5月某日
TOMネット北海道会懇親ゴルフコンペのために札幌へ。
例年は、秋に開催しているが、今年は私が遊びたくて、札幌の会員に
声をかけた。やや寒いが、よい天気で気持ちよくプレイできたが、
今年初めてのゴルフであり点数はひどい。
全盛期は、年に30回以上プレイしていたこともあったが、今では10回程度。
北海道のゴルフは昼食の休憩が無く、18ホール連続でプレイする。
朝7時半にスタートしたので、昼前には終了。今回は、不死身の幹事長が
参加していないのでBB賞。なにせ、幹事長は、TOMネットゴルフコンペで
全国制覇(東京会、東北会、北海道会、連続ブービーメーカー)した方なので
参加していないと全員の順位が狂ってしまう。
表彰式の宴会は、酒気帯び運転の取締りが厳しくなったので
ノンアルコールビール。これではトムラー(TOMネットの会員の事のようです)も
盛り上がらず、短時間で解散。でも面白かった。

5月某日
ある団体の全国会長会で汐留の超有名な創作中華の店へ。
普段は、もっぱら全国各地の居酒屋で枝豆と魚をつまんでビールを
浴びている身には、フカヒレ、北京ダック等を一捻りした創作豪華メニューと
高そうな紹興酒の宴会は、やや居心地が悪い。
昨年のTOMネット上海視察で、蛇や蛙の揚げ物をつまみに安い老酒を
飲んだ時の方が落ち着いたなあとひとり思いながら、でもうまかった。

5月某日
中心市街地活性化事業の大詰めにきている宮城県古川市へ。
リノベーション補助金を活用したテナントミックス事業で最後の山場。
再開発準備会、まちづくり会社、市、商工会議所、コンサルタントグループが
総力を挙げてこれを乗り越えようとしている。「来年の着工時には、
すべてが必ず良い思い出になるよな」と同行のTOMネット理事と話しながら、
やはり新幹線内宴会、八重洲地下街宴会、広尾宴会といつものコース。

5月某日
ある商業施設関係の団体の全国大会が、六本木ヒルズの49階で開催され参加。
パーティ会場の窓からの景色は、飛行機からの景色のようだ。
この再開発ビルは今日で3度目になるが、まだ全貌がよくわからない。
ただ、半端でない規模である事だけは確かだ。私が過去にお手伝いしてきた
全国十数地区の市街地再開発事業をすべて合計したものより、
総事業費ははるかに大きい。東京の再開発と地方のまちづくりとを
比較するのはおかしいが、一度はこんな再開発事業にも取り組んで
みたいものだと思ったり、そうではなく、私の天命は地方都市の
まちづくり支援だと思ったり心が乱れた一日だった。

5月某日
TOMネット北海道、再開発技術研究会。
今年度は、札幌市内の再開発の必要な密集市街地を勝手に選定し、
勝手に勉強会を開催し、勝手に再開発プロポーザルを作成し、
勝手に地権者合意形成を行うという勝手づくしの研究会活動を行うそうだ。
関係する補償コンサル、建築計画コンサル、再開発プランナー等の専門者会員が
ケーススタディを行うということで、少し動きの鈍かった北海道会も
動き始めそうで頼もしい。夜、北海道のまちづくり目的の社団法人の総会があり参加。
社団法人ながらNPOを目指すそうだ。TOMネット北海道と良い連携がとれるといい。
懇親会、二次会とたっぷり飲んでから仕上げにススキノラーメン横丁の一軒に入り
醤油ラーメンを発注すると店の親父が「林さんでしょう」と話しかけてくる。
まったく見覚えがないが、聞くと私がちょっとの間支配人をしていた
(話せば長くなるが、大学卒業して就職した会社がすぐに倒産してしまい
数年間は色々な仕事をしてきた)零細ホテルでフロアマネージャーをしていたとの事。
実に24年ぶりだ。だがあまりに老けてしまって(ごめんなさい)どうしても
同一人物と思えない。以前はレコードデビューまでした経歴の持ち主で、
そのホテルのディナーショー(黛ジュンとか高田恭子のショー、わかる人は相当年配です)で
颯爽と前座を務めたこともある人だったが人生、色々あるものだ。

5月某日
北海道石狩市旧役場周辺地区市街地再開発事業安全祈願祭。
スタッフと指折り数えると私たちがお手伝いした14番目の市街地再開発事業のようだ。
六本木の再開発の数十分の一の事業だが、この事業にかける地権者、
行政担当者の思いは六本木と変わらない。市長が担当職員の苦労を讃える
スピーチには感動した。私も担当スタッフの今後も続く苦労を理解してあげたいと思った。
規模は違っても、都市計画手続き、事業計画、権利変換計画、権利者対応等の
作業はあまり変わらないのだから。

5月某日
TOMネット総会シリーズの第一弾は札幌。
今回は特に、TOMネット内に「北海道活性化センター」という組織をつくり、
拓銀破綻、狂牛病、雪印問題等々により地に落ちた北海道ブランドを官でも
民でもない市民の手で復活させようという壮大な取り組みが始まるので、
そのシンポジウムを合わせて行った。
北海道の農産物、水産物、地場産品を市民のネットワークで全国へ発信することで
新たな雇用の促進と企業の再生を進めていこうというTOMネット北海道会の
会長(弁護士さんです)の訴えは、会員の心を強く打ったようだ。
この活動の成功がモデルとなり、TOMネット東北、関西、九州へと広がっていけば
すごい事になりそうだと夢を語りながら懇親パーティ。
しかし、パーティ会場となったTホテルはひどかった。
あまり悪口を言わない私(本当だろうか)が言うのだから相当ひどい。
まず、総会が終わってパーティ会場に入っていったときにまだ会場設営ができていなかった。
マイクの準備も何もできていなかった。乾杯ビールは常温でなんとかの小便状態。
やむを得ず水割りをお願いしようとしても誰も持ってこない。
コーナーでホテルのお姉さんがウイスキーを前にして暇そうにしているので、
水割りをお願いするとおもむろに一杯だけ丁重につくる。
次の会員が頼むとまた一杯だけ。しまいに会員がウエイターになって水割りを運び始めた。
TOMネット宴会二時間飲み放題の最少記録となったのは間違いない。
ひょっとしてホテルの担当者がこの旅日記を見てTOMネット宴会の凄まじさを悟り
防衛策をとったのかと思うぐらいであった。だが、会員は誰も文句も言わず楽しく
情報交換を行ってくれた。二次会はやむを得ず居酒屋の大広間で一からやり直し。
終わってみると結局今日も飲みすぎていた。連休明けの今週は行事が重なり、
「飲み倒した」というくらい飲んだ。毎日明け方まで飲んでも平気だった三十代の体力に
もどったようだ・・・と思っていたら、土曜日の今日は、毎週必ず行っている
スポーツクラブにも行く気にもなれずただひたすら倒れていた。


次回へつづく・・・