五日目
川を活用して見事にダウンタウンの活性化に成功したサンアントニオ市にお別れして、
再びヒューストン経由でニューオリンズ市へ。
予算の関係でここには、お迎えのガイドも来ていないので、自力でホテルまで行かなければならない。
丁度、マイクロソフト社の大コンベンションが開催されており、あまり良いホテルが予約できず
ホリディインホテル(関係者ゴメンナサイ)へ3泊の予定。市内には、ホリディインがいくつもあるそうで、
タクシーの運転手に住所を見せながら、何とか到着。まだ新しそうで、
想像していたよりも良さそうなホテルだが、何と部屋には窓がない。
高所&閉所恐怖症ぎみの私としては、かなり問題だが、今夜からはジャズで
有名なニューオリンズなので寝るまで飲んでいれば良いかと思っていると、さらに致命的な事が判明。
このホテルには、バー、レストランが一切無いのだ。朝食時のみ会議室のような所が
開放されるがそれ意外はコーヒーを飲む所も無い。寝酒はどうなるのか?
また、旅行代理店と交渉してホテルの変更を考えようかと思っていると、
私以外のメンバーの部屋はちゃんと窓があり、居心地も良いとの事。
私だけが我慢すればとそのままチェックイン。
本日のディナーは、協議の結果オイスターバー。旅行ガイドブックで十分に
レストランの検討をしていた弁護士会長の先導で一見古ぼけたオイスターバーに到着。
中に入ると目つきの良くないアメリカ人がカウンターで生牡蠣を食べているが、
椅子席の客はまばら。サンアントニオで南部の治安の悪さを散々聞いてきている
日本人はすぐさまUターン。近くにあった、いかにも、高級、上品、値段も高そうなシーフードレストランへ。
やはり、客も従業員も格調高く、ジャズライブの前の軽い腹ごしらえという風情で生牡蠣をつまみに
白ワインを飲んでいる。さっきのきたないオイスターバーにも惹かれるものがあったが、
皆で背筋を伸ばしてメニューを熟読。2ダースの生牡蠣、鯰やザリガニのフライ等を
つまみにビールとワイン。弁護士会長が、これもガイドブックから見つけたニューオリンズの
名物料理、「ガンボ」を発注。泥水のようなシチューが到着、回し飲み。高級レストランなのに、
段々日本の居酒屋TOMネット宴会という雰囲気になりつつある。「ガンボ」は見かけと違い、
カニ味噌をベースに海老等のシーフードを煮込んだというような奥の深い味で皆お気に入り。
(後で、カニ味噌とは関係ない、ニンニクとカレー粉がベースの料理と判明)
店は、8時を過ぎて客で溢れ、立ったままワインを飲んでいる客も多数。
ウエイターが明らかにそろそろ帰ってほしいという雰囲気で食べ終わるそばから皿を下げていくが、
そんな事でめげるトムラーではなく、「ワン ワン ワン」というドッグフードの名前のような
シチュー3点盛り(再びガンボも登場)を追加発注。
テレビモニター(ほとんどのレストラン、バーに設置されている)に映されるワールドシリーズ中継で、
松井の打席が終わるまで粘り続けるのだった。
下地もできて、いよいよニューオリンズの中心地バーボンストリートへ。
ほとんど夜の歌舞伎町状態の人込み。ここは、デキシーランドジャズの発祥地で、第一次世界大戦の頃、
主要なジャズメンがシカゴ、ニューヨークへ流出してしまったが、1970年代頃から観光ジャズとして再興、
それまで民家の裏庭で細々と行われていたジャズフェスティバルも今では、数千人の
アーティストが集まるイベントとなった。さらに、昼の観光施設としてアイマックスシアター、
ミシシッピークルーズ、水族館、動物園等が次々と開設され、交流人口は劇的に増加し、
ダウンタウンは隆盛を極めているようだ。
5ドル位の飲み物を注文するだけでジャズやブルースのライブを聴いて歩けるのだから、
当然、延々と店をハシゴすることになる。おそらく一晩で3キロや4キロは歩いていると思う。
街の中を歩いてもらう仕組みをつくるのが中心市街地の活性化と主張しているTOMネットだが、
サンアントニオの川の景観を利用して歩く仕組みをつくる例とニューオリンズのライブ活用による
歩く仕組みは必ず、日本でも応用できると思う。
ライブクラブを3〜4軒ハシゴした後、更にブルースを聞きに行くという4名と別れ、
同行スタッフとともにカジノへ。
日本では競馬もパチンコもしない私だが、カジノは大好き。ラスベガス訪問は数知れず
(といっても5回位です)、モナコ、ニース、ベルン、マカオ、ソウル、ゴールドコースト、ミネアポリス、
バンクーバー等思い出すだけでも色々な国のカジノへ行っている。
カジノ好きといっても大金を賭けるわけではなく、ディーラーや周りの客とのコミュニケーションを
楽しむという健全なタイプ。(マカオとソウルだけはほとんどコミュニケーション無しの鉄火場型なので
二度と行かない)。ここのカジノは、ブラックジャクのディーラーと客が何故か一緒に
「YMCA」を歌いながらゲームをしているというアットホーム型でなかなかよろしい。
余談になるが、アメリカへ来る直前、富山市視察会があり、TOMネット会員が全国から集結して
朝まで飲み明かしたという話を以前書いたが、その時にカジノの話になり、多くの人から千円札を預かり、
私が遊ぶルーレットの一投目にそれぞれの希望の数字に賭けることになっていた。当たると35倍になり、
3万5千円を持ち帰るという仕組み。(これは法的に問題ないでしょうね。
あくまでもお遊びですから、当局の人深く考えないで下さい)。
チップに両替し、同行スタッフとともに、メモを見ながら10ドルづつあちこちににチップを積み上げると、
「遊び方の知らない小金持ちの東洋人がおかしな賭けかたをしているな」という視線が、
ディーラーや周りの客から一斉に注がれる。霊感の強い、活性化法研究会の女性座長が、
「4と9に賭けて下さい。絶対きますから。」と言っていたのを思い出し、我々も4と9に自分の分を賭ける。
結果は全員ハズレ。「ヤッパリネ」という雰囲気の中、今度は自分のペースで急に小額ずつ賭けだした
我々に周りの客とディーラーはますます困惑の様子。しかし、二度目にして「9」がヒット。
女性座長の霊感(タイミングはずれたが)のおかげで、軍資金の調達に成功。
ホテルに戻るとジャズ大好き会員と童顔の建築家とばったり。
ホテルの隣に女性のバーテンがひとりでやっている、居心地の良さそうなバーを発見していたので、
ニューオリンズ初日の打ち上げ。明日は、晴れるとゴルフの予定だが、天気予報は雨。
月に5日しか雨が降らないという時期なのだが、その5日がまとめてきたようだ。

六日目
やはり、大雨。あきらめきれず、雨の中でもゴルフをやりたいというジャズ大好き会員を
なだめて仕事(ショッピングセンターの視察)をすることに。
皆は、サンアントニオでゴルフをしているが、ニューオリンズに期待して予選ラウンドを欠場していた私は、
結局、日本から持ってきたシューズ等を一度も使うことなく、むなしく持ち帰る事になった。
気象責任者に出てきてほしい。
まずは傘を買って観光型ショッピングセンターへ向かう。雨の中の午前中なのでさすがに
人出は少ないが、夜は、ジャズに釣られて街中を歩いていると自然にここに行き当たり、
ほろ酔いでお土産などを買い込んでしまうのだろうなあ。表へ出るとすぐそこはミシシッピー川。
しかしやっぱり雨に煙っており残念そうなジャズ大好き会員。
次は、銀座にも進出するという「サックス フィフス アベニュー」が核となったグレードの高い
ショッピングモール。ほとんどすべての高級ブランドショップが揃っているが、
観光客を対象としているのだろうか。そういえば、ここの向かいが例のカジノ。大金を稼いだギャンブラーが
良い客となるのかもしれない。明日には日本に戻らなければならないジャズ大好き会員と
童顔の建築家はここでお土産を買っていくようだ。
この日のディナーは、デキシーランドジャズの老舗。ぎゅうぎゅう詰めの客席で
インディアナフレバーというカレー味の不思議な地元料理やジャンバラヤなどを食しながら
ワインを飲む事1時間。80過ぎくらいのお爺ちゃんが、足元をよろめかせながら、
ステージ周りをうろうろしており、ハラハラしていたら、突然そのお爺ちゃんが
トロンボーンを手にしてステージへ。まさか・・・。
しかし、次々と平均年齢70歳くらいのジャズメンがステージにのぼり、例のお爺ちゃんも
メンバーのようだ。しかも名のある人のようで、観客が一斉に注目している。演奏が始まると、
それまでまっすぐに座っている事もおぼつかなかったお爺ちゃんに急に何かがとりついたように
トロンボーンを吹き始める。ソロのところでは、このまま息をひきとるのではと心配するぐらいの迫力。
会場もやんやの拍手喝采。日本では、政治家の定年制などの議論が続いているが、
幾つになっても人を感動させる事ができたり、世の中のためになることができる人に
とって年齢など関係ない。若くても何のために生きているのかわからない様な人もたくさんいるが、
このお爺ちゃんは間違いなく、生きている使命を与えられている人だなあと考えながら
デキシーランドジャズを満喫した。
さらに、今度は、現役バリバリの有名アーティスト(私はジャズはただ聴くだけで、
アーティストは詳しくない)が出演するライブハウスへ。
「本当にバドワイザーを一杯注文するだけでいいのだろうか」と思うぐらい堪能。
昨夜、ジャズ大好き会員が感動のあまり、なぜか眼鏡をはずしてそのまま忘れてきた
ブルースのライブハウスに、ある訳はないと思いながら念のため行って見ると、
ちゃんと取っておいてくれた。アメリカは変わった。
本隊とは、今日でお別れ。明日からスタッフと二人でおまけの旅。
                                                                    
つづく


次回へつづく・・・