part115 pPart107


2017年3月某日


ドバイ危機 VOL 1


 


私が代表を務める「まちづくりNPO TOMネット」の19回目の海外視察団で、ドバイに行ってきた。
12時間以上のフライトを経てドバイ空港に無事到着、ホテルに荷物を置き、とりあえずゴールドスーク(金製品の専門店街)裏のディープな食堂で昼食をとる事にした。
満員の店内は、すべて地元の人たちで、骨付きチキンやマトンをカレー味で煮込んだものをライスの上にかけて、右手でこねながら食べている。
ビールを飲みたいところだが、ドバイでは、ホテル内のレストラン等を除いて原則禁酒。
手づかみは、経験したことがないし、熱そうなので、スプーンをもらいコーラを飲みながら食べてみると日本のインド料理レストランのカレーを食べているようで、抵抗はない。
それでもアラブ語なのか、全く聞き取れない言葉を大声で話しながら豪快に食べまくる相席のオジサン方に気圧されて、半分残して退散。

視察団の結団式は、夜8時からなので、それまでプールで泳ぎ、時差の早期調整を試みることにする。巨大なプールが気持ちよさそうなので、直ちに飛び込むと、背丈以上の深さ。
長旅で疲れが出ているので、心臓麻痺にはならなくても、足がつって溺れる恐れがありそうなので、50メートル泳いだだけで陸に上がる。
プールサイドにあるバーのソファーで、昼食時にありつけなかったビールを注文、ナッツが盛られた小皿と共に、待ちに待った生ビールがやってきた。
このホテルは、ドバイの砂漠の中に12ヘクタールの人工の森を作り、水と緑の楽園のようになっている。
そのため、たくさんの小鳥が集まってきて、それを眺めるのも楽しい。
まずは、ぐびぐびと喉を潤し、プールで楽しげに泳いでいる親子連れなどを見ていると、一羽の鳩が、私のテーブルの上に舞い降りた。
どうやらおつまみのナッツを狙っているようだ。
少しずつナッツの小皿に近づいてくるので、軽く手で追いやると、一歩二歩飛び下がる。
再びビールを飲んで、目を離すと、またじわじわと小皿に近づいてくる。
そんな事を繰り返していると、ある時、その鳩は、意を決したように、一気に小皿に近づくと、ナッツを一粒咥えた。
「だめだめ」と手で追いやろうとした瞬間、どこからか45羽の鳩がバサバサと急襲、一斉にナッツを食べ始めた。
思わずヒッチコックの「鳥」を思い出し、この森にいる無数の鳥たちが私のテーブルを襲ってくる様を想像し、慌ててビールグラスだけを持ち、カウンターに避難。バーテンや他の客が笑っているので、平然を装ってビールの続きを飲んだが、まだテーブルの上に群がっている鳩を見ると優雅な気分もどこかへいってしまったようだ。

以前、ファーストペンギンという、最初に崖を飛び降りる勇気のあるペンギンの話を聞いた事があるが、最初に恐る恐る近づいてきた鳩は、文字通りファーストピジョンだったようだ。

おかげで、眠気もなくなり時差解消には成功したようだ。





次回へ続く・・・


トップ