part111
t107


2015年12月某日

「街のツカイカタ」は、近年増えてきたいわゆる不動産屋さんのサイトとは違い、30年以上にわたって街づくりを手掛けてきた都市計画や商業計画の専門スタッフが、数ある不動産物件の中から、価値あるものを見つけ出し、自ら写真を撮り、紹介文書を書き、仲間で議論したものをアップする「不動産のセレクトショップ」です。

私たちの目指すのは、文字通り「街のツカイカタ」の提案。

私たちは、これまで、老朽化した街を活性化させる有効な手法として「市街地再開発事業」を全国の市町村に提案し、たくさんの街の中心市街地で、多くの人が住むようになったり、新しい集客施設(シネコン、フィットネスクラブ、高齢者施設、スーパー等)を誘致する事に成功してきましたが、事業区域から離れた周辺の商店街等の地盤沈下は止まっていません。

私たちは、核となるまちづくり事業に加えて、地道な手法で、中心市街地全体の魅力を再生し、地域住民に発信していく事が重要と気づきこのサイトを始めました。

具体的には、サイト掲載の賃貸・売買物件の仲介料を財源として、中心市街地にある魅力ある住宅、商店、オフィス等を独自の観点で紹介する事業に加えて、商店街の空きビル活用、使われていない公共移設の活用、価値ある古い建物の改修、保存、活用等を提案していきます。

今までの不動産業界とは異なる、街づくりの専門家による新たな不動産事業にご期待ください。

長年、「まちづくりNPO TOMネット」のHPに連載し、現在休刊中の「まちづくり旅日記」を「街のツカイカタ」のオープンを記念して再開し、TOMネットHPと同時掲載する事にしました。暇なときに眺めて頂ければ幸いです。

 

某月某日

「街のツカイカタ」をオープンした。

「街のツカイカタ」を発信するには、自ら街の多彩なツカイカタをマスターしなければと、TOMネット北海道会会長をお願いしている「シロヒゲ教授」(以前は北海の暴れん坊教授と言われていた)と札幌の夕暮れの街に繰り出す。

札幌は、すでに冬の入り口に差し掛かっており、まずは燃料補給をと、以前から目を付けていた感じの良い居酒屋の引き戸を開けるが、「5時半開店です。」と締め出されてしまう。今はまだ5時になったばかり。なかなか街ツカイを始められない。

それでは、時間つぶしに街を見ながら今後の日本の街づくりに思いを馳せようと狸小路に向かう。

一時狸小路は、大型商業ビルや地下街に押され、このまま衰退していくと思われていたが、ここのところ外国からの団体観光客が押し寄せるようになった事もあり息を吹き返しているようだ。

教授と連れ立ってブラブラ歩いてみると、計画的にテナントミックスされたチェーン店が連なる地下街や商業ビルとは違い、雑然とした街並み、業種構成が妙に面白い。いつの間にできたのか、外国人専用と思われる土産物店に列をなす中国人。これが「爆買い」なのかとシロヒゲ教授と顔を見合わせる。

「爆買い」と言うと、小馬鹿にしたようなニュアンスがあるが、30年位前までの日本人も、旗を持った添乗員に引率され、団体でパリのブティックのブランド品を買い漁り顰蹙を買ったり、帰りの空港の免税店では必ずと言っていいほど、スコッチ、香水、煙草を両手いっぱいに買っていた。

現在は、「モノ」は満たされ、「食事」や「体験」にお金を使う日本人が増えたようだ。

まだまだ日本製品に対する消費欲が旺盛な外国人は、活き活きとしてうらやましい様な気がするし、日本の経済にとってもありがたい事だ。素直に感謝したい・・ウンヌンカンヌンと話しているうちに完全に日が暮れた。


社会科の勉強はこの位にして、燃料補給店の方針を替え、教授が贔屓にしているという「串揚げ」の店へ。

「串揚げ」といえば、大阪へ行ったときに案内してもらう「ソース二度漬け禁止」の大衆店を想像していたが、この店は、「本格串揚げ」。何が本格かと言えばその揚げ方、こんなにカラッと揚げられた串揚げは、関西でも食べたことがない。

串揚げをつまみに、ビールをグビグビ、その後に、二合徳利を5〜6本並べたところで、次の街ツカイ体験はススキノ。

20年以上前に教授とよく通ったバーのマスターは、すっかり年をとってしまい、「もう引退だあ」と口走りながらも絶妙のシングルモルト水割りを作ってくれる。

「街ツカイ」と言えば、TOMネット視察団で訪問したマドリードのバル巡りかミュンヘンのオクトーバーフェストかなどと、マスターも交えて話が続く。

したたかに酔っぱらって店の外へ出ると雨が降っていた。

もっと街をツカイたいとすがる教授を突き放して本日の街ツカイ研修は終了。

アレッただの飲み会??

2015年12月某日

街づくりの打ち合わせのために秋田県某市役所を訪問した。まだ新しい庁舎の1階には、大きな吹き抜けのロビーが広がっている。

市のご担当に伺うと、このロビーは市民に開放されており、様々なイベントが開催されたり、空いている時は、地元の小中学生が勉強の場として使っているらしい。

そういえば、秋田県は学力が全国トップクラスだが、この市のように放課後の勉強の場を公共施設を開放している事も関係しているのかもしれない。

この日は、地元の小学生の書道展が開催されているようだ。

「お題」は、市の税務課が出したのか、「税金」となっている。

子供たちは、このロビーに貼り出されるので、一生懸命練習したと思われるが、「ぜい」「申告」「税と生活」等と刷り込まれ、大人になったら立派な市民になって、正しい税務申告をするのでしょうね




2015年12月某日

クリスマスが近づき、寒さが厳しくなってきた札幌市の大通公園で「ミュンヘン・クリスマス市in Sapporo」というイベントが開かれると聞き、「街ツカイ」修行中の身としては今すぐ体験しなければと駆けつける。

ミュンヘンは札幌市と姉妹都市で、このイベントも恒例となっているらしい。

以前、ミュンヘンに行った時には、連日ソーセージとアイスバインをつまみにビールを飲み続け、和食が恋しくなった頃に、たまたま行った巨大なビアガーデンで大量の焼きサバを発見し、小躍りしたことを思い出したが、この会場には、サバはないようだ。




まだ昼間だが、正しい「街ツカイ」を実践するにはやっぱりドイツビール・・・と思ったが、如何せん寒すぎる。ふと立ち飲みテーブルを見ると、毛皮のコートを着た品の良い奥様が湯気の立つ飲み物を飲んでいる。

ホットワインのようだ。寒気の中で女性がひとり立ち飲み、カッコイイ。

こちらもあやかろうと、直ちにホットワインを購入。

品の良い紳士のカッコイイ立ち飲みのつもりだったが、どうみても「もっきり」焼き鳥&立ち飲みのように見えたようだ。





トップ