12月某日
久々の佐渡、両津市。
TMO構想の大詰めだが、あっという間に3セク、TMOが設立されそうだ。
商工会長さんのリーダーシップとご担当(島でただ一人の中小企業診断士)
の熱意によるものだ。
問題は、TMO事業を「誰が、どの場所で、どんな手法で」
行うかをきっちりと詰めることだ。1月に事業予定者一人一人と
個別打ち合わせをさせていただいた上で、TMO構想記載事業を
決定する事にしてフェリーで新潟市へ。
すでにジェットホイルが運行している時間を過ぎていたのでフェリーに
乗る事になったが、ゆっくり大きく揺れるので、少し酔いそう。
「船に酔う前に酒に酔った方が楽ですよ。」と親切?なアドバイスを
市のご担当から聞いていたので、フェリー乗り場の
食堂でビールを飲んできたが、さらに船の売店でワンカップ。
それでも船の酔いが勝ちそうな気がしてもう一杯。確かに船酔いか
酒酔いかわからなくなってきたが、相変わらず気分は良くない。
これが正しい船の乗り方・・・・。
荷物を新潟のホテルに置き、徒歩15分で古町の飲み屋街に直行。
ここではいつも、勘だけで、魚と酒のおいしそうな割烹へ入ってみるが
当たり外れは、7対3と優秀。今夜入った店は、カウンターのない
食堂のようなつくりの店。1組だけいた客も帰ってしまい、
ひとりで店のおばちゃん3人と全面対決。「アラ」の刺身は鮮度良く、
八海山本醸造も文句無かったが、オジサンひとりテーブルで手酌の図は、
あまり好ましくなく、カウンターの重要さが良くわかった。おばちゃんの勧めで、
変わった名前(忘れました)のカレイの刺身を追加し、テレビをつけてもらったが、
ますます侘しさがつのり早々に撤退。

12月某日
TOMネット北海道の「TMO塾第二講座」。
今回の講師は、TOMネット東北会会員が手弁当で来てくれ、
コンピューターグラフィックによる合意形成の話。
終了後、全国のTOMネットに先駆けて、北海道会忘年会。
大阪の会員が転勤で札幌に来る事になり、北海道会員になった。
TOMネットも全国展開になったので、会員がどこへ転勤しても、
その地区のTOMネットで会うことができる。先日も、東京会の会員が
仙台に転勤になったので送別会に参加したが、次の週には、
仙台で同じ会員の歓迎会に参加していた。不思議な気持ち。
忘年会の二次会は、ススキノの「ブラジル」という店。札幌の
ゼネコン部長さん御用達の店で、「今日は3000円、飲み放題でお願いね」と
言っているが、今日だけでなくいつでも3000円、無制限飲み放題なのだ。
トムラーの無制限は本当に無制限で、私は、翌日東京へのとんぼ返りなので、
1時間程で帰ったが、他のメンバーは、閉店までいたそうだ。
そろそろ値上げを考えてあげなければ、ある日店が無くなっている恐れも。

12月某日
国土交通省の再開発係長さんを訪問。
イギリスで行われている「ギャップファンド方式」という再開発の手法を
日本でも取り入れることになり、地方都市の再開発に追い風ということなので
あの町でもこの町でも検討しようと、意気込んで訪問。
しかし、残念ながら財務省がこの方式を認めず、当面見送りになってしまったと、
係長さんに恐縮され、こちらも恐縮。
「ギャップファンド方式」とは、要するに再開発事業の採算性に問題のある
地方都市などで、採算に合うところまで補助金を入れる(そんな簡単ではないが、
没になった方式なので省略します)ということだが、採算ラインの公平性、
客観性等を担保できないと言う事らしい。
これに変わる、新方式を考えてみてと言っていただいたので、
TOMネットの再開発技術研究会で検討する事にした。

12月某日
TOMネット大阪会の「TMO塾」と忘年会。
大阪の会員は、まだ設立して間もないので、
中心市街地活性化法についての勉強に熱心。
忘年会の会場で軽く「海外まちづくり組織調査団」の報告会をしようと
思っていたが、きっちり専用の会場が用意されており、2時間にわたりお勉強。
忘年会の会場は、新しくできたホテルの地下。
ピカピカのエレベーターを降りると、薄暗い洞窟になっており、
ポツンと金ピカのランプが飾ってある。「ランプをこすりながら、
開けゴマと叫んでください。」と怪しい表示。不死身の幹事長がさっそく、
ランプをこすりながら、大きな声で「開け ゴマ!!」・・・何もおこらない。
もう一度力を込めてランプをこすり、さらに声を張り上げて叫ぶと、
近くの岩が音を立てて開き始め、中から、アラビアンナイト風の美女が現れた。
幹事長は、思い切り意気込んで「トムネットだけど、案内してくれる?」
と問いかけると、「お客様、それは、隣のお店じゃありませんか。」
とアラビアンナイト美女。一同、回れ右。確かに反対の方向に普通の店があった。
あとで聞くと、その夜、「開け ゴマ!!」
と叫んだトムラーは、5人以上に及んだらしい。

12月某日
九州初の「中心市街地活性化フォーラム」は、北九州市が会場。
地元の商店街の方たちと、TOMネットの専門者会員による
パネルディスカッションのテーマは「門司港レトロ」。市役所主導で
「レトロな街並み」をつくり、観光客が激増という成功事例だが、
合わせて商店街の景観形成を進めるとより効果的。
打ち上げ兼TOMネット九州会忘年会は、小倉の焼き鳥屋さんの
貸切飲み放題。お世話になった地元の市会議員さんや商工会議所の
ご担当も参加して二時間みっちり懇親。九州会の幹事長は、
東京会から参加の不死身の幹事長も真っ青の大酒飲みだということがわかった。

12月某日
いよいよ(何がいよいよかわかりませんが)TOMネット東京会忘年会。
今年も、原宿イタリアンで品良くスタート。このレストランはすでに3回目だが
トムラー相手にワイン飲み放題を続けるとは、何と忍耐強い店だろう。
テーブルを埋め尽くしたワインのボトルに満足して、二次会は恵比寿のバー、
三次会は広尾のカラオケスナック。始発で帰った会員もいたそうだ。

12月某日
昨日、中小企業庁に同行してもらった不死身の幹事長に強力な
風邪をうつされてしまった。二日酔いと風邪の合わせ技で具合が悪いが、
福島県原町市の基本計画策定部会。
在来線特急での3時間が耐えられないので、今回は新幹線で福島へ行き、
そこからレンタカーで原町に入る事にした。ビール大好き研究員をナビにして
久々の長距離運転。道は急カーブ連続の山道、気持ちの悪さを我慢しながら
何とかたどりついたが、体調最悪。帰りの山道は遠かった。
翌日は、風邪がひどくなっているが、新幹線で仙台へ向かい、
そこから東北会員の車で山形県寒河江市へ向かう。
昨日、ハードな日帰りをしたが、考えてみると、原町から仙台は在来線で1時間。
最初から仙台に泊まればよかったと後悔。
寒河江駅前区画整理地区のテナントミックスに、来年2月に横浜で開催する
日本ショッピングセンター協会とTOMネットが共催で
行うシンポジウムを活用する事や、駅舎を区画整理の補償費で
建替えたお話を商工課長さんに伺い、仙台へ戻る。
夜は、TOMネット東北会の「TMO塾」&忘年会。
風邪だというのに、二次会カラオケまで参加。

12月某日
古川再開発の施設計画を仙台の設計担当者とみっちり。
大きな補助金を投入する事業なだけに、内側に囲い込んだ商業施設ではなく、
周辺の商店街に「開いた」施設にしなければならない。
施設デザイン、テナントの配置等々時間をかけた打ち合わせ。
そのまま、古川へ向かい、再開発準備会の「まちづくり懇談会」
に参加。久々にお目に掛かる市長さん、商工会議所会頭さんも、
大事業のゴールが見えてきたので明るくご挨拶。最終新幹線で東京へ。
恵比寿到着は12時。風邪をビールで押さえ込む。

12月某日
秋田県横手市へ不死身の幹事長、ギリー理事等5名集合。
都市再生モデル調査のお手伝いをする事になり、市役所のご担当の面々と
みっちり打ち合わせ。今日は、世間ではクリスマスイブで、
家族やカップルで楽しい夜を過ごしているのだろうが、こちらは、
オジサン5人で「しょっつる鍋」を囲む。七面鳥の替わりに
比内鳥のモモ焼きをかじり、シャンパンの替わりにチュウハイで乾杯。
情けない。
翌日、市長さんへのご説明と駅周辺の関係者への説明会をすませ、
秋田空港から一路札幌へ。今夜は、TOMネット北海道内に設置される
「北海道活性化センター」の準備会忘年会なのだ。雪のクリスマスなのだ。
ところが、何という事か、雪の千歳空港に着陸する寸前に急上昇。
強風につき着陸断念。秋田へ強制送還。
昨夜のイブに続いて、同行スタッフと二人で、ハタハタとイブリガッコを
つまみに無口なクリスマス。悲しい。

現在、12月26日。秋田発札幌行きの機内。昨夜に続いて二度目のトライ。
今日も北海道地方は大荒れのようで、出発が大幅に遅れました。
無事に着陸できるのか、再び強制送還か、スリルに満ちた年末です。
まさかこのまま、秋田で年を越すのでは、などと笑えないジョークが頭をかすめます。
それはさておき、今年も一年間、役に立たない駄文にお付き合い
頂きましてありがとうございました。
来年はもう少し格調高い、旅日記にしたいものだと思っていますが、
まあ無理でしょう。
皆さん、よいお年をお迎え下さい。

着陸態勢に入りました。雪が激しく降っています。
機体も激しく揺れています。着陸か、急上昇か・・・・・・・・


次回へつづく・・・