part110Part107

10月某日

徳島、松江とウオーターフロントのプロジェクトが佳境に入ってきた事もあり、スケジュールを無理やりこじ開けて、水の都ベニス(ベネチア)に行ってきた。
TOMネットの海外街づくり組織調査団でいろいろな街に行ったが、イタリアは初めて、いや5〜6年前にニース市役所を訪問したときに、車で国境を超えて、何という町か忘れたが、イタリアの町に30分程滞在したことがあっただけ。

成田から少しだけパリに寄り、三度目のモナリザ対面を果たし、今ブームのフェルメール作品を眺めノートルダム寺院でパイプオルガンを聞きながら御灯明を上げ、行きつけのフレンチレストラン(実はまだ二度目の日本人シェフレストラン)でのディナーを堪能してから、いよいよベネチアマルコポーロ空港に乗り込む。
空港からは、水上バスで今夜から宿泊するホテルのあるサンマルコ広場を目指す。
チェックインした某ホテルは、旅立つ前に熟慮を重ねて決めた四ツ星ホテル。
水上バスの船着き場の目の前で、サンマルコ広場へも徒歩五分という好立地。
歴史を感じさせる石造りで、四階建ての低層建物、部屋数も30室程度とこじんまりしたヨーロピアンタイプ。
「ウオーターフロントの眺めの良い部屋にしてね。」と拙い英語でお願いしてみるが、「あいにく、本日は満室でございまして、少し眺めは良くないのですが、居心地の良い部屋をご用意しておりますよ。」と慇懃無礼なフロントマンが、強いイタリア訛りの英語で言ったような気がする。
ボーイに案内された部屋は、シンデレラが、不遇の時を過ごしたところのような、薄暗い部屋。
唯一の窓は、隣の建物とわずかに数十センチ。
さすがに温厚な私も怒りましたね。
「これはないだろう、もっといい部屋に即刻代えろ!!」(と言ったつもり、以下省略します。)
「私に言われても・・・今フロントを呼び出しますから。」と受話器を差し出すボーイ。
「オメエ、この部屋はないだろう!こんな薄汚い部屋に泊まれと言うのか!!」
「お客様、そう言われましても・・・(以下ヒアリング不能)明日は必ず良いお部屋に代えますから。」とフロントマン。
そして翌日、フロントに行くと、フロントマンに代わってコンシェルジュが、お話ししたいとのこと。
「お客様、昨夜は大変失礼いたしました。お詫びの印に、当ホテルで最も眺望の良いジャグジー風呂付きのスイートルームを提供します。しかも、お客様専用の高速船を仕立ててベネチアングラスで有名なムラノ島観光も用意いたします。ただし、追加料金として、150ユーロだけご負担いただけないでしょうか。」
150ユーロといえば、15000円、それで、伝統あるホテルのスイートに泊まれ、さらに専用高速船で島巡りまでできるというのか?
「本当に150ユーロ?ワンハンドレッドフィフティ?」と三回尋ねたが、イタリア訛りのコンシェルジュは、はっきりしない。(こちらのヒアリングの問題でしょう)
まあ桁違いで1500ユーロでも何とか支払えるだろうと腹を括り承諾。
チェックインまで時間があるというので、さっそくムラノ島観光に向かうことにする。
コンシェルジュに見送られ、案内人に導かれて運河に着くと、そこには、車でいうとリムジンクラスの超豪華モーターボートが係留されており、大男の船長がにこやかに迎えてくれる。
広々としたキャビンにふんぞり返ると、ボートはものすごいスピードで走り出した。
ふと、嫌な想像がわき上がった。
いくらなんでも、たった150ユーロで、こんなサービスがあるのだろうか?
昨夜、あんなに罵詈雑言を吐いたジャパニーズを無人島に連れ込んで、目にものを見せてやろうとプライドの高いコンシェルジュが仕組んだのでは・・・。
そういえば、イタリアと言えばマフィア、「ゴッドファーザー」で凄惨なリンチの場面があったなあと怯え始めていると、そんなことは全くなく、無事ムラノ島のベネチアングラスファクトリーに到着。
カラフルなガラス製品の手作り工程を見学し、広大な直売所を金髪のオネーサンに案内される。
勧められるベネチアングラス製品は、さりげなく値札を見ると、皆数十万〜数百万。
どうもホテルの最高級スイートに泊まるカモとの連絡が入っているらしく、延々と売り込みを続けられるが、元よりそんなものを買う財力はない。
ようやく、見かけ倒しの客だと感づいたオネーサンに、再び埠頭に案内され、今度は手のひらを返したように、ぎゅうぎゅう詰めの乗り合いボートでサンマルコ広場まで送られる。
チェックインしたスイートルームは、まあそれほどのものではなく、(昨夜の部屋に比べれば天国と地獄ですが)150ユーロの追加料金通り。
リムジンボートもベネチアングラスのセールス用だったのだろう。

それにつけても、ベニスは、良い街で、治安、景観、歴史、食べ物すべて満たされている。
市街地は、車はもちろん自転車も走れない。
水上バスでの移動か、陸上はすべて徒歩。
日本でよくある歩行者天国とは、スケールが違う。
路地から路地へ石畳をブラブラと歩き続ける。
疲れたらカフェかバールでビールかワイン。
ポケットに入れている万歩計によると、その日一日で実に36000歩歩いた。
晩飯は、噂に聞いていたシーフードレストランで名物のクモガニのサラダとロブスターという黄金の甲殻セット&大量のスパークリングワイン。

こんな夢のような体験を直ちに街づくりに活かすべく、成田に早朝6時に着くとすぐに羽田に移動し、徳島行きの飛行機に飛び乗ることになっている。
空港の税関を通過し、荷物を宅急便で自宅に送ると、成田エクスプレスの切符売り場を探す。
ところが、不思議な事に空港内は、全く馴染みのない雰囲気になっている。
つい半年前にも、ここから成田エクスプレスで品川に行ったばかりなのに、大改装でもしたのだろうか。
近くの誘導サインを見ると、モノレール乗り場と出ている。
いつのまに成田空港にモノレールが乗り入れたのか?
強烈な時差ボケで、夢うつつなのかと、大きく深呼吸をしてみる。
そこでハタと気がついた。
もしや、ここは羽田では・・・。
飛行機の手配はすべて自分でやり、成田から飛び立ったのに、到着便は羽田だったなんて、そして到着後も気づかなかったなんてことがあるんですね。
まあ、徳島へ行くのはとても楽だったので良しとしよう。



次回へ続く・・・


トップ