4月某日
新年度の幕開け。
5月の総会に向けて事業計画の検討。走りつづけた14年度だったので、
今年度は「スローライフ」を目指したゆったりとした
計画にするつもりだったが、月別の事業を埋めていくと
何故かさらにハードなスケジュールになっている。
大阪支部、九州支部の立ち上げと各地の活性化事業の
実現支援活動がめじろ押しのせいだ。
今月の前半だけがややゆったりのスケジュール。
体調を整えて、今年の旅人生に備えるはずだが、東京はもう桜が満開。
当然、花見。TOMネットのスタッフ、事務局に不死身の幹事長も加えて
事務所のそばの播磨坂の桜を一瞬眺めて、
中華レストランで北京ダックをおつまみに老酒を浴びる。
肝臓の悲鳴が聞こえる。

4月某日
TOMネット東京会の幹事会。
今年の中心市街地活性化フォーラム(東京会担当)は、
埼玉県、群馬県、石川県。各地の経産局、県庁との事前打合せ、
開催都市との調整等、準備活動を役割分担。
石川県のフォーラムは、金沢の会員に準備をお願いする事にして、
ついでに、今年の視察会も富山で検討する事になった。
会員、市町村対象のゼミナールは、「中心市街地活性化法研究会」による
省庁ヒアリング結果の報告と、各省庁の担当の方を講師にお願いして、
勉強会を開催する予定。
昨年に引き続いての「温泉観光地活性化フォーラム」さらに、
新規事業の「盛り場活性化フォーラム」
(いわゆる親不孝横丁の活性化を考えるフォーラム)等、
計画段階ではあれもこれもと盛り上がるが、
実施段階で後悔するのが目に見えるようだ。
そういえば、6月に予定していた「第5回海外まちづくり組織調査団」の派遣は、
戦争と肺炎で延期にしたが、毎年続けてきた事業なので、
秋には派遣先を考えなければならない。
安全で、ダウンタウンの活性化に成功した都市はどこだろう。
秋田県横手市の活性化モデルプラン(TOMネットの自主研究事業)に関して、
アゴヒゲの計画担当会員と大議論。横手訪問のスケジュール調整が難しいので、
とりあえず市役所に郵送し、後日、訪問、説明をすることで市のご担当と決めたが、
数多くの公共施設の設計に携わってきたアゴヒゲ会員としては、
「作品は、我が子も同然、いきなり見知らぬ土地に一人(計画図のことです)で
送りつけることはできない。」と強硬。気持ちは良くわかるが、
プランは、計画図だけではなく、事業実現のための手法、事業収支、
関係省庁のヒアリング等、他の専門者会員との共同作業で
できあがったものなので、できれば作業に携わったメンバー全員で
横手市訪問をしたい。結局、スケジュール調整が不可能になり、
郵送することになったが、「建築家の誇り」にはやや感動。

4月某日
今、この旅日記を秋田県鹿角市のホテルでNHKの朝ドラを見ながら
書いている。どうもこの旅日記というより酒飲み日記のような駄文を、
継続的に読んで頂いている行政担当の方々が増えているようで、
どこの町へ行っても「読んでますよ」と声を掛けられる事が多くなり、
月二回の更新責任を感じるようになってしまった。
夜は、何かと(宴会)忙しいので、朝、ホテルでということになってしまう。
当然、二日酔いで思考力は無く、思いつきのままのいい加減な
文章になってしまい、申し訳なく思うがやむを得ないと開き直る。
鹿角へは、TOMネット東北会が中心となってお手伝いした
「中心市街地活性化基本計画」の重点整備事業立ち上げ支援のため、
東京会、東北会から7人で2泊3日の予定で昨日から来ている。
この7人のメンバーは考えてみると全員、
従業員数十人から数百人規模の設計事務所、
コンサルタント事務所の社長さん、役員さんばかりで、超豪華メンバーなのだ。
やはり、NPO活動に手弁当で参加できるのは、
自分の責任でスケジュールを作れる経営者が中心になるので、
こんなオールスターメンバーになるのだろう。
この7人が3チームに分かれて、重点整備地区の地権者ヒアリングを行っている。
個別に、事業に参加するときのメリット、デメリットを説明し、資金計画についても
充分に時間をかけて話し合い、合意形成のスタートとする。
毎日、朝から晩まで数十人の地権者の方々の生活設計、
さらには大げさに言うと「人生」について話を聞くのは、つらくもあり、楽しくもある。
振り返ってみると、こうして全国数百人(家族も含めるともっと多く)の方々の人生に
少なからず影響を与えてきたのだなあと考えてしまった。
昨日は、夕方から不死身の幹事長(この方も大きな補償コンサル
事務所の社長さんです)ペアが行方不明になっており、
残りの二チームが8時過ぎまでヒアリングを行い、意気も絶え絶え状態で
ビールにたどり着いた頃、つやつや、ぴかぴかした顔で不死身チームが登場。
聞くと、担当している地権者ヒアリングが予定より早く終了したので近くの温泉で
一風呂浴びてきたとの事。当然、大ブーイング。メンバーの白い目を全く気にせず、
今夜も不死身の幹事長は、飲み食べつづけていた。
ここから、翌日の朝、恵比寿の自宅で書いて(打って)います。
昨日は、午前中で無事ヒアリング終了。活性化事業に参加する人、
今のままでいたい人、もっと考えたい人を住宅地図上で色分けし、
市役所とまちづくり協議会の役員さん方に報告。約1haの事業区域が見えてきた。
やはり、行政でもなく権利者でもない第三者のNPOなのでこのような
合意形成作業が極めてスムーズにいくのだなと改めて自負してしまう。
今後、一ヶ月以内の説明会の開催を経て、5月中には最終事業区域を確定することを
お約束してNPOチームは解散。青森空港経由で東京へ帰るチーム
(私と幹事長ともう一名)、花巻温泉で疲れを取ってから古川再開発の対応に行く者二名、
仙台へ帰る者、福島へ帰る者それぞれ一名。必殺仕事人のように使命を果たし終えると
それぞれの本業に戻っていくのだ。
不死身チーム(私も巻き込まれてしまった)は、青森空港のレストランで
「じょっぱり」を一升たいらげ、飛行機内で休息後、恵比寿のまぐろ専門居酒屋
で二次会。ふと横を見ると幹事長が焼いたにんにくをひたすら
食べ続けていた。やはり不死身だ・・・・


次回へつづく・・・