part104

1月某日

全国から那覇経由で宮古島にやってきたTOMネットメンバーたちは、黙々と会場設営をしている。
今日は、「まちなか観光シンポジウムin宮古島」。
前日のTOMネット沖縄会の新年会で、泡盛を飲み過ぎて、やや疲れ気味のようだが、現場監督の「十勝の大酒豪」の指示で可動式間仕切りをセットしているピアス理事とホームレス兄さん。
パソコンとプロジェクターのセッティングは、シンポジウムの基調講演を行う北海の暴れん坊教授。
那覇の国際通りで休日にボランティアで活動している「ベロタクシードライバー」や「奈良の鉄人」も忙しそうに働いている。やはり大衆演劇一座のようだ。
のんびりブラブラしているのは、神戸からやってきたピエ〜ル先生と私。

準備が整い、いよいよ開幕。
市長さんのご挨拶に続いて、北海道江差町の事例を中心に、「まちづくりには、変な人が必要です。」と変な教授が熱く講演。
さらに、リレートークでは、台湾夜市を宮古島の商店街に展開する再開発手法を提案。
都倉俊一に似ている地元JCの直前理事長(以下JCとくら)や某大手旅行代理店の社長さんにも発言してもらう。
締めくくりは、ジーンズのポケットに手を突っこんだまま会場からコメントした若づくりのピエ〜ル先生。

打ち上げは、ホテルの宴会場で正しいお通り体験。
昨年末に来た時は居酒屋で練習しただけなので、本番のお通りでどの位飲まされるのか、暴れん坊教授やピエ〜ル先生が爆発し、梨園のプリンスのように、ご乱行の上、大学を永久追放されるような事はないのか、ホームレス兄さんは、今夜も公園で寝てしまうのか等々、全員戦々恐々として宴会に臨む。
皆それぞれ準備は怠りなく、宴会前に粒状秋ウコンを服用し、就寝前に服用する(意識があれば)液状ウコンもポケットに忍ばせている。
ホテルが用意してくれた料理は、エビフライ、鳥唐揚げ、ステーキと胃に膜を作る油ものが中心。
いつもは、酒がまずくなると、揚げ物は敬遠し刺身なんぞを少量つつきながら、グビグビ泡盛を飲み尽くしていくトムラーたちも、今日は争って唐揚げを平らげていく。

準備万端、もうお腹いっぱいという頃、JCとくらがおもむろに「お通りまわします!」と高らかに宣言、格調高い(ような気がする)口上が述べられ、大きなピッチャーに用意されている泡盛を自らなみなみと泡盛専用グラスに注ぎ、一気に飲み干す。
次に再びグラスに注がれた泡盛を、隣で構えているピエ〜ル先生に手渡す。
先生が口上を述べようとした時に、JCとくらからダメ出し。
親(この場合はJCとくら)以外は、しゃべってはいけないらしい。(しゃべるともう一杯飲まされる)
ピエ〜ル先生の次はアゴヒゲの商業コンサル、次は奈良の鉄人、そして十勝の大酒豪とドンドン一気飲み。
居酒屋のリハーサルでは、ひとりづつ飲む前に毎回口上を述べると聞いた(ような気がする)ので、時間がかかり、一晩に回ってくる泡盛の回数は大したことないだろうと思っていたが、無言で次々と飲んでいくとすごいペースになる。

そこに、今回のシンポジウムでものすごくお世話になった元気印の市役所のご担当が乱入、もとい、お見えになった。
自ら親になり、立派な口上と共に、泡盛二杯を飲み干してから、二順目のお通りをまわし始める。
「いつになったらお開きになるの?」と誰もが思っている質問を、ホームレス兄さんがすると、「みんな飲みつぶれて、残ったのが2〜3人になった時だよ。」と元気印のご担当。
こうなったら、暴れん坊教授か奈良の鉄人がテーブルをひっくり返すのも時間の問題と皆が腹をくくって数順した時、元気印のご担当が「私、これから次の宴会がありますので、これで失礼します。」
思いっきり肩すかしをされて、お通り終了。(実は、ほっとした。)

しかし、構え過ぎて飲み足りないトムラーは、リハーサルで行った居酒屋へ移動。
JCとくらも一緒なので、これからお通り第二弾か・・・と身構えると、「今夜は、子供が待っているので、これで失礼。」とJCとくら。

今回のお通り体験を総括すると
【1】お通りを恐れるあまり、ウコンの摂取、唐揚げ大量食い等準備が周到すぎた。

【2】いつも那覇の居酒屋では、40度以上の泡盛を一升瓶でキープし、濃い水割りで飲んでいるが、今回の泡盛は20度で、それを1/3に薄めているのであまり効かなかった。

【3】やはり、悪酔いを恐れるあまり、お通りグラス(図参照、上のラインからやまかさ、なから、いぴっちゃという順に注がれる泡盛の量が少なくなる)の「なから」で飲んでいた。

ということで、お通りの本当の怖さに触れずにすんだTOMネット一座であった。
シンポジウムアンケートで、まちづくり相談会の希望をたくさんいただいたので、春になったらまた来ます。

その時も、お手柔らかに。

次回へ続く・・・


トップ