part112

2016年2月某日

「街ツカイ」といえば、美術館巡りもいいですね。

徳島県鳴門市に用事があり、徳島駅前でレンタカーを借り約1時間、ナビを頼りに何とかたどり着き、野暮用を片付けたところで、この街には「大塚国際美術館」があることを思い出し、再びナビ頼みで無事到着。

山を削って造った壮大な美術館の入り口は、構造上地下5階。

長いエスカレーターで地下3階まで登り入場したところに、巨大な壁画や天井画が貼り廻らされた大聖堂や礼拝堂が出現する。

文字通り「圧巻!!」の一言だが、これらの名画はすべて陶板に焼き付けられた複製品。


そうは言っても、大塚製薬グループが総力を挙げて作成した1000点以上の美術陶板は、原画と同じ色彩、サイズとなっており、しかも半永久的に保存できるという事で世界的にも評価されているらしい。




そんなに時間がないので、ざっと駆け足で見て歩こうと、地下3階(古代、中世)地下2階(バロック、ルネサンス)地下1階(近代)と廻ったところで、いつも身に付けている万歩計を見ると、すでに12000歩。

ここで昼食休憩と、広々としたレストランで徳島名産「阿波尾鶏」のカツレツと生ビールを注文。

運ばれてきたキンキンに冷えたスーパードライを持ち上げたところで、気づいてしまった・・・レンタカーだった。

悲しくカツを水で流し込み、気を取り直して、残りの2フロアを鑑賞。

モナリザは、上野美術館で一度、パリのルーブルで二度対面しているが、ここのニセモノじゃなかった陶板名画の方が本物らしく見えてしまったのは、やっぱり審美眼不足の美術音痴なのでしょうね。



次回へ続く・・・


トップ