8月某日
仙台でTOMネット会員交流会。
福島、山形フォーラムの出演者、裏方等の役割分担について話し合い。
東北の事はなるべく東北でという考え方で、講師は、私とど派手な
イベントプロデューサー以外は、東北会会員及び開催地の関係者から
お願いする事になった。懇親会は、今はやりの昭和レトロをテーマとした居酒屋。
天井高1.5メートル位の中二階、12名定員というようなところに16名が
詰め込まれ、閉所恐怖症気味で、新幹線の席も窓側よりも通路側を選ぶ私としては、
1時間が我慢の限界で、皆を残して即撤退。


8月某日
金沢へ飛行機で日帰り。10月2日に開催する石川フォーラムの後援依頼に県庁訪問。
4年前に始めてフォーラムを開催した時には、まだ、TOMネットはNPOの認証直前で、
県の担当の方に怪しい団体と思われたらしく、ついに最後まで後援していただけなかった
思い出の県。空港まで石川県在住会員(タウンマネージャー、まちづくり会社を運営
している人)に迎えに来ていただいて、関係先をひとまわりするが、すでに根回しを
していただいており、午前中であっというまに予定終了。この石川県会員さんとは
3年前にTOMネット米国調査団で一緒に西海岸とカナダのまちづくり組織を訪問した間柄。
昼食をとりながら、当時の思い出話をしたが、二人ともステーキの旨かった
レストランのことしか覚えておらず(なさけない)、同行した「ビール命の研究員」は
あきれ返っていたようだ。帰りの飛行機まで時間があるので、金沢は初めてという研究員に
武家屋敷を見せてあげようと酷暑の街なかへ。
若干(不死身の幹事長曰くは極度の)方向音痴の私はやはり道を間違え、
あわや熱射病寸前でかろうじて武家屋敷に到着。
そうそうに切り上げ空港ラウンジのビール方面へ急ぐ。


8月某日
福島県原町市の基本計画策定部会と商店街まちづくり勉強会のダブルヘッダー。
上野からの特急3時間はあまりにも長い。列車好きの人もたいへん多いと聞いているが、
私は新幹線で3時間以内、特急で2時間以内、在来線で1時間以内が快適さの目安。
ちなみに飛行機のビジネスクラスなら何時間でも大丈夫。しょうがないので、
本日の勉強会用のパソコンスライドをひたすら作成。途中でめまいがしてきた。
勉強会は、専門者会員4名によるメドレーリレー方式。商店街の皆さん方は誰も
居眠りする人もなく、たいへん熱心に聴いていただき、我々もつい力が入って時間オーバー。
そのせいで、宴会始まりはやはり10時近くなり、開いていたホテル向かいの
小料理屋さんのメニューはほとんど売り切れ。不死身の幹事長が駅の向こうまで
酒とつまみを買出しに行き、わびしいホテル二次会。


8月某日
秋田県横手市のまちづくり手法について、市長さんにご説明する事になり、
TOMネットの横手担当チームが半月以上かけて準備し、こまちで大曲に集合、
在来線に乗り換えて横手市役所へ。途中で大問題発生。
すべての説明用資料を持ってくるはずのM会員が、新幹線発車時刻を過ぎたころに、
まだ布団の中にいる事が判明。幸い、資料原本を持っているメンバーがいたので、
市役所のご担当の方に連絡し、資料のカラーコピーのスタンバイをお願い。
到着後、泥縄の資料整理。何とか間に合った。市長さんや、助役さんには二時間以上に
渡って熱心に聴いて頂き、今後の横手市の顔作りに少しでも参考にしてもらえそうだ。
実は前日、私が持って歩いているスライド用パソコンも重いのでM会員に
持ってきてもらう事を考えていたが、自分で持ってきてよかったと冷や汗。
秋田から飛行機で札幌へ向かう私と新幹線で東京へもどる3名の会員は別れがたく、
大曲で明るいうちからやっている居酒屋を探索。まだ四時だというのにすでに先客の
いる店を発見。すぐに大曲名物花火ラーメンを食べると言い出す不死身の幹事長を
なだめながら、じゅんさい、比内鳥などで地酒を満喫。

以下、私も夏休みに入りますので、8月前半はこれまで・・・


次回へつづく・・・