7月某日
墨田区曳船地区現地視察会を開催。墨田区には、錦糸町等のいわゆる
中心市街地がいくつもあるが、区としては、密集市街地の解消が喫緊の課題と
いうことで曳船地区を中心市街地に指定して活性化基本計画を策定したそうだ。
本来の活性化法の趣旨とは少し異なるが、それは区民が考える事なので
私たちは何も考えない事にして、区のご担当の方々から、まちづくりの概要説明を
聞き、京島地区を歩いてまわることにした。TOMネット東京会から30名近くの
参加があり、背広を着て京島の下町を団体で歩くと、ただでも人相の悪い
メンバーなのに一層怪しく見えるので、集合場所(懇親会用の居酒屋)を決めて
自由に歩いて視察する事にした。小さな敷地に老朽化した住宅が密集し、
火事や地震でも発生したらひとたまりもなさそうだが、地主、家主、店子の関係が
複雑で、なかなか再開発ができないそうだ。また、合意形成のできたところでは
再開発事業も始まっているが、せっかくの下町の風情と人情が、普通のビルや
マンションに変わってしまうのも問題がありそうだ。
TOMネットでコミュニティを残しながら、弱小地権者も救われ、同時に都市の
不燃化も達成するまちづくり手法を提案することを区にお約束してしまったが、
現場を見るとやや自信喪失。ぶらぶらと歩いていると昔ながらの懐かしい
商店街があった。肉屋に八百屋に魚屋等々、郊外の大型ショッピングセンターよりも
よほど楽しく正しい商店街だ。
最近の世界的傾向である「スローライフ」の原点は下町の商店街だったのだ。
まだ、午後四時だというのにたくさんある居酒屋や焼き鳥屋では地元のお年寄りが
すでに一杯やっている。これは、スペインのバールやイギリスのパブに匹敵する
大切な地域のコミュニティであることがわかった。我々も早速焼き鳥&ビールの
コミュニティに仲間入り。見ていると地元のお年寄りが席に着くだけで店の
お姉さんが焼き鳥二本ともっきりを置いていく。飲み終わって帰るおじいちゃんは、
ほとんどが千円札一枚ぐらいを置いていく。きっと毎日通ってきていて、
これが生き甲斐になっているのだろうなあ。我々も千円札を三枚ほど置いて集合場所の
居酒屋へ急ぐ事にした。この居酒屋はどうもあまり正しい下町の居酒屋ではないようで、
チェーン店のような内装とメニューであまり面白くないなどと言いながら、
結局この日も店の酒を飲みつくしてしまうトムラーであった。帰りがけに一度行って
見たかった浅草のカミヤバーでデンキブランをひっかけ、浅草橋の風情のある
居酒屋で飲みなおし、十分に下町を堪能した一日だった。


7月某日
仙台の東北経済産業局に福島と山形で開催するフォーラムの後援のお願いに行った。
今年の東北フォーラムもやはり「ソフトを活かしたまちづくり」がテーマ。引き続き、
今度は、国土交通省関係の再開発コーディネーター協会の東北幹事会。
テーマはやはり中心市街地の活性化。来年、大きなイベントを開催するための
打ち合わせを終え、東京へ。


7月某日
中小企業庁を訪問し、リノベーション補助金の活用時の問題点について相談。
例えば、まちづくり会社(3セク)がリノベーション補助金を受けてシネマコンプレックスを
建設した後、事業が軌道に乗ったので、市の出資金を民間が肩代わりし、3セクではない
普通の会社にする事の可能性、その時の補助金の取り扱い等々。
ご担当の方に調べていただき今後、お知らせ頂くことになった。それらの内容については、
今年各地で開催する「TMO塾」でお伝えします。
終了後、今度は再開発コーディネーター協会の中心市街地活性化研究会。
イギリスでもスタートすることが決まったBID(日本のTMOのモデルとなったまちづくり
NPOで地権者の負担金でダウンタウンの活性化を進める組織)を日本にも導入することを
研究テーマとして議論。TM0の問題点は、人材と資金調達。現在、TMOは、3セクか
商工会議所、商工会がなることになっているが、これにNPOを加える事と、
税の一部をTMOに廻す仕組みづくり、そしてタウンマネージャーの養成(少なくとも
2年以上の教育と実務経験)が重要。今後も研究を続ける事にして終了。
不死身の幹事長、ギリーと呼ばれる理事と共にお台場の大江戸温泉へ急ぐ。
このところ都内でも東京ドームの「ラクーア」という大規模スパのように温浴施設の
開設が続いており、活性化法のリノベーション補助金の対象になった事から、
地方都市でも活性化の目玉として温浴施設を検討するところが増えている。
そこで我々も体験研究することが重要という名目でいそいそとやってきたら、
入り口で浴衣掛けの従業員のお姉さんに呼び止められ、「本日、ボイラーの故障で洗い場の
カランとシャワーが水しか出ません。それでも良ければ入場料は無料にします」との事。
施設の視察と温泉入浴とビールが目的の我々としてはシャワーが水でも何の問題も無く、
大江戸温泉の支配人の気が変わらないうちにただちに入場。まずは好みの浴衣を
選んで(私は「遠山の金さん」柄)着替え、江戸の町(のように作ってある)に繰り出す。
温泉は、まあ、普通の温泉。特に感想は無い。風呂上りの飲食ゾーンは、
お祭り屋台のように様々な店が連なりそれなりに面白い。ギリーが餃子
(江戸時代にあったのか?)とお好み焼きを買ってきたり、幹事長がおでんと寿司を、
私は地酒とビールを担当したりと延々と飲み食い。最後にもう一度温泉につかると
もうこのままここに泊まっていきたくなったが何とか着替えて解散。


7月某日

朝から福島県庁を訪問、フォーラム後援と講演の依頼をしてから久々の西那須野へ。
商工会の副会長さんやいつも元気な事務局長さんの顔を見せていただいて役場の
ご担当と打ち合わせ。終了後、なぜか那須塩原駅の待合室についている軽食コーナーで
同行スタッフ二人と宴会になってしまった。カウンターの端に座って飲んでいる
お父さんはどうみても地元常連風。従業員のお姉さん(お母さん)はほとんど
小料理屋のおかみのように話し相手になっていた。
やはり駅周辺に居酒屋は必要だ。関係者は検討してください。


7月某日
高崎で群馬県フォーラムを開催。県、市町村、商工関係者が多数参加。
ど派手なイベントプロデューサー、不死身の幹事長、ギリーらいつものメンバーが
活性化法研究会女性座長の進行のもと「ハートとハードの架け橋」というだじゃれの
ようなテーマでパネルディスカッション。打ち上げはイタリアン(というよりピザ屋さん)。

引き続き翌日は大宮(さいたま)で埼玉県フォーラム。
昨日とTOMネットメンバーは大幅入れ替え、変わらない出演者は私と幹事長だけ。
この日のパネルディスカッションは居酒屋チェーンの開発部長、観光関連コンサル、
商業コンサル等とユニークなメンバー。埼玉の参加市町村からは相談希望が相次ぎ、
打ち上げ開始前に専門者会員が手分けをして汗だく対応。地域へ出向いての勉強会
希望市町村もたくさんあり、TOMネット東京会の下期は日程調整で
すごいことになりそうだ。中でも私は地方勉強会皆勤賞を目指しているので、
ますます旅日記に書く事が増えていくことだろう。打ち上げは、パネラーの
居酒屋開発部長とはライバルの店。誰が手配をしたかは問わず、
開発部長には「競合店の視察も時には必要だね」とすぐにビール。
二次会は、生まれて始めての南浦和のイタリアン、
その後赤羽の焼き鳥屋へ寄ったような・・・・


7月某日
こんなに長い旅日記になっていいのだろうかと思いつつも続けます。
会議のあった札幌から日本縦断で福岡へ。直方市のいこいの村という
ところで福岡県民主党さんの議員研修会へお招き頂き、NPOとTMOの
話を不死身の幹事長とともに3時間。NPOは法律で政治活動を禁じられているが
議員さん方と意見交換する機会は有意義だ。日頃「ハコモノ」や公共事業の
削減を主張されることの多い民主党の議員さんだが、中心市街地の活性化
について官民一体となって進める手法についてはご理解頂けたようだ。
特に地方へ財源委譲という考え方をさらに進めて、中心市街地活性化を総合的に
行うTMO(現在のような実体の無いTMOではなくアメリカのBIDのようにダイナミックに
活動するNPO)に事業ごとの補助金交付ではなく、使い道は地域住民が考える
統合補助金の交付が重要というTOMネットの主張にもご理解いただいたと思う。
終了後の懇親会には幹事長を人質に置き、遠距離飛行でたどりついた私は、
福岡へ用事があるという市会議員さんに車で送っていただき博多へ。
玄界灘の魚を食べられる店を物色、「博ちょん」という不思議な名前の店へたどりついた。
カウンターと小上がりのある昔懐かしいつくりの店だったが予想どおり刺身や鯛の
煮付けは絶品だった。そろそろ懇親会を抜け出して戻ってくる幹事長に店の場所を
教えるが何故か消極的。それもそのはずで、幹事長は知り合いの女性(決して怪しい
関係ではありません。本人談。)と待ち合わせているとのこと。二人きりにさせては
NPOとして風紀上問題有りと、待ち合わせの店へ強制同行。待っていたのは、
たいへんな博多美人。以下略・・・

翌日は、特急と在来線を乗り継いで熊本県宇土市へ。九州の列車はどれも色使いが激しく、
遊園地の電車のように楽しい。車掌さんも美しい女性(そうでない人もいるらしいが)で、
接客もすばらしい。関東近郊のダミ声車掌(何を言っているのかわからない)とは
大変な違いだ。宇土商工会に着くと、商工会長さんや副会長さんをはじめとして市役所の
ご担当の方や商店街の方たちがたくさん待っていてくれた。この日の飛行機で東京へ
戻らなければならないので、すばやくパソコンとプロジェクターを使ってミニ勉強会。
すぐにご理解を頂いたようで、その場で9月に市民フォーラムを開催することをお願いされ、
了承。歴史と川を活かして必ず活性化ができると確信。
昼食においしい鰻をご馳走になり、熊本空港まで車で送っていただいた。
空港のラウンジで馬ジャーキー&ビールで幹事長と九州反省会。
3年後位には、上海あたりで勉強会をやっているのだろうなあ。


次回へつづく・・・