part102

TOMネットには、創立以来の風習がある。
あらゆるイベントや会議の後に必ず行う、交流会もしくは情報交換会と称する打ち上げ飲み会である。
会員は、これを「飲むネット」と呼んで恐れて、もとい心待ちにしている。
時には、会議やシンポジウムには参加しないのに、「飲むネット」だけに参加する不埒なものも多数いる。
「飲むネット」は、ただの飲み会ではない。
情報交換が大事な目的である。
したがって、会が始まると、幹事長の掛け声で「一分スピーチ」と称する全員参加の「口上」が始まる。
「口上」のテーマは、何でも構わない。
日本の将来についてでも、飼っている亀が風邪をひいた話でも何でも良い。
TOMネット大阪会では、ピエ〜ル会長を始めとして、ほとんどタイガースの話に終始する。
イクゾー元専務は、「一分」と言っているのに10分以上も話を止めず、不死身の幹事長に羽交い絞めにされている。
創業以来のメンバーであるT工務店のエリート社員は、「口上」の前に「お口を清めます。」とビールの一気飲みをする。
時には、「二周目行きます!」と叫んで、再び語り始めるものもいる。
なぜこんな話を延々としているかというと、12年続いているこの我々の伝統儀式ともいえる風習が、なぜか遠い南の島の風習と酷似している事が判明したからである。


10月某日

羽田から那覇で乗り継いで、降り立ったところは宮古島。
耳にダイヤのピアスを光らせたTOMネット沖縄会の理事が準備をしてくれている「まちなか観光シンポジウム」の事前打合せである。
同行者は、出張先でホテルを取っているのに、酔っ払って近くの公園で寝てしまう「ホームレス兄さん」と上海で日中友好大宴会に日本代表で参加し、紹興酒一気飲み合戦で中国代表に30分で破れた経験を持つ「十勝の大酒豪」(北海道出身)、そして還暦も近いのにトライアスロンに情熱を燃やす「奈良の鉄人」である。
雨の中、市役所へ向かい街づくり担当の皆さんとシンポジウムの打合せ。
その後、市長さんにご挨拶。
以前、沖縄漁連の会長だった市長さんとは、TOMネットが「農商工連携によるまちづくり」をテーマに掲げて活動していた時にお目にかかっている。
スキューバダイビング等で本州からたくさんやってくる観光客は、海辺のリゾートホテルや旅館に泊まり、ホテル内のレストランやバーで飲食するか、コンビニで買ってきたもので食事を済ませてしまうので、中心市街地の商店街にはあまりやってこない。
疲弊した中心部に観光客を呼ぶにはどうしたらよいかを考えるシンポジウムとすることになった。
市長さんは、宮古の「お通り」という風習を観光客に広めたいと考えていた。
「お通り」とは、宮古島独特の酒の飲み方で、少人数の飲み会から数十人という大宴会まで、必ず行われる風習。
宴会になると、誰かが突然「お通りを回します。」と宣言し、口上を述べ(テーマは何でも良い)泡盛の水割りを一気飲みする。
次に隣の人が同様に口上を述べ一気飲み、そして隣の人が・・・といつまでも続く。
改めて、冒頭の文書を読んでみてください。
TOMネット一分スピーチとほとんど同じでしょう。
という事で、「お通り」をテーマとしたシンポジウム開催を決意した我々は、街の居酒屋を目指す。
まだ日が高いので、開いている店がなかなか見つからない。
ようやく見つけた店は、牛肉料理が得意らしい。
「宮古牛を一頭買いしたんですよう」という店長の言葉に「十勝の大酒豪」がただちに反応、ステーキ発注。
ピアス理事と鉄人は、宮古の泡盛利き酒セットを試している。
隣りで飲んでいる若者チームは、我々の期待を裏切り、いつまでたっても「お通り」を始めない。
日も暮れてきたので河岸を変えることにする。
前日入りして下見を済ませていた「ホームレス兄さん」が案内してくれた店は、ご夫婦と息子さんで切り盛りしているアットホームな居酒屋。
市長さんと「お通り」を観光客に広める話をしてきた事を話すと「それでは、まず皆さんが体験しなければ!」と常連のお客さんも巻き込んで、「お通り」開始。
大きなピッチャーにどぼどぼと泡盛を注ぎ込み、氷と水をいれてかき回す。
マスターが口上を述べ、一気飲み。
再びコップ一杯に満たされた泡盛が回ってきた「ホームレス兄さん」の口上は支離滅裂だが、茶々を入れてはならないというのが「お通り」のルールなので黙って聞く。
3周目で「今日は練習なので、この辺で終了。」と宣言。
年明けのシンポジウムの夜に本番の予定。
翌日、泊まったホテルの裏に廻ってみると、那覇にはなかった「青い海、白い砂浜。」
全国300人のトムラー、来年一月に、宮古島集合ですよ。


10月某日

以前からTOMネット沖縄会の勉強会に参加され、秋田県横手の視察会にも熱心に来ていた若い市会議員さんが、沖縄県豊見城市の市長に当選した。
那覇に隣接し、急速に人口も増え、村から市になった豊見城市だが、それゆえに街の顔が無い。
中心部に新しい街の顔を整備し、県内外からの交流人口も増やしていきたいと、強い決意の市長さん。
そんなご縁もあって、今年の沖縄県のフォーラムは、豊見城市で開催する事にした(11月25日です。)
熊本市を皮切りに、大阪、仙台、札幌と進めていく「地域活性化フォーラム」、今年のお題は「都市型観光」。
名所旧跡を団体で巡る観光パターンは、すでに昔の事となり、海外から来られる観光客も今や、ネットで調べて街中のレストランや居酒屋を訪ね、地元の人と交流するスタイルになっている。
しかし、中心市街地はそれらの人たちを受け入れるような体制になっていない。
ハード、ソフト両面から「都市型観光」に対応できるようにするには・・・。
地元の皆さんとTOMネットの専門者会員が一緒に考える有意義なフォーラムとなりますので、是非ご参加を。

次回へ続く・・・


トップ