アメリカの旅日記で随分ページを使ってしまったので、10月後半から11月末まで
主要行事をダイジェストで書きます。

10月後半
帰国直後のイベントは、「山形県中心市街地活性化フォーラム」。
山形は広くて、山形市周辺と酒田、鶴岡を中心とした庄内地方は別の県のようだが、
庄内地区から参加頂いた市町村も多数。今後の地域相談会は、
TOMネット東北会のメンバーの活躍に期待。
翌日、西那須野町の「まちづくりワークショップ」をすまして、
秋田県鹿角市の駅前再開発説明会へ。そのまま札幌へ飛んで
TOMネット北海道ゴルフコンペ。見事にブービー。不死身の幹事長が懐かしい。
翌週は、福島県原町市「まちづくりワークショップ」。
そのまま、西那須野町再開発地区の大地権者との協議のため茨城県古河市へ。
翌日は、関西初進出、「中心市街地活性化フォーラムin大阪」。
200名近くの参加者。たくさんの相談希望市町村。
和歌山から京都、滋賀、福井等々どのように対応するか途方にくれる。
でもすべての市町村を必ず訪問すると決意。
打ち上げの二次会は、地元会員に案内頂いて、通天閣周辺へ乱入。
ソース二度付け禁止串揚げの店(うわさに聞いていた通り)から始まって、
懐かしのスマートボールを冷やかし(ニューオリンズのルーレットに勝るとも劣らない)、
なぜかジャズバーでバーボンを舐め、皿うどんで締めた。
こんな街の使い方ができる関西が大好きになった。
翌日は、予約してあった午前中の羽田行きの飛行機をキャンセルし、
不死身の幹事長と若さと美貌が売り物(らしい)の活性化法研究会座長に
無理やり誘われて、昼間から法善寺横町周辺の飲み歩きツアーに参加。
新しくできた「なんばパークス」というすばらしい商業施設
(この施設の構造を東京の墨田区密集市街地活性化に活かす予定)
のカフェ生ビールから始まり、たこ焼き屋&ビール、餃子屋&紹興酒、
昼からやってる居酒屋&日本酒と続き、「のぞみ」内ワンカップでとどめ。
品川着は、まだ6時。
さすがに無口になった幹事長、座長と別れ、以前から約束のあった飲み会に
参加するため新宿へ。翌日からの連休は、恵比寿のマンションから一歩も出られず休養。

11月
栃木県西那須野町再開発期成会の説明会から始まり、翌日は九州へ。
12月10日に開催する「中心市街地活性化フォーラムin九州」の開催地、
北九州市と打ち合わせ。協力していただく九州経済産業局へもご挨拶。
北九州市商工会議所さんのおかげで立派な会場も確保。
当日の進行打ち合わせも完了。
打ち上げの練習は、福岡の幹事さん達にご案内頂き、絶品のさば、
あじと焼酎の店。二次会の練習は博多名物の屋台で「焼きラーメン」を初体験。
もっと練習をしたかったが、考えてみると打ち上げ懇親会は北九州市でやるのだった。
翌日は、以前の旅日記で冗談で書いていた「九州発東北行き」を実践。
福岡空港から一便だけ見つけた花巻空港行きの飛行機に乗り込み、
空港でレンタカーを用意して待っていた東北会の会員さんと待ち合わせ、
秋田県鹿角市へ海外旅行並みの大移動。
さらに翌日、札幌まで移動で文字通り日本縦断。
札幌からは、半返しで、佐渡。もうどこにいるのかわからない。
東京へ一瞬戻り、福島県原町市の委員会に参加。夜は市のご担当の方に
居酒屋でゆっくりと原町の歴史についてレクチャーしてもらった。
翌日は仙台経由で札幌へ。すぐにとんぼ返りで仙台経由、西那須野。
最後のまちづくりワークショップ。例によって深夜のワンカップ新幹線。
翌日、横手市役所のご担当が上京。都市再生モデルに選定されたので、
国土交通省のヒアリングに同行。延々4時間。
新宿での反省会をすませて、翌日は、秋田の鹿角へまた訪問。
たくさんの地権者が参加してのまちづくり勉強会。
翌日朝一で東京へ戻り、「東京フォーラム」。
今回は「女性が主体となったまちづくりフォーラム」という企画。
赤坂の商店街振興組合の女性理事長さんを始めとして、
女性ばかりのパネルディスカッション。わざわざ「女性が主体」と言わなくても、
まちづくりはもともと女性の独壇場。打ち上げのイタリアン、
二次会の居酒屋も女性の独壇場だった。

12月は忘年会情報というような内容になります。
何せ支部が増えて北海道から九州まで5連続の忘年会です。
したがって、思考力低下(もともとです)、肝機能も低下、仕事の意欲も低下と
「低下の三乗」につき、役に立つような事は書けません。まじめに読んで頂いている方は、
どうか年内の旅日記は飛ばしてください。1月から、まじめにやる予定です。

つづく

次回へつづく・・・