3月某日

3年間に渡って続けてきたTOMネット東京会「TMO支援ゼミナール」
の最終回。会員と市町村を対象として中心市街地活性化法の研究、
事例、応用等について専門者会員を中心とした様々な講師に
お願いして勉強してきたが、一応本日で完結。
最終回の講師は、貴重な女性専門者会員の三浦さん。
まちづくりにおける「テナントミックス」等についてアカデミック且つ
ハイレベルに解説してもらった。終了後の意見交換会は、
一番迷惑を掛けた小石川の「一心」。
今夜も貸しきり状態で4時間飲み放題(多分、TOMネットだけ特別です)。


3月某日
まだ吹雪の札幌へ。「第二回北海道活性化フォーラム」は
北海道立のコミュニティ施設「かでる2・7」。
このネーミングは北海道の方言である「かでる(遊び等の仲間に入れる)」
からきているらしい。札幌にはほかにも
「つどーむ(集うとドームを掛けたもの)とか極め付きでは
「きたえーる(鍛えるをもじった体育施設)」がある。
こんなダジャレのような名前の公共施設は正しいのか首をかしげてしまうのは
私だけだろうか(名前をつけた人、選んだ人、ごめんなさい)。
実は、これは北海道に限らず全国どこでもあるようだ。
大阪は「まいどーむ(当然毎度とドームのダジャレでしょう)」
だが、なぜか大阪だけは許せそうな気がする。
フォーラムは年度末のせいか、参加者が少なく、
ややさびしいままに無事終了。
講師の北大の先生には申し訳ないことをした。


3月某日
知っている人は知っていると思うが(あたり前です)
TOMネットの事務局長はまだ20代(末期)の女性だ。
本日、春分の日は、彼女の結婚披露宴である。
来賓祝辞係りの私は、本人の希望で、ある事無い事誉めまくって、
彼女の感涙に咽ぶ姿を見る予定であったが、
つい口がすべり彼女の気の強さを強調し、壇上から睨まれてしまった。
お祝いに駆けつけた役員、会員に加えて、
全国の会員からのたくさんの祝電もあり、
さらには例のど派手のイベントプロデューサーの
手配した大道芸人が「だんごのジャグリング」を披露し、
会場はTOMネット色に染まってしまった。
新郎には申し訳ないことをした。
・・・ちなみに結婚しても事務局長は不滅です。


3月某日
栃木県大田原市基本計画策定委員会。
ラストスパートで一気に活性化事業の概要が決まり、
それらを貫くまちづくりのテーマは「金燈篭が照らすまち」。
気が遠くなるほど永い間、大田原の人と自然と歴史を照らしてきた
「金燈篭」を文字通りシンボルとして歴史と文化の融合した
中心市街地の再生が今始まろうとしている。
委員会終了後、商工会議所にてTMOの広域連携について議論。


3月某日
秋田から懐かしいお客様が上京。
不死身の幹事長も誘って恵比寿で意見交換会。
アイリッシュパブに始まり、居酒屋、和風バー、近くの
いつも行くバーとはしごして、最後はラーメンやで餃子で乾杯。
TOMネットも酒に強いが秋田の人ももっと強い。


3月某日
仙台で「TMO支援ゼミナール」最終回。
今日のテーマはCG(コンピューターグラフィックス)。
CGを専門とする会員2名によるデモを含めた講義。
10年くらい前、屋内テーマパークの開発に携わった事があり、
デイズニーランドやユニバーサルスタジオのアトラクションの
開発をしたアメリカのデザイン事務所2社にプレゼンテーションを
お願いしたところ両社ともCGを駆使した見事なプレゼンだった。
日本でも同じようなプレゼンを作った会社があったが、
アメリカに比べてひどく低レベルで、それでも3000万円以上かかったようだ。
それが、今では、100万円台からもっとすばらしい作品ができるようになっていた。
TOMネットでお手伝いしている計画書にもCGを活用して、
市民合意のツールを作るべきだと思ったが、補助対象になるのだろうか。


3月某日
栃木県西那須野町「TMO構想」報告会。
商工会の事務局長(某大手銀行出身の超活動的な人)が
いつもこの「旅日記」をチェックしているようで、
つい西那須野の事を書く事が多くなるが(あまり悪口は書けない)、
今日が中身の濃かったTMO構想を町長以下、
役場の偉い人たちに説明する日。
「TMO構想」は商工会が中心となってまとめた活性化の
事業計画であり、その実現には、行政との連携が重要。
民間が先頭に立ってリスクを背負いながら事業を進めるので、
町として、公共施設の一体整備、国、県への補助要望等を
速やかに対応いただけるように地元に替わってお願いする。
TMOの広域連携等について、町長の歯切れの良い(栃木弁ですが)
回答は気持ちがいい。


3月某日
実に14回目の佐渡訪問。「中心市街地活性化基本計画」報告会。
最終回なのでTOMネット東京会の有志も
6名参加(中には釣り竿を持ってきた人も)。
「神々の渡る島」をキーワードに「参道商店街」「千人炉端」
「北一輝会館」「町屋かふぇ」「ふれあい案内人」等々たくさんの
活性化事業を説明。いよいよ新年度は、佐渡で始めての
市街地再開発事業の基本計画とTMO構想の策定が始まる。
打ち上げは、温泉旅館でのカラオケ付き大宴会に始まり、
街へ出ての二次会、再び旅館に戻っての大マージャン大会と
明け方まで続いた。きっとほとんど寝ないで釣りに行った
会員もいることだろう。帰りのジェットホイールも平穏で、
24回乗ったフェリー、ジェットホイルで欠航は一度も無かった。
(市の方の話ではとても珍しいことのようだ。)



次回へつづく・・・