第五回 海外まちづくり組織調査団 アメリカ南部編 その3

七日目
ダウンタウンのホリディインホテルを追い出され(満室のため連続予約ができなかたので)、
はるか郊外のモーテル型のホリディインに移動。バーはあるが、10時閉店の健全タイプ。
周りには店も無く、寝酒問題が気にかかる。我々の部屋は、1階で、窓を開けると駐車場。
こんな部屋の中にオジサン二人で閉じこもっていても気が滅入るので、すぐにダウンタウンに
行く事になったが、足はタクシーのみ。呼んでもらったタクシーの運転手さんは、とてもオシャベリ。
「メーター倒すの忘れちゃった。25ドルでいいよ。」と運転手。金額は妥当だが、
きっと会社に内緒でポケットに入れるのだろうな。
「おいしい和食の店、知らない?」「それならば、侍という寿司バーがいいよ。」
というような事を延々と話しているうちに、ミシシッピー川に到着。
ジャズライブ付きのランチクルージングに参加することにした。
大きな船に乗り込むと、すぐに、お子様ランチに使うような皿を手渡され、フライドチキンと
マッシュポテトを載せられる。「コーラにする、ジュースにする?」と聞かれるので
ビールにしたかったが、コーラでがまん。船上でのランチというと、
フルサービス型、ワイン、キャビア付き、「ビーフ オア フィッシュ?」、食後、
チーズ & ブランデーというのを想像していたが、給食、流れ作業型と期待はずれ。
考えてみると30ドル位の値段でそんなフルコースが出るはずはないのだ。
急かされるようにチキンを詰め込み、せめてミシシッピーの景観でも楽しもうとデッキに出てみるが、
霧雨でほとんど何も見えない。これではジャズライブも期待できないと思っていたら、こちらは大当たり。
やはり平均年齢60代ではあるが、CDを何枚も出している有名なデキシーランドジャズバンド・・・らしい。
どうやらクルージング料金の大半はこのライブ料のようだ。記念に彼らのCD、20$也を購入して下船。
引き続き、アイマックスシアターコース、動物園コース、水族館コースがあるが、
悩んだ末、一番手頃な水族館に決定。まわりは、家族連れとカップルばかり。
ここでも誤解を受けそうなオジサンカップルは、足早に退出。
ミシシッピー川に沿って建っている観光型のショッピングモール「リバーウォーク」
の木製デッキでビール。勢いをつけて、まだ日が高いが、すばやくカジノへもぐり込む。
お姉さんが持ってくるタダのビール(チップは必要)を飲みながらひたすらルーレット。
いつまでやっても、勝敗がつかず、切り上げてダウンタウンの寿司バーで二人だけの宴会。
日本人のお姉さんが持ってくる熱燗と冷奴、焼魚に大満足。

八日目
遊ぶ話しと、飲み食いの話ばかりで、「どこが視察報告だ!」と怒っている方もいると思うが、
あと三日ほど「おまけの旅」が続くのでご辛抱下さい。
海外旅行といえば、豪華ホテル、プールサイドでビールと読書という午前中のひとときが
付き物と固く信じている私としては、異常気象で低温、モーテル型非豪華ホテル、
窓から見える車の列という状態に耐えられず、一瞬の晴れ間を逃さず、金網に囲まれ、
枯葉の浮いているプールヘ向かう。ほこりのかかったデッキチェアに腰掛け、
日本から持参の本を開いてみたが、プールを取り囲むようにして設置されているベランダから
家族連れがものめずらしそうに見ており、居心地が悪くすぐに撤退。
同行スタッフがチケットを買ってきた、アメリカンフットボールの試合を見にいこうと、
タクシーを呼ぶと、昨日と同じオシャベリの運転手。やっぱりメーターは倒さず、
二割増しの料金を払ってほしいと言い張る。確かに、アメリカのアメラグ人気はものすごく、
特に今日は、地元のニューオリンズセインツがシカゴベアーズと
対決するので街中は渋滞が予想されるらしい。
「よくチケットが手に入ったなあ」「最上階の一番安い席だよ」
「それならホテルでポテトチップを片手にテレビで見た方がマシだよ。」と馬鹿にされながら、
スーパードームに到着。高所恐怖症ぎみの身としては足がすくむような急勾配席のほぼ一番上。
すぐにビールを買い求め恐怖をまぎらわす。隣の家族連れのお父さんが
「どちらのチームのファンだい?」と聞いてくるので、同行スタッフはお世辞のつもりで
「もちろんニューオリンズだよ」と応えたら、シカゴから来た家族で、
二度と話しかけてくることはなかった。
一応、ウエーブなんぞにも参加し、(素面では怖くて立ち上がれない)ニューオリンズが大勝して、
観客は大盛り上がり。
ニューオリンズ最後の夜は、気になっていた柄の悪いオイスターバーへ行ってみる事にした。
値段は、初日に入った高級レストランの半分以下でほぼ満員。生牡蠣と白ワインで乾杯のつもりが、
赤ワインが届く。いくらなんでも「ホワイト」と「レッド」は聞き間違えないだろうとウエイトレスに
抗議するが「あなたの注文はレッド」と取り合ってくれない。数日前のレストランでは
「レッド」を頼んだのに「ロゼ」が届いたし、よほど発音が悪いのかと落胆していたら、
日本でその話を聞いたアメリカ通の友人が「それはイエローへの嫌がらせだよ」
と言っていたが定かではない。
気を取り直して、ニューオリンズでもっとも有名なライブハウス「プリザベーションホール」ヘ。
30分並んでようやく入れたが、立見席で疲れたが、おじいちゃん方の演奏に感動。
締めくくりは、やはりカジノ。最後なので、今までの稼ぎ(といってもたいしたことがありません)
をすべてつぎ込んでの大勝負。1時間足らずで大敗。すごすごと引き上げる。とは言っても、
四日間(延べ15時間位)を最初の元手100ドルで遊べたのは、大変安い遊興費
(タダのビール10本位付き)と負け惜しみ。

九日目
ヒューストン経由でロサンゼルスへ。タクシーでわずか20分で最後の訪問地、サンタモニカ市。
ここは二年前にTOMネット調査団が公式訪問したところ。
麻薬とホームレスでスラム化してしまったダウンタウンが、BIDにより全米屈指の
商店街に生まれ変わったことで世界的に有名なところ。
市の条例で映画館はこの商店街にしか建設する事が許可されず、個性的なファサードを持った専門店と、
計画的に配置されたオープンカフェにより歩いて楽しい商店街となっている。
前回は慌ただしい中での短期間の滞在だったので、今度は、ゆっくりとこの街を
「使って」みることが訪問の目的。
最後に滞在するホテルは、正真正銘の正しいリゾートホテル。プールサイドでは、
金持ち風の白人が甲羅干し。居心地の良さそうなバーも完備。寝酒問題も解決。天気も快晴。
すぐにぶらぶらと歩いてビーチへ。メキシカンレストランの海の見えるテラスに出て、
コロナビールで乾杯。料理をオーダーせずにお通し(というのだろうか)のチップのみで
ビールだけを飲んでいるのも気が引けるが、何せ残りの二日は「和食」と固い決意をしているので
ボーイの冷たい視線をものともせず、ビーチサイドを堪能。
夕食前に商店街を歩いてみると、何と全米屈指の商店街に空き店舗がチラホラ(3〜4店)。
この二年間に何があったのだろうか?その理由は翌日判明。近隣に強力な競合商業施設が
出現したことが大きな原因のひとつ(想像です)。成功事例ということで、いろいろなフォーラムや
ゼミで紹介してきたところなので、元気でいてくれなくては困る。
先日も九州の団体の視察先として推薦してしまったが、がっかりするだろうか。
ここのBIDの専務理事さんは優秀そうな女性だったので、すでに対策は考えていると信じつつ、
寿司屋へ向かう。
「鷹寿司」は二年前に偶然入って、日本人マスターの人柄の良さとネタの良さに感動した店。
値段は決して安くはないが、いつも地元のお客さん(当然アメリカ人)で繁盛している。
今日も日本から空輸したシマ鯵とスペイン産のトロが絶品。隣のアメリカ人を見ると
トロの握りに醤油をジャブジャブと浸して食べている。アメリカ人にしてみると醤油はソースなので、
残さず食べるのが正しいと思っているのか、それともただのしょっぱ好きなのか・・・・というような事を
考えながら日本酒を飲みすぎ、ホテルへ戻ってバーで寝酒を飲んだようだが
(同行スタッフ談)よく覚えていない。

最終日
昨日、鷹寿司のマスターに聞いておいたサンタモニカ商店街を脅かしている、
できたばかりのショッピングモール「ザ・グローブ」へタクシーで向かう。驚いた。
見事に手入れされた公園と路面電車、個性溢れる専門店の数々、豪華なシネマコンプレックス。
裏小路にもユニークな店が続き、オープンカフェでは、飲み物片手に家族連れが談笑。
これは、完璧な商店街だ。サンタモニカよりも遥かに洗練され、完成された理想的な商店街だ。
しかも、案内図を見るとわかるが、個店が連なる商店街に見えるが実は、まぎれもなく商業ビルなのだ。
デベロッパーが計画し、テナント誘致し、オペレーションも行っている
オープンモールショッピングセンターなのだが、見た目は商店街。
サンタモニカから車で20分、ビバリーヒルズにも近い好立地。
これにはサンタモニカも大きな影響を受けている事だろう。
しかし、考えてみると最新のショッピングモールのデベロッパーは、従来のような囲い込み型、
ワンストップショッピング対応の施設から、この施設のようにぶらぶら歩きのできる
「商店街」を目指しているのだ。つまり、「商店街」は、既存の大型店よりも進化した商業施設だ
ということではないか。ただし、完璧なテナントミックス、デザイン、
オペレーションができればという条件付だが・・・。
サンタモニカに戻り、鷹寿司とは別な寿司バーで、刺身と天婦羅のランチ、
アサヒスーパードライ大瓶付きを食べながら、TOMネットが支援している日本のどこかの商店街で、
この施設を参考に計画を提案してみたいと同行スタッフと話し合った。
ホテルへもどり、今度こそ正しいプールサイドリゾートをと、この日のために持参した
派手目の水着に着替え、プールに向かうと、バーのテレビでワールドシリーズ。ちょっとだけと、
ビールをオーダーし、野球観戦。気がつくと日は傾き、涼しい風が吹き始めた。
急いで、プールサイドのチェアにすわり、新聞を広げる。スポーツ欄の松井の記事だけを探して読む。
何せ英語だ。今まで、くつろいでいた白人は皆部屋に帰り始める。
寒いが、ようやく実現したプールサイドなので、がまんして1時間滞在。
(結局このせいで、同行スタッフは、風邪を引き帰りの飛行機の中では、熱冷ましシートを貼って寝ていた)
最後の晩餐は、無難な「BENIHANA」。パフォーマンスをしながら調理する日本人は、
日本が懐かしいようで、他のアメリカ人の客を無視して、我々にだけ話しかけてくる。
アメリカンドリームを夢見て渡米し、ベンチャー企業を起ちあげたが、あえなく失敗。
今は、この店で胡椒のビンでジャグリングを披露している。人生、いろいろある。
二次会は、飛び込みで、ややあやしげなカクテルバーへ。ここもバーテンはお姉さん。
マティーニを発注すると「ジンかウォッカか?、ジンの銘柄は何がいいか?、シェイクするかしないか?
趣味は何か?(これはウソです)」と色々聞いてくる。酔った頭で必死に対応するが、面倒になり、
「お姉さんの好みの酒でいいよ」と逃げる。
良い気分で外へ出て、路上で弾き語りをしているお姉さんのCDを衝動買い。(日本で聞いたら下手だった)
明日は、帰国。仕事山積み。恵比寿の居酒屋が懐かしい。 
 
おわり


次回へつづく・・・