part108

12月某日

早いもので今年もあとわずか。
いろいろな事があった一年でしたね。
何と言っても震災。
その時、私は沖縄に居て、東京事務所のスタッフの安否確認の電話がつながらず、全員にメールを送付。
数時間後、続々と「無事です」メール。
最後は栃木で一夜を明かしたM研究員からのメールで一安心。
翌日は、東京本部から東北会員、東北のお付き合いのある市町村、商工会等にメールで状況を問い合わせ。
幸い会員は皆無事。
東北のために何かできる事はないかと考えたが、恥ずかしながら思考停止のまま時は過ぎた。
もちろん、全国の会員は、大阪会のピエ〜ル会長はじめ多数ボランティアとして東北へ行っている。
モーグル元事務局員も何度も東北へ行っているらしい。
今月7日、東北会のメンバーと東京会のド派手な(最近は地味になってきた)イベントプロデューサーが企画した「震災復興フォーラム」を開催。
前日に石巻、松島を訪問、役場のご担当に「TOMネットで何かお手伝いする事はないでしょうか。」と尋ねるが、まだ、復興以前の対応に追われているので、もう少したってからお願いしたいとの事。
フォーラムでは、東北会の会員、東京会の会員に加えて東北の学識経験者にも提言をいただき、参加された行政の方々も真剣に聞き入っていた。
来年には、具体的なお手伝いをしたいものだ。
本来の街づくり支援活動では、秋田県横手市、北海道名寄市の「地域の絆」再生型の市街地再開発事業がそれぞれ6年以上かけて無事に完了(前回、前々回の旅日記参照)、関係の皆さんと喜びと酒を分かち合う事ができた。
また、新潟県長岡市、島根県松江市、徳島県徳島市の市街地再開発事業の都市計画決定手続きが始まり、TOMネットの初動期支援活動を終えることができた。
さらに、沖縄県那覇市や福岡県大牟田市も事業化に向けて山場を迎えている。
新たな支援要請も次々とあるので、今年は飛行機に200回以上乗ったが、来年はさらに増えそう。
ところで、今年の海外視察研修は、シンガポールだった。
シンガポールは、国を挙げて観光産業の振興に力を入れているが、今回の視察のハイライトは、シンガポール初のカジノリゾートである「マリーナベイサンズ」。
SMAPが超高層ビルの屋上にある巨大プールに登場するソフトバンクのCMで有名になったところ。
数年前にマカオ視察で話を伺ったラスベガスのサンズ社が開発した巨大リゾートを視察、体験しようというもの。
勉強熱心なイクゾー専務、ビタCジュンちゃん、私の三人は、事前に再度マカオカジノを視察、体験してからマカオ経由でシンガポール入りしている。
団長の「北海の暴れん坊教授」は急用でとんぼ返りしたが、北海道、東北、東京、大阪の会員が多数参加してくれた。
肝心のカジノ体験は、中国、インドの大金持ちが占拠しており、チマチマと小銭を張ろうと試みるトムラーは、早々に空しく退散。
サンズ社では、今後韓国か日本へ進出する計画を我々に打ち明けてくれた。
日本であれば、沖縄かお台場か・・・
いずれにしても観光街づくりに大きな影響があるので今後とも注目。
さて、暮れも押し詰まった今月26日、TOMネット東京会の面々が、渋谷のパンダ(中華レストランです)に集合。
今年の締めの勉強会です。
何と格調高く、真摯で生真面目、高潔、崇高なNPOでしょうか・・・。
一時間のお勉強の後は、TOMネット創立メンバーのひとりである「フクちゃん」進行による大意見交換会(早い話が忘年会)。
店の紹興酒が底をつくのが心配でした。

今年もお世話になりました。
来年は、必ず良い年になります。





次回へ続く・・・


トップ