part118 pPart107


2017年4月某日


GINZA SIX カニ歩き


4月20日、話題のギンザシックスに行ってきた。

地下鉄銀座駅を出たところから、東京ドームのナイター終了後のようなおびただしい人の行列が続く。

人ごみをかき分け、ようやく入店。

巨大な吹き抜けに異様な(失礼)物体が多数ぶらさがっている。

草間彌生先生作の「水玉柄カボチャ」という芸術作品です。

この巨大な商業施設は、従来のデパートやショッピングモールと一線を画した「ラグジュアリーモール」

(超豪華なショッピングモール)らしい。

まずは最上階に上がって、上から順番に見てみようと思ったが、エスカレーターまでなかなかたどり着か

ない。

満員電車の中を移動するように、カニの横歩きでジワジワ動いて、「ラグジュアリー」な店舗をのぞいて

いく。

通路は、こんなに混雑しているのに、ディオール、セリーヌ、サンローランなどのきらびやかな店内は、

さほど買い物客の姿が見えない。

一番の人だかりはエスカレーター横のイベントスペースに設置された「草間彌生 ポップアップストア」。

草間先生デザインの様々なグッズ、ステーショナリー、Tシャツなどが飛ぶように売れている。

目玉テナントの蔦屋書店が標榜する「日本文化とアートが交差する」がこのモールのすべてを表している

ようだ。

たどり着かなかったが、地下3階の「観世能楽堂」もその象徴。

成熟した日本のような国の今後は、非日常体験やアート鑑賞等を通じた消費が中心となるのでしょう。

閉所恐怖症、人ごみ恐怖症の私は、入店30分足らずで脱出しようと入り口を探す。

遠くに見えた出口に向かうと、どこかの品の良い紳士とぶつかりそうになる。私が右へ動くと相手も右へ

、左へ動くと左へ・・とよくある状況。

本当にぶつかりそうになったので「すいません。」と会釈すると向こうも会釈する。

それは、大きな柱に貼られた「鏡」だった。(本当です。話を盛ってません。)

「品の良い紳士」って誰の事でしょうか・・・

次回へ続く・・・


トップ