「何故ビールを飲む話ばかり書くのか?もっと勉強になる話を書けないのか?」
と怒っている人が多いと思うので、ここで言い訳。
あまり具体的なまちづくり情報を書くと、関係者から苦情がでることが多い。
特に行政関係から、「それは機密事項だ!」とか「町のイメージが損なわれる!」
というような理由。したがって、差しさわりの無い話か、ビールの話になってしまうのは
やむを得ないと理解してください。本音の話は各地で開いている「TMO塾」か地方へ
出向いて開催する「地域相談会」でこっそり話します。


8月某日
夏休みのゴルフで久々の80台を出し(ちなみに私のハンディは23、不死身の幹事長の
ハンディは「いっぱい」)気分よく後半戦へ。酷暑の名古屋。4年ぶりの中部経済産業局訪問。
石川県フォーラムの打ち合わせついでに雑談。
「6月にTOMネット大阪会が設立されましたが、名古屋地方は、当然東京会管轄ではなく
大阪会ですよね。」「いいえ、どちらにもなじまないので、TOMネット中部会が
必要では?」との事。そうすると、四国会とか中国会とか沖縄会とかなってきて、
もう対応できなくなりそう。しばらくは、現在の五地区体制しかない。せっかく久々の
名古屋なのに東京へとんぼ返りしなければならないのでせめて少しは名古屋の
うまいものでビールをと思い、「ビール命の研究員」と駅の食堂へ。
名古屋といえば「えびふりゃー」か「味噌煮込みうどん」(もっといろいろあると思うが
今は思いつきません)しか知らず、食堂のおばさんの勧めで「手羽先」と
「えびしんじょう」を発注。感想なし。

8月某日
ど派手なイベントプロデューサーの紹介で、日本ショッピングセンター協会の専務さんに面談。
郊外の大型ショッピングセンターと中心市街地商店街とは天敵関係と思っていたが、
国の方針「中心市街地をひとつのショッピングモールに見立てて・・・」ということもあってか、
TMOとの連携や中心市街地のテナントミックス支援ということをお考えということで、
今後、一緒に活動させていただく場面もありそう。


8月某日

今年度初の「TMO塾」を東京、仙台で連荘で開催。
講師は、TOMネット新会員の松下電工のVR(バーチャルリアリティ)担当部長さん。
CGを駆使したまちづくり計画の勉強会は、以前にも行なったが、松下さんの部長さんが、
中心市街地活性化についてたいへん詳しいのには失礼ながら驚いた。
問題は製作コストとそれに対する計画費補助制度でしょう。
これまた東京、仙台連荘の「意見交換会」に両方参加したスタッフと講師の皆さん方は
ややげっそりやつれて見えた。


8月某日
埼玉県白岡町(初登場です)地域相談会。駅周辺の広大な活性化地区を区画整理で進めるか、
街路事業か再開発かの難しい選択。決めるのはもちろん行政、地権者になるが、
事業化のスピードを選ぶか、時間がかかっても理想を求めるかが手法選択の基準。
地権者でもある熱心な議員さんがいるのできっとうまくいくでしょう。
それにしても再開発手法のイメージが悪いのは何故だろうか。
自分の土地に執着するということはわかるが、自分の土地に自分の再開発建物
という手法もある。それなのに東京の再開発ビルのイメージが強く土地共有、建物区分所有
しかないと思い込んでいる方が多すぎる。近いうちの再訪問をお約束して久々の東京事務所へ。


8月某日
群馬県館林市へ在来線を延々と乗り継いで向かった。
途中見た事のある風景だと思ったら昨日訪問した白岡町だった。
同じ沿線ならば昨日戻らずに白岡町でビールでも飲んで泊まればよかったかと
マイナー思考になるくらい在来線の移動は長い。ここに栃木県西那須野町関係者が大集合して
某量販店本社を訪問。西那須野の中心市街地を地元と一緒に活性化させましょうとのお願い。
それにしても西那須野町の役場、商工会、地権者のチームワークはすごい。
このパワーがあれば活性化事業の実現は確実だなと同行スタッフと話しながら再び
在来線だらだら移動で事務所へ戻ろうと思ったが、途中赤羽で我慢できずに駅前居酒屋、
ビール一気飲みに突入。


8月某日
「TMO塾」北海道会場。今回はTOMネット理事がお手伝いした室蘭市の活性化事業について
組合の理事長さんにきてもらっての勉強会。この事業は、新日鉄の遊休地を活用して市民会館と
共同店舗を「優良建築物整備事業」という手法でつくり上げたお話。
先日NHKのまちづくり番組にも取り上げられたほどの成功事例。室蘭市のいわゆる
中心市街地区域に入れてもらえず、活性化法のリノベーション補助金等を使わない中での
事業化だが、話を聞くと成功のポイントは理事長を始めとした組合員のまちづくりに賭ける気迫と
それに応えたキーテナントスーパーの社長の熱意のようだ。
やはりまちづくりは「人」なのだと強く思った。札幌の夏は寒かった。


次回へつづく・・・