part106

5月某日

平成16年に北海道のずっと北の地区、当時の風連町(人口5000人)から相談があり、人口26000人の名寄市と合併する事が決まり、長い間培われてきた地域のコミュニティが無くなってしまいそうなので、何か良い方法が無いかとの事。
早速、TOM東京会、北海道会のメンバーに動員をかけ、ギリー理事以下9名が手弁当で風連に集合。
農協を核として中心市街地全体で、低容積の街並み形成型の再開発事業を実行する事で「地域の絆」を残せると提案した。
しかし、地域の皆さんは、人口5000人の田舎(失礼)で六本木ヒルズと同じ手法の市街地再開発事業なんか出来るはずが無いと眉にたっぷりと唾をつけておられたが、リーダーの商工会長さんが、再開発について集中的に勉強し、「TOMネットの言っていることは嘘じゃない!」と地域住民を説得、町長さん(風連町最後の町長)、農協の組合長さんの決断で事業が始まり、先日できあがった。




今年のTOMネットの活動テーマは、「地域の絆」再生としており、その第一弾として、北海道庁の支援を受けて「地域の絆再生研修会(5回シリーズ)」を開催する。
その第一講座を、「風連の地域の絆が残った!」と題して、当時の商工会長さん、町長さん、農協組合長さんに語ってもらう事にした。
その事前打合せに、「十勝の大酒豪」、イクゾー元専務とともに風連を訪問。
元町長さんと元商工会長さんとは、懐かしく昔話をさせていただいたが、元組合長さんは畑仕事で来られないとの事。
せっかく飛行機、レンタカーを乗り継いではるばるやってきたので、平成16年以来、ずっとお付き合いいただいている「人柄の良い商工会事務局長」に先導してもらい、元組合長の自宅へ向かった。
しかし残念ながら留守のよう。
すると、事務局長の車が畑の方をめがけて走り出した。
「十勝の大酒豪」の運転で必死についていくと、畑の向こうにトラクターが見える。
やはり作業中の元組合長さんだ。
研修会の趣旨を説明し、札幌での研修会に出てきていただく事を了承してもらった。
しかし、ネクタイをしたオジサンたちが、畑の真ん中で延々と立ち話をしている姿は異様だったでしょうね。



5月某日

毎年、5月は阪神タイガースの「死のロード」に匹敵する全国縦断大移動の月だ。
TOMネットの全国の支部で「予備総会」があり、その合間にTOMネットが支援しているまちづくり組織の総会もある。
札幌→東京→大牟田→福岡→宮古島→那覇→豊見城→秋田→長岡→徳島→東京→札幌→大阪→福岡→東京→那覇→徳島→松江→東京→札幌。
ほぼ20日間でこの行程。
当然、すべて宴会、時には二次会付き。
改めて思い出しただけで疲れてきたので、今回はこれまで。

次回へ続く・・・


トップ