9月某日
10月に「第5回まちづくり組織調査団」でアメリカに行くので、その前に集中的に
仕事をかたづけなければならず、体力勝負のスケジュール開始。
秋田県鹿角市訪問。北花輪地区まちづくり協議会の勉強会。TMO予定者の皆さんも
参加してオール鹿角のまちづくりが動き出す。駅前地区の皆さんも、基本計画に基づいて
商店街振興組合を設立。よく合意形成ができたものだと感心する。
こちらの勉強会も10月末に予約が入る。協議会の皆さんと居酒屋懇親会をたっぷり。

9月某日
西那須野駅周辺まちづくり説明会。町長さん、助役さん、商工会長さん等々、
町の偉い人が全員集合しての説明会。過激な意見も飛び交い仕切り直しになったが、
町のトップが現場に入るという姿勢に感動。ホテルがとれず、駅裏の古い和風旅館
のようなところに何とかもぐり込めたが、生きているのが嫌になりそうな部屋で
(旅館の方ごめんなさい。)夜が明けるのももどかしく、旅館の人をたたき起こして、
朝一新幹線で帰京。そういえば、同行した「ギリー理事」を置いてきたけれど大丈夫だろうか。

9月某日
忙しいと言いながら、肌寒い札幌でゴルフ。不死身の幹事長を笑えない109点。
前回は89点なのでその差は20点。早い話が下手なのだ。
札幌から秋田空港経由で横手市へ。先月、市長さんに説明した駅周辺の活性化計画を
今度は、TMOであるまちづくり会社の役員さんたちに説明。いつも言われる
「そんなにうまい話があるんですか?」との発言が相次ぐが、あるんだからしょうがない。
国土交通省関連の活性化施策情報が、市の商工関連の部署や、商工会議所等に
入りづらく、逆に、経済産業省関連の施策情報は市の都市計画や建築部門に入りづらい
という結果でしょう。前回、寝過ごして、来れなかったM会員(10月からTOMネットの
正職員になります)は、今度は大曲へ向かう在来線で熟睡し、新幹線に乗り換え
損ねそうになって苦笑いしながら登場。こういう人が間違って新幹線の運転手になると
駅を飛ばしてしまう人になるのでしょうね。
翌日は福島フォーラムなので福島泊まり。M会員と二人きりの地味な宴会。
久々に早めの就寝。

9月某日
TOMネット東北会による「ソフトを活かしたまちづくりフォーラムinふくしま」。
仙台のまちづくりを実践している方や、原町市役所のワークショップの達人等による
パネルディスカッションは、新鮮で興味深かった。仙台から集結した東北会の会長さん
(弁護士さんです)を始めとするたくさんの会員による打ち上げは、駅構内の居酒屋。
例によって店の酒を飲みつくしそうなみんなを残し、一足早く東京へ一瞬戻る。
何せ今夜戻らないとしばらく旅の連続で着替えもなくなってしまう。
でも考えてみると明日も福島県(原町市)なのだ。

9月某日
原町市商店街勉強会、昼夜ダブルヘッダー。またまた「そんなうまい話・・・」
発言が相次いだが、「今度は、もっとたくさんの人を集めるので、もっと詳しく、
もっとわかりやすく、もっと丁寧に勉強会をして下さい」ともっとの四乗の
要請を受けてしまった。9時過ぎ終了、念願の市のご担当推薦居酒屋へ。
(前回は混んでいて入れなかった)さすがに居心地の良さそうな伝統的な
正しい居酒屋だが、壁に貼ってあるお薦めメニューに「生馬刺し」と大書してあり、
一瞬、馬の活き作りというような連想をしてしまったが、もちろんそんな事が
あるわけはないのだ。不死身の幹事長は、山盛りのにんにくのすりおろしを
馬刺しにのせてむさぼるように食べつくしている。この人に明日の仕事はない
のだろうかと余計な心配をしてしまうほど、すでににんにくの臭いにまみれている。
原町にも良い店があってよかった。

10月某日
「中心市街地活性化フォーラムin金沢」開催。私事ながら、石川県は、
私の祖父、祖母の出身地であり、4年前のTOMネットの設立年度にも
「まちづくりフォーラム」を開催しており、今回が二度目。四年前は、
活性化法ができて間もなく、参加者も少なかったが、今回は、会場一杯の
参加者となった。石川県在住の専門者会員もパネルディスカッションに加わり、
熱気のあるフォーラムとなった。悩みは、やはりTMOの収益事業。維持管理費
の捻出に皆苦労しているようだ。金沢市のリノベーション補助金を活用した
テナントビルがうらやましい。我々が現地へ出向いて開催する「地域相談会」の
要請もたくさんあり、ズワイガニがおいしくなる冬場に対応しようときっぱりと決意
(動機不純)。TOMネット東京会、東北会からサポーターが続々集結。
明日の富山まちづくり視察会も含めてわいわいと楽しくなりそう。
昼食に刺身定食を3分で完食した不死身の幹事長に、同じものを食べていた
別の会員が「これはソースだ!」と醤油皿を指差す。「そんな馬鹿な!」と
食べ終わった醤油皿の臭いをかぐ幹事長。「本当にソースだ。わさびを入れていたので
わからなかった。」とばつの悪そうな表情。ふだん、食通を自負し、全国のラーメン店の
批評等を書いている幹事長だが、味音痴が露見。この夜の打ち上げは、
金沢の旨い魚になかなかたどりつかず、居酒屋三軒をはしご。
私は腹いっぱいでもう酒も入らなくなりホテルへもどったが、幹事長はさらにラーメン屋を
求めて片町あたりを徘徊、ラーメンをくわえたまま居眠りをしていたようだ。

10月某日
まちづくり富山(TMO)を訪問。たくさんの活性化事業に取り組んでおり、
特にチャレンジショップの成功は目覚しい。多くの若い人が、チャレンジショップで
商売の仕方を学び、独立開業、商店街の空き店舗が解消されている。他にも大道芸人の
オーディション等さまざまなイベントも次々と成功させている。
専従職員8名中、6名が地元大企業からの出向者とのこと。社会貢献、地域貢献という
考え方で優秀な社員を出向させる企業がこんな時期にもあることに敬服。
この人材が、TMO事業の成功に結びついているのだと納得。
今夜も富山名物白海老の刺身を求めて居酒屋巡り。幹事長が客引きのおじさんから
「魚の旨い店」情報を収集し、零細旅行代理店の添乗員のように、私も含めた会員7名を
案内した店は、外の看板に「割ポー」と出ている店。「ポー」がいかにも怪しくためらう
面々を無視してずんずん入っていってしまう幹事長。メニューを見た瞬間、声の出ない会員。
ピザ、カツ丼、幕の内弁当というようなメニュー。これが「割ポー」のようだ。やむを得ず、
唯一北陸らしい「カニ味噌」を発見し、ビールと共に発注。出てきたものは、くずのような
カニの身がわずかに入った(ように見える)味噌だった。味噌汁の味噌である。
ビール一杯づつで即退散。最後にようやく白海老、と正しいかに味噌のある良い店を発見。
残念ながらカニは売り切れ。明後日からの訪米前にカニを食べたかった。悲しい。
気持ちを切り替え、ジャズライブの店で気分治し。もう夜も明けようかという頃、
ついに幹事長にくどかれ「夜明けのラーメン」。

次回は、米国南部のまちづくり組織調査団報告をしたいと思います。
「どうせ、ビールとバーボンとロブスターの話ばかりだろう!」と決め付けずに期待してください。


次回へつづく・・・