1月某日
強風の中、佐渡へ渡り、今年のNPO活動が始まる。
「TMO構想」は、「中小小売商業高度化事業構想」なので、
中心市街地活性化基本計画に記載されている事業のうち、
高度化事業に関する事業を、具体的に検討して、
商業の活性化に向けて系統立てて記載するものなのに、
もう一度基本計画を作成するかのように、すべての思いつく限りの
事業を羅列しているTMO構想をよく見かける。(公約どおり、
今年は格調高く、筆を進めます。)
両津市のTMO構想では、そんな事にならないように、
基本計画の中の商業に関わる部分を抜き出し、
事業地区の関係者と市役所、商工会のご担当が膝をつきあわして、
事業の効果や実現性について時間をかけて話し合う。
歴史的な建物の建ち並ぶ地区では、まちづくり会社を設立して
景観の統一事業を行い、商店街地区では、より市民に密着した
地域商業の再構築をパティオ型再開発事業で進める。
さらに、埠頭から加茂湖にかけての地区は、観光に対応する公共施設と
民間の施設を市街地再開発事業で整備する。
もうじき、3セクのTMOも設立され、新年度からの事業着手の準備ができあがる。

1月某日
昨年暮れに、オジサン5人でクリスマスイブを過ごした横手市へ、雪の中、向かう。
横手駅周辺整備に向けて、二度目の地権者説明会。
横手市も周辺の町村との合併を控え、広域の農家の農産物を販売する
交流広場や図書館等の整備に向けて、市民、地権者の合意形成を進めている。
市のご担当の方々との打ち合わせ。
千葉の図書館の設計で、建築関係の賞を受賞したというアゴヒゲの建築家が、
本格的図書館について、熱く語るが、もう少しカジュアルに、
「漫画喫茶」をものすごくバージョンアップしたような施設をつくり、
TMOが運営するというような事もあるなあと思う。
しかし、図書館では、アゴヒゲが専門家なので、今日の所は、何も言わない。
居酒屋後の恒例のホテル部屋での飲み会では、
昨年、腕相撲で、文字通り、赤子の手をひねる様に負かしていた、
不死身の幹事長が再挑戦してくる。
軽く返り討ちと思っていたら、油断のせいか、敗退。
泣きのもう一番で勝利するが、ほとんど拮抗状態。
あれから、悔しさをバネに、鍛え続けていたのだろうか。
恐るべし不死身の幹事長。

1月某日
横手から、在来線、新幹線、レンタカーを乗り継いで
(同じ秋田県とは思えない)鹿角市へ。
こちらも、一昨年に基本計画策定のお手伝いをした時に、
重点事業として計画した三地区の内のひとつ、駅前地区の
整備事業の地権者説明会。
地権者の方から、「もっと身の丈にあった計画を目指すべきでは」と
正しい意見が出たが、ここの計画は、すでに容積率100%程度の
低容積自力更新再開発。花輪ばやしという集客力の高いお祭りの会場としての
駅前広場を充実させ、鹿角の顔をつくる大事業が始まりそうだ。
いつも混んでいてなかなか入れない駅のそばの居酒屋に、
今夜は何とかもぐり込めた。
ここだけの話だが、この店のオヤジとは、少々因縁がある。
オヤジの娘さんが、札幌の飲食店でバイトをしていた事があり、
偶然、話をした事がある事を、オヤジに話して以来、
その事が何故か気に掛かるようで、どうもいつも愛想が悪いようにみえる。
けれども、この店の料理が旨いので、通っていたが、
あまりニコニコされた事がない。
ところが、今夜に限って妙にオヤジの愛想がいい。
自分でわざわざ注文とりにやってくるほどで、帰りにはニコニコと満面の笑みで
見送りまでしてくれた。
不死身の幹事長曰く、「娘が嫁にでも行って、疑いが晴れたのでは」。
東京へ戻り、いつもの恵比寿の居酒屋へ向かう。
実はここのオカミサンとも愛称が悪い。
他の客には、いろいろ話しかけているのに、
私にはほとんど口をきいてくれたことがない。何も悪い事をした覚えはないのだが。
ただし、ここのオヤジは愛想が良いので、時々来ていたが、
オカミサンの仏頂面にはややめげていた。
ところが、今夜に限り、妙に愛想よく、何とオカミサンから話しかけてくるではないか。
横手といい、恵比寿の居酒屋といい、突然の変貌は、
鹿角の店のオヤジや恵比寿のオカミサンが改心したのではなく、
今まで無愛想だった客(私の事です)が、年が明けてから、
何となく近寄りやすく見えるようになったからではないだろうか。
人間が丸くなってきたのでは・・・・

1月某日
はじめて「能登空港」に降り立った。石川県輪島市の地域相談会。
地元の商店街の理事長さんたちに、車で市内を案内してもらったが、
道路の拡幅に合わせて、街並みを和風に統一する事業、
JRの廃線にともない、駅舎を見事な観光交流施設に建替えた事業、
漆器等の職人を育成したり、観光客に沈金、蒔絵を体験させる「工房長屋」を
開設した中心市街地活性化事業等々、ダイナミックに街の構造を作り変えつつあり、
空港の開設とともに、輪島観光の復活にかける行政の意気込みを強く感じた。
今回の相談は、市内のかなりの部分が観光客への対応に向けて、
大きく変わろうとしているのに合わせて、中心部の「まんなか商店街」
(こういう名前です)も、県の公共施設跡地の活用含めて、「漆器通り」
というようなテーマによる活性化が考えられないかという事だ。
輪島市の活性化基本計画では、街中を観光客や市民が歩いて楽しめるように
作り変える事を大きな方針としているが、この商店街が魅力的に変わらなければ、
歩行者の「ループ」が完結しない。
市役所のご担当と相談していただいて、TOMネット東京会に要請していただければ、
「プロポーザル事業」にのせて、対応させていただく事をお話して、
バスで今夜の宿泊地、金沢へ向かう。
「安くておいしい蟹の食べられる店へ連れてって」と、欲張りな注文を
タクシーの運転手さんにして、片町のちょっと高そうな和食やさんへ入る。
店内を川が流れていて、伊勢海老やひらめがすぐ目の前を泳いでいる。
客はほとんどいなくて、女将もなぜか無愛想にみえる。不死身の幹事長が
「○○タクシーに紹介されて来たんだけど、いい店だね」と必死に媚を売るが、
女将はまったく反応しない。メニューには値段が書いていない。イヤな予感。
女座長(浅香光代さんではありません。TOMの研究会の座長)が、
「一応、蟹の値段を聞いた方がいいですよ」と幹事長にささやくので、
燗酒を運んできたお姐さんに、「蟹はいくらなの」と冗談めかして尋ねる幹事長。
「ちょっとお待ち下さい」と女将の所へ聞きに行くお姐さん。
「客の顔を見て値段を決めるみたいだよ」と幹事長。聞いた値段は、
昨年、駅のそばの小料理屋で食べた値段の5割増し。店も立派だし、
しょうがないかと腹をくくって、目的の蟹や刺身を発注。
値段の通りに旨かったが、とにかく接客サービスが悪すぎる。
まだ、酒を飲んでいるのに、お茶を持ってくる。
「もう出よう!」と席を立ちかける私を二人がなだめて、
仕上げに「寿司をちょっとだけつまみたいので」と板さんに言うと、
「適当に握りますよ」とやはり無愛想に返事が返ってくる。
でてきた握りは、きっちり三人前。
腹立たしいがとても食べきれずに残して、無口に退出。
勘定は、想像通り。


次回へつづく・・・