part103

今年の1月は、吹雪の札幌から始まり、ポカポカの宮古島へと大縦断することになっている。
マイナス10℃の世界からプラス20℃の世界へ、実に温度差30度。
そういえば、その途中に、大雪の松江と、正月らしく鯛がおいしい徳島にも寄る事になっている。
温度差30度をひとりで体験するのはもったいないので、「北海の暴れん坊教授」を強引に連れていく。
「まちなか観光シンポジウムin宮古島」の基調講演をしてもらうのだが、地元の皆さんとの打ち上げで、「お通り」(前回の旅日記参照)の洗礼を受けた教授が、そのキャッチフレーズ通りにどのようなご乱行に及んだかは、次回の旅日記で報告します。

さて、TOMネット設立から12年、ひたすら「地域コミュニティの再生」支援を実践してきたつもりだが、世の中では、街なかの「ハレの場」や「井戸端会議」が死語になりつつあるようで、地域の人たちも、他所から訪ねて来た人たちも交流の場がなくなり、年寄りから子供まで殺伐とした灰色の世界で俯くようになってしまったように感じるのは気のせいだろうか。
「今なら、まだ間に合う!」という天の声が、お屠蘇(八海山原酒「越後で候」これは旨い)で気分が高揚している時に、確かに聞こえた。
今年のTOMネットの活動テーマは、コミュニティなどというコジャレた言葉はやめて、「地域の絆の再生」としよう。(あまり変わらないか)
「マチ」は、日用品を買う場としての機能はなかなか戻らないが、「よそいき」(これも死語?)を着て、芝居やコンサートに行ったり、お茶を飲んだり食事をしたりする「ハレの場」としての役割がますます重要になる。
TOMネット海外まちづくり組織調査団で勉強してきた、レッドバンク、サンタモニカ、フライブルグ等々、居心地のよい街並みと地元の人も他所から来た人も楽しめるイベント、そしてTOMが設立以来提唱している「パブリックハウス」(ヨーロッパのパブやバルのような地域の人のたまり場、井戸端会議の場所)を整備することで「地域の絆」は必ず再生できる。

まずは、宮古島から始めましょう。



次回へ続く・・・


トップ