part114 pPart107


2016年9月某日

私の祖父が、石川県鳥越村(現白山市)から年老いた両親(曾祖父母)を連れて北海道十勝地方(現芽室町)に入植したのは明治の初めです。
「北の零年」という吉永小百合主演の映画がありましたが、厳寒の北海道の開拓は、それは過酷なものだったと聞いています。
福井の再開発の仕事の合間にレンタカーで鳥越村を訪ねてみました。




こんな山の中に、鳥越城という一向一揆の拠点跡があります。
私の先祖も一揆に参加したのでしょうか。
先祖の反骨精神と開拓(フロンティア)気質を受け継いで、今、私は全国の街の再開発に奔走している・・・と言えばカッコよすぎますね。
帰りに近くの道の駅でトイレに寄るとこんな看板がありました。




今は、のどかです。

次回へ続く・・・


トップ