part116 pPart107


2017年3月某日


ドバイ危機 VOL 2




    


ドバイファウンテンでの噴水ショーを間近に見られるイタリアンレストランで参加会員7名での結団式も無事終わり、明日からのハードな視察に備えて、二次会にも行かず、シロヒゲ教授、ジュンちゃん(還暦のオジサンです)とタクシーでホテルに戻ることにする。

若い運転手君は、愛想が良く、ヒマラヤの人口5000人の小さな村から出稼ぎに来ている事、山の上の自分の家に比べてドバイの何と暑い事、いつか日本に行ってみたい事等々、お互いに拙い英語でおしゃべり、和気あいあいの雰囲気だったが・・・・・

ホテルから来た時は、ほんの15分程度で着いたのに、30分たっても一向にホテルに近づく気配がない。

次第にイラついてきたジュンちゃんが、google mapを取り出し、「方向が違うじゃないか!」と語気を強める。

急にか細い声になり、わからない言葉で何事かつぶやきながら、ひたすら車を走らせる運転手君。

「ここは、さっき通ったところだぞ!」とシロヒゲ教授も大きな声を出す。

一体どこに連れていかれるのか、人気のないところで降ろされて、むくつけき山賊に取り囲まれ、身ぐるみ剥がされるのでは、などという事が頭をよぎる。

40分以上経過したところで、パークハイアットホテルに横づけにされるが、我々が泊まっているのは、グランドハイアットホテル。

「ここじゃない! グランドハイアットだ!」とエキサイトするジュンちゃん。

さらにぐるぐる廻った後、ようやく私たちのホテルに到着する。

料金は、来た時の倍以上。

ジュンちゃんが先に降りて、ホテルのスタッフに「とんでもないドライバーだ!」とチクると、ドアマンが、運転手君に強い口調で、タクシー料金を値引くように言ってくれる。

しばらく押し問答していたが、20%程度の値引きで折り合ったようで、不満そうな運転手君にシロヒゲ教授が支払う。

留飲を下げたジュンちゃんと別れ、同室のシロヒゲ教授と本日の反省会。

「ひどい運転手だと思ったが、実は、ヒマラヤの小さな村から出てきたばかりで、道が分からず時間がかかり、焦りまくり、その上タクシー代を2割も値切られ、給料を天引きされ、国で待っている年老いた母親に送る金が足りなくなって今頃泣いているのでは・・・」とあくまでも浪花節、性善説のオジサンたちは苦い酒を飲みながらしんみりしたのでした。