰ってきて偶然何かの本を読んだら、やはり日本のある方が大阪万博と千里ニュータウンをモデルに万博開催を中国に勧めたという記述を見つけた。
万博報告は、後日教授が論文にしてこのHPに掲載する事でしょう。

解散式は、昨日とは別のやはり安くて美味しくて立派なレストラン。
各自、感想を述べ合ったが、教え子たちの立派なコメントに驚いた。
教授が立派だと教え子も立派になるものだとつくづく思った。
(教授の大学関係者がこの日記を間違って読んだときのためのコメント)
コメントの中で皆が賛同したのは、
「上海の人たちの目が活き活きとしている、希望に燃えているように見える。」という事と、
「マナーが悪く、並んで乗り物に乗れない。」という事だ。
これは、両方とも50年前の日本人の姿だ。
押し合って汽車に乗り込み席を強引に取り合ったりするが、お母さんも子供たちも生命力に溢れ、
希望に満ちていたような気がする。
今の日本は、良く言うと成熟しているが、覇気が無いとも言える。
色々な事を考えさせられた上海だった。

翌日のフリータイム。
教授と教え子たちは朝早くから社会見学に出かけていった。
私は、昼近くまでだらだらと過ごし、ホテルのレストランでブランチ後、
日本から持ってきた万歩計を着けて南京西路、東路を踏破。
実に二万歩を一気に歩いた。(ゴルフの1ラウンド以上)
日の落ちる頃、通りがかりに見つけた古びたパブへ入り、
白人、中国人、日本人(私のことです)が入り混じった中で飲んだバドワイザー。
至福の時であった。

深夜、ハーレイ夫妻に案内された外灘(ワイタン)のナイトクラブ。
ずうっと雨模様の梅雨空だったのに、最後に雲が晴れ、月が出た。
対岸の絵葉書のような夜景を記憶に留めるのにデジカメは必要なかった。

帰りの虹橋空港VIPラウンジで堺屋さんを見かけたので、
今回の御礼を言おうと思ったら、トイレに入ったまま出てこなかった。
おかげさまで、良い視察会ができました。

次回へ続く・・・


トップ