7月某日
朝から、秋田県鹿角市の活性化担当課長さんがTOMネットの東京事務所まで
わざわ
ざ来てくれた。うちの事務所は、丸の内線茗荷谷駅から延々と10分ほど
坂を下った
ところにあり、全国のいろいろな町から訪ねてきて頂くことが多いの
だが、文字通り
「行きはよいよい帰りはこわい」ことになり、特に夏場は恐縮して
しまう。鹿角市の
基本計画に基づく「実現化構想」をご説明し、庁内協議をお願
いする。事業実施型の
TMO設立に向けていよいよ正念場。
午後には、鹿角へ帰る課長さんの後を追うよう
にして「はやて」で仙台へ。
TOMネット東北会交流会に参加。今年度は、山形県と
福島県で「中心市街地
活性化フォーラム」、宮城県で「温泉観光地活性化フォーラ
ム」を開催する予定
なので東北会の幹事さんたちも準備が大変だ。「東北会らしい
フォーラムを
開催しよう!」といつも熱心に活動して頂いている東北会会長(本業は
弁護士
です)のご挨拶を合図にビール飲み放題の懇親会へ突入。


7月某日

早朝から、仙台→大宮→新潟→両津というルートで佐渡へ。
第1回TMO構想策定委
員会。何とこの委員会は、昼夜の二部制で、委員の
都合に合わせてどちらかに出席す
れば良いという仕組みだが、市と商工会
担当者とTOMネットメンバーは両方に出席
しなければならないというハードな
委員会。昨年の基本計画策定の過程でTMO事業
地区、事業主体、事業手法
等について整理してあるので、TMO構想では、
関係者の
合意形成のできた事業を重点的に検討していくことでまとめられる
はず。問題は、佐
渡の全市町村の合併を来年に控えて、TMO構想の認定、
TMOの設立等のスケ
ジュール調整と事業実現への道筋をどのようにつけるか
という事。10月位を目途
に、TOMネット東京会のメンバーによる関係者の
ヒアリングを急がねばならない。
今日もビールは9時過ぎから。

7月某日
佐渡→新潟→札幌と大移動。今年度最初の「中心市街地活性化フォーラム」は
北海道
から。会場は、北海道中から集まった市町村やTMO関係者約200人で
満員状態。

前回の旅日記で予告した様に今回のフォーラムのテーマは「ソフトを活かした
まちづ
くり」というもので、幕開けは、ど派手なイベントプロデューサーと大道芸人
日本
チャンピオンMr.アパッチによる「まちおこしイベントはこうやる!」。
都市の構
造を変えるハード事業のリーディング事業として、地域のイベント開発
から始めてい
き、その活動を通じて組織をつくり、やがてハード事業の合意形成
に繋げて行くとい
う話をアパッチの実演をまじえながら1時間。通常はショッピング
センター等で家族
連れを対象に大道芸を披露しているアパッチだが、今回は、
ネクタイをした役所関係
の人々がメモをしながら凝視している中での実演で勝手が
違う様だ。心配していた通
り会場の天井高が足りずジャグリングを何度か失敗して
しまいアパッチには気の毒な
ことをしてしまった。
第二幕は、秋田県六郷町から来てもらった担当課長さんに活性
化法を活用して
酒蔵を改造し、集客施設をつくりあげた事例を流暢な秋田弁で語って
いただいた。
参加者による意見交換会の参加者も多く、ゆっくりとビールを飲めたの
は二次会の
居酒屋から。東京から参加の不死身の幹事長や今日は少し地味な服装(金
色の
服に金色の靴)のイベントプロデューサーも北海道会の会員とすっかり馴染ん
で、
ススキノの夜は更けていった。

翌日は、TOMネット北海道会有志による2回目のゴルフコンペ。
不死身の幹事長の
TOMネットゴルフコンペ4連覇(ブービーメーカー)達成!

7月某日

福島県原町市の「中心市街地活性化基本計画見直し委員会」に参加。
かなり早い時期
に基本計画を策定し、国へ提出されていたようだが、
中心市街地の大型店が撤退し、
商業環境も大きく変わったことから、基本計画を
見直して時代に合ったものにしよう
というもの。やはり市民、商業者が中心となって
ワークショップ形式で検討すること
をご提案して、今日はその1回目。
TOMネットメンバーは、東京から4名、仙台か
ら4名、地元福島から1名集合し、
ワークショップに参加。市の担当女性主査さんは
ワークショップが趣味ということで
様々な手法についてもとても詳しく、今度、TO
Mネット東北会の勉強会の講師に
なってもらうことをお願いした。今後、ワーク
ショップ、策定部会、商業者勉強会を
繰り返しながら、できれば関係権利者の合意形
成をしながら計画をまとめていく
ことになる。やはり九時過ぎからの宴会は、ホテル
の近くで唯一開いていた居酒屋。
お通しに立派な鰹のたたきが出てきてびっくり。し
かしその後に注文した刺身の
盛り合わせにも鰹の刺身とたたきがたっぷり。きっとた
くさん仕入れ過ぎていたの
だろう。

7月某日
秋田県横手市の活性化担当係長がやはり茗荷谷の坂を降って来てくれた。
5月にご提
案した駅周辺の活性化計画についての打ち合わせ。いよいよ実現化に
向けて庁内協
議、市民協議、TMO協議をスタートすることになったようで来月の
訪問をお約束
をしてお見送り。地獄の上り坂を汗まみれで帰って行かれたが、
・・・大丈夫だろか。



次回へつづく・・・