9月某日
福島県原町市訪問。二回目のまちづくりワークショップ。
商店街勉強会やまちづくり会社の役員さんとの意見交換も行った上でのワークショップだが、
いまひとつ盛り上がらないような気がする。中心市街地の活性化に最も有効なのは、
地元の消費者を郊外型の大型店と引っ張り合う事よりも、交流人口を増やす「観光」に
目を向けるべきだと思うが、後ろ向きの発言が多い。「観光」という言葉は団体観光バスに
乗った人たちが添乗員の旗に先導されて名所旧跡巡りをして、温泉、刺身舟盛り&陶板焼き、
二次会カラオケ、おみやげは温泉饅頭というようなイメージだったが、
今や、ファミリーもしくはカップル、滞在、体験、地元とのふれあいというようなイメージに
変わってきている。特に原町は相馬野馬追という千年以上の歴史を持つ(重要無形民俗
文化財だそうです)たいへん有名な集客力の高いイベントがある。
また、まちの所々に蔵もたくさん残っており、これらを再構築して街なかへの観光客誘致を
是非検討してもらいたい。手法はいくらでもある。三回目のワークショップの前に、
地区ごとに商店街勉強会を開催し、活性化事業の実現についてじっくり話をすることになった。
ワークショップ終了後、市役所の担当の方に教えてもらった居酒屋は満員で入れず、
開いている赤ちょうちんを求めて背広姿のおじさんたち(二名のお姉さんを含む)が
ぞろぞろと深夜の暗い道を歩く姿に、地元の酔客はあわてて道を空けてくれた。

9月某日
今日は、中心市街地活性化研究会でまじめにお勉強。日本のTMOのモデルである
アメリカのBIDについて研究中。最大の違いが活動費の財源。
アメリカでは州の法律で中心市街地で何らかの収益事業(商店、事業所、アパート経営等)を
行っている人から税として活動費を徴収しているが日本では、補助金が財源となっている。
しかし、TMOのスタッフ人件費等は補助の対象となっておらず資本金を食い潰している
TMOが少なくない。小泉さんの三位一体議論が盛んだが、直接TMOに財源を交付し、
使い道は地域で議論して決めるというような大胆な改革をしなければ、
TMOという組織そのものがジリ貧になってしまいそうな気がする。日本にBIDを導入するための
諸問題を整理しているうちにあっという間に3時間。過熱した頭を急いでビールで
冷やすために不死身の幹事長、ギリー理事、酒豪のお姉さん会員と共に新橋の居酒屋へ走る。

9月某日
前日の新橋宴会で飲みすぎ、頭を抱えながら新潟行きの「とき」に乗り込んだ私と幹事長だったが、
佐渡に同行するはずの「ビール命の研究員」と「一生単身赴任会員」が来ていない。
電話で研究員に確認したところ、佐渡へ渡るジェットホイルの時間が変更になり、
一本あとの新幹線に乗れば丁度いいことがわかったのでそうしたとの事。
「なぜ、連絡をくれないんだ!」とスタッフに怒りまくる幹事長をなだめるために
駅前のラーメン屋へ。かん水の変わりに柿のしぶを使ったラーメンだそうで
(幹事長情報)すぐにご機嫌回復。
両津市TMO構想策定部会、市商工会合同打ち合わせ会、商店街まちづくり勉強会と
トリプルヘッダー。TOMネット東北会のCG(コンピューターグラフィック)専門の会員が
ボランティアで作ってくれた基本計画の動画を見てもらいながら議論。
原町と同じように「観光」をテーマとして話を進めるが、やはり消極的に見える。
佐渡は間違いなく観光で活性化させるしかないし、それだけの資源を山ほどもっているのに
何故だろうか。TOMネットの観光に関係するメンバーを集結して新しい佐渡の活性化案を
提案したい。NHKでやっていた「鼓童」の活動は興味深かった。

9月某日
再開発コーディネーター協会の視察会で不死身の幹事長と共に札幌へ。
長い間工事中だった札幌駅が「JRタワー」として完成。既存の百貨店、地下街に加えて
壮大な商業集積が完成。すでに北海道中からJRで買い物客が集まってきているそうで、
JRとしては狙い通りでしょうが、これでますます北海道は札幌一極集中となり地方都市の
中心市街地はどうなってしまうのか心配。
翌日のゴルフコンペでは不死身の幹事長が大健闘、BM賞を脱して栄えあるBB賞だった。


次回へつづく・・・