一日目
今年で5回目の「海外まちづくり組織調査団」は、米国南部。
同行スタッフと二人で、本体よりも1日早くヒューストンに到着。ピカピカと稲光の中の着陸で、
イヤな予感で始まる。空港のそばのシェラトンホテルを予約しているが、近すぎてタクシーは
乗車拒否。地図を見ると1.5キロ位の距離で歩けないこともないが、夜の10時過ぎで、雷雨、
大きなトランクという三重苦では無理。空港のインフォメーションのオジサンに相談すると「ホテ
ルに電話すると迎いに来てくれるよ。」と言っているような気がする。(拙い語学力につき、ヒアリン
グ理解力は40%、スピーチは50%位なので会話の部分はかなりいいかげん。以下そのつもり
でお読み下さい。)公衆電話からホテルに電話すると(電話になるとヒアリング理解力は25%にダ
ウン)「5分で行くからC出口で待つように。」との事。トランクをガラガラとC玄関を探してウロウロ。
やっと見つけて、待つ事15分、それらしき車は全く現れない。そばにいた、空港職員らしきオジサン
に確認すると、「ホテルの車を待つんなら、ここじゃなく、下の階だよ」との事。再びガラガラとエスカ
レーターで降りて、もう一度、ホテルに電話。「どんな車で来るの?」「白と黒の二色の車だよ」という
ようなシンプルな会話。パトカーみたいな車だろうか。さらに待つ事15分、確かに様々なホテルの名
前を書いた車が次々とくるが、白黒の車は一向に現れない。あきらめてタクシーに100ドル札でほっ
ぺたを引っぱたいて無理やり乗ろうかと思っているとようやく白地に一部に黒いマーク有りというような
小型バスが登場。確かにシェラトンのマーク。やっとホテルに到着。
名前はシェラトンだが、田舎のビジネスホテルのような雰囲気。部屋に入ると大きなダブルベッド。我々
にそんな趣味は無いが、アメリカでは男二人で同じ部屋に泊まるとほとんどその道の人に見られる。
おじさん二人のダブルベッドは耐えられないのでフロントに電話、ツインルームに換えてもらい、唯一
開いているスポーツパブで初ディナー。メニューは、ハンバーガーとサンドイッチのみなので、ざぶとん
を重ねたようなチーズバーガーとバドワイザーでわびしい乾杯。

二日目
本体が到着するのが、午後三時過ぎなので、ヒューストンで有名な「ガレリアショッピングセンター」を
見学に行く事にする。ついでに近くにできた新しいオープンモール型のショッピングセンターの写真撮影
をする。「ガレリア」のガラスのアトリウムモールはいかにも安普請だが、自然光を取り入れて、雨風を
しのぐという目的を達成するにはこれで十分なのだ。アゴヒゲの建築家に写真を見せて、東北地区の
活性化交流施設に盛り込まれている室内公園の参考にしてもらおう。
空港で本体(といっても4名、総勢6名の調査団)と合流。TOMネット北海道会の会長(弁護士さん)夫妻、
九州会の会長(童顔の建築家)、東北会のジャズ大好き会員、そして我々二名という構成。小さな飛行機
に乗って、最初の公式訪問地、サンアントニオ市へ。
空港へ迎いにきてくれた、ガイド兼通訳の明るいオバサンに案内され、ホテルにチェックイン。サンアントニオ
はとにかく治安が悪く、若者による「ドライブシューティング」(車から通行人を狙撃するという恐ろしいゲーム
らしい)が続発しており、ホテルからは徒歩では一歩も出歩かない様にと散々脅かされ、毎朝のジョギングを
日課としている弁護士会長はイライラ。一応、四ツ星ホテルらしいが、デザインがメキシコ(スペイン?)風で
アメリカ型のギラギラホテルに比べるとややみすぼらしく見え、何よりも立地が悪い。中心市街地から
タクシー10分という寂しいところ。
もう夜なので、まずはダウンタウンのスペアリブ専門店で結団式・・・といってもビールで乾杯するだけだが。
今回の視察目的であるリバーウォークという川を活用した商業集積は噂どおりすばらしい。ここだけは、
自転車やボートに乗ったお巡りさんが、至るところにおり、治安は完璧。「ここをジョギングしてみたい」と
弁護士会長。マリアッチを聞きながら、屋外テラスでのディナーは十分満足だった。
隣接のヨーロッパタイプのいかにも由緒正しいという感じのホテルへ移動、これも歴史を感じさせるバーで
二次会。混んでいるので、各自カウンターへ行ってバーテンに好みのカクテルを注文、自力でテーブルへ
持ち帰るという、マクドナルド方式。私は、流暢な英語で「テキーラをストレートで」と渋くオーダー。
バーテンが差し出したのは何故か三杯のテキーラ。「テキーラ ストレート」を「テキーラ スリー」と聞き間
違えたようだ。南部訛りのきついところなので、私のトラディショナルイングリッシュは通じにくいのかと
あきらめて、三杯分の代金を払い、笑いを噛み殺している童顔の建築家とジャズ大好き会員にお裾分け。
「明日から、どうしてもこのホテルに泊まる」という弁護士会長は、すぐに、明日からの二泊を予約。
その旨を国際電話で日本の旅行代理店に連絡。さすがにすばやい決断。ふんぎりの悪いその他の
四人は、そのまま同じホテルで我慢する事に。

三日目
本日は、フリータイム。ホテル移動の弁護士会長夫妻と行動を別にして、四人は、日本でも話題の
「クオーリーマーケット」を視察。セメント工場だったところを再開発し、新しい街並みをつくると言う
コンセプトのオープンモール。スーパーマーケット、シネコン、フィットネスクラブ、各種専門店等が、
巨大なアウトドア駐車場を取り囲むように様々なデザインで立ち並ぶ。工場だった時の大きな煙突を
シンボルとして残し、ここだけであらゆる物を買い、食事をし、エンターテイメントを楽しむ事ができるように
なっている。ただ、あまりに広すぎて、店から店への移動は車を使う事になりそうだ。建物もいかにも
ローコストでアウトレットのようだ。これでは、ダウンタウンのリバーウォークをおびやかすことにはなら
ないだろう。
車の無い我々はそれぞれ、てくてくと徒歩視察。私の横に大きな車が止まり、ブルースウィリスが化粧を
したような顔のオジサンが「ヘイ ボーイ」とウインク。これってナンパ?そんな趣味はないよと言いた
かったが、語学力が伴わず、無視して近くの本屋へ入店。ボーイはないだろうと腹が立つ。
弁護士会長夫妻と合流、ボートで川下り。ボートの案内人がさかんにジョークを言って観光客を笑わせるが、
ほとんど聞き取れない約6名は作り笑いを浮かべる怪しい東洋人となリ、ひたすらデジカメモード。
降りるときにガイドにチップを渡してる人が多いので、ジョークはわからなかったが、太っ腹の日本人を
演出するために2ドル。ランチはメキシカンレストランでタコスとコロナビールとフローズンマルガリータ。
ちなみにディナーは、たった3日目というのに、もう和食が懐かしく、ジャパニーズレストランを探して、
リバーウォークを延々と歩き回るが見つからず、やむを得ず唯一見つかったチャイニーズレストランへ乱入。
とりあえず、麻婆豆腐と餃子を発注。わがままな日本人は、麻婆豆腐ができるのなら冷奴もできるだろうと
ウエイトレスのお姉さんに食下がり、断られている。それでもめげずに、メニューにはないラーメンを強引に
作らせる。紹興酒をボトルで燗して二本、ビール、ワインも多数で満足。二次会は、昨日と同じホテルのバー。
さかんに「テキーラ ストレート」にしろと勧めるスタッフの期待に応えずウォッカマティーニ。

四日目
サンアントニオ市役所を公式訪問。
国際交流部長のエリザベス女史にリバーウォークの開発経過を聞く。治水事業をそれだけに
終わらせず、文字通り観光客を歩いて楽しませる見事な商業ゾーンに作り変えたのは、アメリカの
他の都市とは違って、BIDやNPOではなく、市の全面的な努力のようだ。ただ、このリバーウォーク地区だけ
の一人勝ちで、周辺のダウンタウンは、空き店舗だらけでスラム化一歩手前のように見えるので
そこを質問すると、困ったときのアメリカ人の決まり文句「良い質問です」。将来、周辺で民間が
デベロッパーとして新たなショッピングモールの計画があるとの事だが、あやしい。それにしても、
この川を活用したダウンタウンの活性化は見事。TOMネット九州会で相談会を行った、熊本県の
宇土市にも良い川があって、リバーウォークの日本版ができればよいと考えていたら、何と
サンアントニオ市は熊本市と姉妹提携しているそうだ。それならば、熊本県を通じて、川の開発ノウハウと
商業施設の開発、運営ノウハウを提供してもらうように要請する事も可能なのではなかろうか。
エリザベス部長から市の紋章の入った記念品を頂き、こちらも日本から用意してきたお土産を
手渡そうとすると、「ホテルに忘れてきました」と頭をかくスタッフ。後でお届けする事をお約束してお別れ。
次に、リバーウォークの運営ご担当のリンカーンさんに案内してもらって市のボートで見学。
リンカーンさんは、大学で植物学を学んできた方で、川辺の植栽や、環境対策を行っている。
この仕事に誇りを持ってあたっている事が伝わってきてすがすがしかった。リバーウォークの詳しい
内容については、TMO塾でスライドを使って行いますのでご参加下さい。
午後から、15ドルでできるゴルフ場へ向かう3名と美術館へ向かう弁護士会長夫妻と別れ、
歩きすぎ腰痛の私は、ホテルで休息。今日は、弁護士会長による旅行代理店との交渉で、
全員が例のあこがれのホテルに泊まる事ができているのだ。私もゴルフをしたかったが、
ニューオリンズで本格的にやる予定なので、今日は我慢。ディナー前にバーへ行くとすでに
ゴルフチームは到着。午後から雨に降られたようだが、無事ホールアウト、スコアも皆良かったようだ。
今日こそ和食と、通訳さんに調べてもらって「すし ずし」というダウンタウンの少しあやしい
寿司屋へ向かう。従業員も客も全員アメリカ人。刺身も焼き鳥も、アボガドを巻いた
カリフォルニアロールもまあまあだが、ジャズ大好き会員は、どうしても焼き魚を食べたいと
全員の語学力を結集してお願いするが、出てくるものはサーモンの握り。焼き鳥ができるのだから、
できないはずはないと、再度チャレンジ。「オンリー ロースト サーモン プリーズ」と手振りも交えて発注。
「オー アイ シー」と従業員が自信を持って差し出したものは、サーモンの表面をあぶっただけのもの
(かつおのたたきのサーモン版)。ジャズ大好き会員もギブアップ。
今夜は、私の誕生日。新しくできたデザイナーズホテルのバーで皆がお祝いしてくれた。
                                                                    
続く



次回へつづく・・・