4月某日
TOMネット東京会番外ゼミナール。
東北会のゼミで好評だったCGを活用したプレゼンテーションについての勉強会。
どうも集まったメンバーの顔ぶれは、勉強よりも終了後の「意見交換会」が目的のようだ。
いつもの「一心」飲み放題、3時間半。新年度もこの店にお世話になりそう。

4月某日
栃木県西那須野町重点整備地区の地権者説明会。
自力更新低容積再開発の意味がなかなかわかってもらえない。
行政主導ではなく、民間地権者が自ら計画をつくり良好な街並みを形成する
活動に対して行政が支援するということを強調するが、道路拡幅のような
公共事業に伴う補償と混同する方が多いようだ。少し時間をかけて勉強会の
お手伝いをしていきたい。帰りの新幹線内の宴会で勢いがつき、
東京駅八重洲地下街へ乱入。不死身の幹事長に加えて、
新任の主任研究員(女性です)も底無しのようだ。
店のグラスを2〜3個割ってしまい、ひたすら恐縮しながら本日は、早めに切り上げ。

4月某日

またまた佐渡島へ。今回は、重点整備地区の従前資産評価をする
コンサル3名を含み7名が参加。
地権者説明会では、「活性化施設の計画図が提示されずに合意形成を
先に行うのはおかしい」という意見も出た。しかし、それは昔の再開発手法。
コンサルタントや行政が、地権者の土地に理想的な絵を描いて、この計画に
何が何でも同意してほしいと説得するというやり方が、10年も20年も計画が
進まなくなってしまうという結果を招いてしまう。
最低限の制約(不燃化や景観統一)のもとに、地権者一人一人の希望を、
生活再建、営業再建の考え方でジグソーパズルのように組み立てていく
まちづくりが最優先だ。地権者の合意形成後に、公的施設、TMO等による
活性化施設を行政、市民と考えていくのが正しい手順と説明。
西那須野町同様に、時間をかけて地権者の合意形成の支援をさせていただくつもり。
今夜も宴会は佐渡の魚三昧。

4月某日
TOMネット関西会と九州会が設立されることになったようで
(他人事のようだが会員の間でどんどん話が進み、私はすべてお任せ)まず、
大阪での設立準備会に参加。どのように集まっていただいたのか定かでないが、
用意していた会場にあふれるばかりの人々を前に、TOMネットのNPO活動について説明。
懇親会(やはり準備会から宴会つき)の会場は地元の居酒屋の貸し切り。
カウンターから小上がりまで正に足の踏み場がない状態。
なぜか料理はコンニャクの煮付け、蕗の煮付け等の煮付け方面ばかり。
これが関西流なのかもしれないが、東京会から参加したメンバーは刺身、
焼き魚等の魚方面がお好み。名刺交換が始まり、全員が立ち上がると
満員電車内のような雰囲気になり、もう誰も酒など飲んでいられる状態ではなく、
飲み放題なのに一向に酒は進まず、店のお母さんはにんまりしていた。
もうひとつ予想外だったのは、「もうかりまっか」「ぼちぼちでんな」というような
関西弁の会話を想像していたらほとんど東京会の会話と変わらない。
それもそのはずで、ほとんどの方が、東京からの転勤組であった。
二次会は、東京チームで魚のある居酒屋へ。
大阪にもちゃんと刺身はあった。(あたりまえです)

4月某日
翌日は、福岡へ飛び、九州会の設立準備会。
今度は学習効果があったようで、立食形式での名刺交換会。
やはり大阪と同じように予想以上の参加者。九州も福岡の一人勝ちのようで、
地方中小都市のまちづくり支援が必要。早速、小倉等のまちづくり相談会の
話が持ち上がり、東京会の有志会員により対応を考えることになった。
だが、今後の我が人生が、秋田の勉強会の翌日に熊本のフォーラムというような
スケジュールになりそうで少し考えてしまう。
二次会は、地元の方に案内してもらったおでん屋で延々と。
さすがに皆ばりばりの博多弁。女性の参加者も浴びるように飲み、語る。
福岡は、TOMネットカラーにぴったりのようだ。
次の日は、小倉へ足を伸ばして、オープンしたばかりの「リバーウオーク」を視察。
福岡のキャナルシティを越える施設内容。やはり歩くことがコンセプトのようだ。
札幌生まれの私には、九州の暖かさとおおらかさには強く引かれるものを感じた。



次回へつづく・・・