part113 pPart107


2016年2月某日

札幌雪祭り会場に、マカオの世界遺産、聖ポール寺院が出現した。以前本物を見たことがあるが、この雪像も見事な出来栄え。



という事で、再度本物を見がてら、日本でもできそうな、カジノリゾート開発を視察しようと、まちづくりNPO TOMネット会員で視察団を組織し直ちに香港に向けて飛び立った。

聖ポール寺院は、正面から見ると立派な建物だが、全面の壁だけ残したものなので、横から見ると薄っぺらく(失礼)窓や入口の開口部から向こう側の空や建物が見えている。



札幌の寺院は、雪でできているので、開口部が作れず、全体がみっしりと重量感があり、威厳に満ちている・・・などと話しながら世界遺産視察終了。

次の視察先は、ラスベガスも追い抜いたという巨大な統合型リゾート群。

中国返還前のマカオは、ひどく貧乏な国のイメージで、街に出ると物乞いが多数寄ってくるようなところだったが、急激なカジノ開発で、税収も急増し、住民の福祉、教育関連の費用は無料となり、リゾート関連の雇用も増え続けている事から、地域にとっては大変ありがたい地域開発となっている。

日本でのカジノ誘致は、賛否両論あるが、すでにパチンコ、競輪、競艇、競馬等が根付いている事でもあり、これ程の地域開発メリットがあるのであれば、前向きに考えるべきというのが、我々視察団の総意のようだ。

ただし、モナコの王立カジノのように、タキシードを着て入場するとまでは言わないが、中心市街地には正装していく場が必要なので、ドレスコードを定めて品よく遊ぶリゾート施設としてほしい。

マカオの巨大カジノでは、ジーンズにウエストポーチ、安っぽく見えるトレーナーを着たアジアの人たちが、バカラの勝負に、目もくらむような大金を賭け、「アチョー!!」と叫んでいたのが、少し悲しい。

次回へ続く・・・


トップ