part109

1月某日支出

吹田市との打ち合わせを終え、翌日松江の再開発準備組合の臨時総会があるので新幹線で岡山まで入っておくことにした。
岡山には、以前那覇の準備組合の視察会で来たことがあるが、泊まらずに京都まで行ってしまったので、ほとんど土地勘がない。
さて、今夜はどの店で一杯やるとするか。
駅前のホテルに荷物を置いて、繁華街らしい方角へ歩きだす。
いつも飲み歩く東京恵比寿のようにコジャレた店が少なく、年季の入った個性的な構えの店がポツポツとあり、好ましい。
小雪のような女将がおでんを炊いているような小料理屋はないかと、のれんの隙間から覗いて歩くこと30分、いい加減疲れてきたので、薄暗いけれど居心地の良さそうなカウンターだけの店に腰をおちつける。
席の数はわずかに8席。
先客は、30代〜40代の女性が4人と、仕事に疲れようやく酒にありつけたという感じのオジサンが二人、いやオレもいれて三人。
残念ながら、小雪の代わりにDA PUMPのISSAが50歳になるとこうなるだろうというイケメンの大将が魚を捌いており、妙に人懐っこいオネーサンがとてもお通しとは思えないほど立派なウチワ海老と、墨字で「本日の料理」と書いてある目に云うを置いていく。
そこに載っていたのは、「フグの白子の○○煮」「のどぐろの△△焼き」「○○牛の××ステーキ」等々私の苦手な高額こねくり料理ではないか。
しかも値段は一切書いていない。
とりあえずビールでも飲みながら今後の対策を検討しようと「お飲み物」の欄を見ると、ビール、日本酒、焼酎、ワイン、以上としか書いていない。
よく見ると、メニューの最後の方に小さい字で「当店では料金の表示をしておりません。お気軽にご相談ください。」との表示。
何という店に入ってしまったのか。
それでは、散々飲み食いした後で「私、500円しか持っておりません。」と相談したら許してくれるとでもいうのか。
開き直りの得意な私は、腹を括った。
いくらぼられても、持ち金の範囲で足りるだろう。
「ビールとシマアジの造り、それから子持ち鰊の燻製。」腹を括った割には、傷の浅そうなものを注文している。
まず出てきたシマアジは歯ごたえのしっかりした鮮度のいいもの。
次に、大将が時間をかけて炙っていた鰊は、身の締まりといい数の子のいぶし具合といい正に絶品。
これでは日本酒を飲まぬわけにいかんと、甘口の地酒を所望。
大将はオネーサンに言いつけて、客席の奥の物置から一升瓶を三本持ってこさせる。
杯にそれぞれ注いで味見した上で選べと言う。
値段はわからないが、しっかりした甘口の一本を選ぶと、「その酒は杜氏が一人で造っているので少ししかできないのですよ。」と大将。
勘定の相談をした時に、あの銘酒を飲んだではないかと言うための伏線だろうか。
ほろ酔いで気が大きくなってきたので、「○○地鶏(名前は忘れた)の×× 焼き」を追加注文、時間をかけて丁寧に焼き上げられた地鶏の旨さに、思わず「お酒、おかわり!」。
締めに「フグ白子の雑炊」も旨そうだなと思ったところで、理性が戻ってきた。
料理も酒も申し分ないが、なにせ勘定を相談しなければならないので、今夜は、様子見としよう。
メニューの最後に書かれている店名と電話番号をメモ。
恐る恐る「お勘定してください。」と告げる。
オネーサンが持ってきた小さな勘定書を見ると、何と4,700円。
なぜこんなに安いのかと考え込んでいると、「お客さんは、どなたのご紹介でしょうか?」とオネーサン。
「いや、通りがかっただけだけど。」と私。
こんなに旨くてリーズナブルな店には、必ずまた来ようと店を出る。
数歩、歩き始めるとISSA大将が、店の外まで見送りに出てきて、深々と頭を下げている。
そこで気がついた。
常連ばかりの店に、見知らぬ客が一人で入ってきて、難しい顔をして料理を食べ、何かメモしている。
これはタイヤ関連とまでは言わないが、グルメ雑誌の取材かエッセイストと勘違いし、特別な勘定にしてくれたのではないか。
近々もう一度来て確かめることとしよう。
ホテルに戻り、バーで寝酒のグラス赤ワイン一杯とチーズを少々頼み、チェックすると7,000円。
割りきれない思いではじめての岡山の夜は更けていった。

2月某日
今度は、松江から大阪に向かう途中、その店に寄るためにわざわざ岡山に一泊。
今夜はイクゾー専務も一緒。
さんざん前宣伝し期待も大きく膨らんだ二人がその店にたどり着くと、八つの席はすでに一杯だった。
今度は、予約して行くことにしよう。




次回へ続く・・・


トップ