8月某日
最高気温が20度そこそこの札幌から33度の東京へ。
全国を毎日のように移動している身としては、
温度差が体調に影響する。
夏ばて状態の体を冷たいビールで冷やしながら今週も連日の大移動。
東京から新潟を経由してジェットホイールで
佐渡の荒波を超えて両津市へ。
中心市街地活性化基本計画策定部会と夜の商店街勉強会の
ダブルヘッダーを終えるとやはり9時過ぎ。
前回も行った魚のおいしい居酒屋では閉店時間が迫っており、
メニューを選ぶこともできず出された鰹と蛸でひたすらビール。
閉店後、やはり飲み足りず、空いているラーメン屋さんで
ラーメンは食べずに日本酒と餃子で深夜まで。

8月某日
やや二日酔いの状態ながら、両津市役所の職員勉強会。
終了後、レンタカーを運転し、佐渡の主な観光地を視察。
佐渡金山の階段を降りていく時に、
ここで働いて死んでいった無宿人たちの
歴史を超えた気配のようなものを感じ鳥肌が立った。
(ただアルコールが抜けていっただけかもしれない)
もう少し明るいアミューズメント施設を付け加えた方がファミリーで
来場した人たちには良いのでは。
道の駅に併設されている、能をロボットに舞わせる
施設はロボットの精度がユニバーサルスタジオ等
のものには劣るが、私のように普段、
能にはほとんど縁の無い者が興味を持つようになる
という点では一見の価値あり。
そしてトキを一度は見ておこうとトキ保護センターへ。
以前から写真やテレビでは見ていたが、
目が陰険な鳥で、あまり保護したいという
気持ちがおきなかった。(不謹慎な発言)
まだまだ見るべきところはあるのだろうが時間が無く、
来た時よりも更に荒れている海を大揺れに揺れながら
新潟市までもどり、同行スタッフと古町の居酒屋で
佐渡の観光客を呼び戻す為の方策をあれこれ検討しながら一杯。
金山とトキに頼っているだけではだめでしょう。

8月某日
新潟から日本海に沿って秋田。秋田から新幹線で盛岡。
盛岡からまた新幹線で仙台。各地の県庁をはしごして
10月に開催する「中心市街地活性化フォーラム」の開催市町村の選定。
仙台では、「TMO支援ゼミナール実践コース」を開催。
久々にTOMネット東北会のメンバーと楽しい酒。
今週もやはり旅と酒の日々だった。


次回へつづく・・・