6月某日
今月の後半は、超ハードスケジュール。
北海道でのさわやかゴルフを終了するやいなや、札幌事務所のスタッフと共に、
すぐに新千歳空港経由、青森空港へ。4月に鹿角の地権者ヒアリングを行った
必殺仕置き人のようなチームに再び召集がかかり(かけたのは私です)、羽田
から飛んできた東京会の会員2名と青森空港で合流。鹿角のホテルで仙台、
福島からかけつけた東北会の会員と待ち合わせ。手分けして権利者対応をした後、
まちづくり協議会の定時総会に参加。「花と癒しの活性化構想」をスライドで説明。
まちづくりは、民間(地権者、商業者)と行政のキャッチボールのような形で進行
していくのが理想だが、今日の総会でボールは市役所に投げられた。
半年足らずの期間で、基本合意に至った権利者の皆さんに敬意を表して、すばやく懇親会。
二次会は、近くのおでんやで、ここには書けないおいしい酒を腹いっぱい。
それでも元気が余り、ホテルの「ギリー」と呼ばれる理事の狭い部屋に全員集合し、
ビールを飲みながらの腕相撲大会。
おじさんたちは、まるで子供のようだ(子供はビールを飲まない)。
自慢話のようだが、私の敵は無く、くやしさのあまり不死身の幹事長は、浴衣も脱ぎ捨て
パンツひとつで無謀な再挑戦。結果は、まさに赤子の手をひねるようだった。
今頃、次回の挑戦に向けて腕立て伏せを続けている事だろう。


6月某日
たまには、東京のまちづくりを考えようと、先日立ち上がったばかりの
「密集市街地研究会」の座長(またまた不死身の幹事長です)と墨田区役所訪問。
六本木のような再開発ばかりではなく、下町にあった「風情のある」まちづくりを、
地権者の合意の下にスタートする手法を見つけたい。キーワードは不燃化低層高容積。
関係の課長さんたちに大集合していただき、まずは、TOMネット東京会の会員による
京島地区の現地視察会を7月に開催するところから始めることで合意。
年度内のプロポーザル発表会を目指す。


6月某日
「帰りのわびしい」龍ケ崎市へ。昼は歴史的建物保存をテーマとした勉強会、
夜は商工会周辺地区の再開発手法説明会とダブルヘッダー。
時間があったので歴史的建物群を徒歩で視察。赤い塀をまわした風格のある豪邸や、
庭園の立派な屋敷など、歩いて楽しい街並みをすぐにでもつくれそうだ。ポイントは、
修復整備は中心市街地活性化法の活用で行えるが、維持管理を、行政負担で行うのか、
民間が建物の骨格は保存しながら、一部商業施設用に設備を改修し、
飲食店等として活用しながら維持費を捻出するのかをはっきりさせること。
それにしても龍ケ崎市民(特に女性)の文化に対する意識の高さはすばらしい。
帰りの常磐線は、同行スタッフがTOMネットにしては突然変異のようにあまり酒を
飲まない人なので、素面で恵比寿までたどりつき、深夜にようやくビールにありついた。


6月某日
週末、一瞬、札幌へ行き、会議をこなして翌日には雨の大阪へ。近畿経済産業局を訪問。
TOMネット大阪会の設立のご報告。近畿通産局には、以前、福井県のフォーラムを
開催したときにお世話になったことがあったが、ご担当の方は、このホームページを
ご覧になっていたようで、たいへん丁寧に対応頂いた。あまり駄文ばかり書いていると
怪しいNPOと思われる恐れがあるので自重しなければならない。
夕方から、大阪会の設立総会。今回もたくさんの方に参加していただき、秋の記念フォーラムの
開催に向けて活動してもらえることになった。前回は、狭い居酒屋借りきりの懇親会だったが、
今回の会場はビアホール。二次会は上海の女性だらけのカラオケスナック。
どうしても大阪へきた気分になれない。深夜に戻ったホテルが阪神ホテルで、阪神優勝の時には
特別割引になる優待券をもらいようやく大阪気分になった。


翌日は、福岡で九州会の設立総会。飛行機が着陸するや某幹事長が「博多ラーメン」と連呼。
総会に参加するために東京会からかけつけた会員は、荷物を持ったまま某有名ラーメン店へ直行。
ひとりづつ仕切られたブースでのれんごしに注文。ほとんどブロイラー状態。
向こうの方から幹事長の「替え玉下さい」の声が聞こえる。私的には札幌ラーメンの勝ち。
九州会の懇親会はホテルの大広間。鯛をはじめとして九州の魚の刺身が並び
地元の焼酎と共に大満足。やはり九州は居心地が良い。
11月のフォーラムで九州の市町村からお座敷がかかれば、優先的に通ってしまいそうだ。
二次会は不思議な餃子屋さんの二階で再び大宴会。三次会は東京会メンバーで反省会。
不死身の幹事長とど派手なイベントプロデューサーはいつのまにか中州方面に消えていった。


6月某日

翌日は昼近くまでホテルで休息。ハイアットリージェンシーホテルはアメリカでは
何度か泊まったことがあるが、博多もすばらしい。雨でよれよれになった背広を何とかしようと
フロントにアイロンを借りたところクリーニング屋さんが使いそうな立派なアイロンセットが届いた。
ひとりホテルの部屋で背広にアイロンをかけている姿は物悲しい。気分を変えて新幹線で15分、
北九州市小倉へ。市役所の担当課長さん二名に北九州市の中心市街地活性化について
詳しくご説明いただいたが、何と北九州市には中心市街地が六つあるそうだ。
活性化のイメージがつかめない。今後、TMOがどのようになって、全体のタウンマネージメントが
どのようになされていくのか興味深い。今後も情報交換させていただくことをお願いした後、
今度は幹事長の同級生である市会議員さんの運転で市内視察。気軽に考えていたら、
さすがに合併都市、さっと見るだけでも4時間かかってしまった。
中でも、門司港のレトロなまちづくりは龍ケ崎市の活性化にたいへん参考になりそうで
写真をとりまくった。小倉のリバーウォークも商業施設内を歩かせる仕組みは博多の
キャナルシティを超えている。いろいろ参考になった視察だった。

市会議員さんとの反省会は、レトロな(ただ古いだけかも)居酒屋。
刺身はおいしかったが、レトロなオーナー(推定年齢80歳のおばあちゃん)が勝手に同席し高そうな
銘酒をがぶ飲みしていたのは何だったのだろう。たいへんお世話になった市会議員さんの要望で、
11月の九州フォーラムは福岡ではなく北九州で開催することを九州会員と協議する事でお開き。
不死身の幹事長と二人で小倉駅のそばの居酒屋。新幹線時間待ちのため馬刺しで一杯。
さらに博多へ着いて、深夜のラーメン屋で打ち止め。不死身の幹事長とは間違いなく家族よりも
一緒にいる事が多い。人のことは言えないが、こんなNPO活動と飲み歩きばかりの人生で、
会社は大丈夫なのだろうか。



次回へつづく・・・