1月某日
金沢から、滋賀県高月町へ行く事になっていたが、
当日の朝になって、TOMネット大阪事務局から連絡が入り、
相談者の高月商工会の偉い方に不幸があったという事で、
相談会が延期になるという話。
そう言われても、今夜は、京都に入らなければならないので、高月は通り道。
それなのに、素通りはもったいないので、せめて役場を表敬訪問し、
町の状況についてお話を伺いたいと、再び、事務局経由でお願いし、強引に訪問。
不死身の幹事長は、3月のフォーラムの打ち合わせで、富山へ廻っており、
女座長と二人で電車を乗り継ぎ、高月へ到着。TOMネット大阪会のメンバーが、
車で迎えに来る事になっていたが、何故か、
二人とも、用事ができたという事でドタキャン。
高月駅前といっても、文字通り何もない所で、役場も遠そう。
途方にくれていると、冷たい大阪会員と大違いで、たいへん親切な役場のご担当が、
車で迎えに来てくれており、町中をご案内頂く。
観音様と雨森芳洲(江戸時代に朝鮮半島との交流に貢献した方らしい。
知りませんでした)が、有名という事で、我々とは異なる
「知的な観光客」が来訪しているらしい。
ご相談は、新しい道路ができて、駅が移動するので、
寂れてしまう事がはっきりしている旧駅通り商店街をどのようにするかという事と、
新駅の顔となる駅前広場周辺の商業集積をどのような手法で行うかという事。
これしかないというアイデアがすぐに浮かんだので、それを整理して、
仕切り直しの次回相談会に、関係者に集まってもらって、ご提案する事にした。
市のご担当には、お世話になりついでに、長浜まで送っていただき、
ここから米原経由で東京へ戻る女座長と、遅い昼食を食べようと、黒壁地区へ。
一軒の古い木造家屋を改造した和食屋さんに入ってみると、これがいい感じ。
軽くそうめんでもと思っていたが、メニューをみると、
鯖とか海老を煮たり焼いたりしたものが中心で、まだ日は高いが、やっぱり熱燗。
女座長と駅で別れ、不死身の幹事長が待っている京都へ。
「KYOUEN」という新しい和風の商業施設を見学して、そのまま、先斗町へ。
敷居の高そうな店が多い中で、「クワ焼き」
(畑を耕すクワで魚等を焼くらしい)の店へ入り、鱧とハタハタ
(秋田へ行く事が多くなり病み付き状態)をつまみにビール。
京都に住んでいる親戚の方に会いに行くという幹事長と別れ、
一人で先斗町をさらに探訪。
東京の知り合いに聞いていた小料理屋を探し出して恐る恐る入場。
京都は、初めての客には冷たいと聞いていたが、威勢のいい大将は、
愛想良く、店の旨いものを教えてもらって、京都らしさを堪能。

1月某日
京都府京田辺市を訪問。さすがに今日は、大阪会から車付きで3名参加。
駅前の空き店舗の多い地区の再生相談。熱心な商工会のご担当に
地区をご案内してもらうが、借家の商業者が多く、なかなかきびしそう。
市では、まだ、活性化基本計画を作っていないようだが、再開発で再生した建物を、
活性化法を活用して、借家権者による事業協同組合が取得するというような
手法で何とかなるかどうか。
改めて、要請していただければ、TOMネット大阪会から、
手法等の提案をさせていただく事を伝えて終了。
そのまま、車で木津町へ。駅前区画整理事業に合わせて、
新しいまちづくりを検討中。市のご担当に詳しくご説明をしていただき、
同行の専門者会員と相談し、TOMネットのプロポーザル事業に載せて、
事業提案する事をお約束して、今回の北陸、関西相談シリーズを終了。

1月某日
埼玉県白岡町へ二度目の訪問。
前回よりもたくさんの方にお集まりいただいて、活性化勉強会。]
新年度にTMO構想に取り組まれるそうで、
その関係のお話をギリー理事と二人で2時間。

1月某日
福島県原町市。基本計画見直し部会も大詰め。
市の関係者が大集合し、みっちり議論。
市の事業は充実したものになりそうだが、肝心の商業の活性化事業が見えてこない。
夜、ど派手なイベントプロデューサー(最近少し地味になってきた)
による商店街勉強会を開催。
ルイ・ヴィトンのオープニングイベントの事例等をスライドで見てもらったが、
地元の方から、そんな東京の事例は、原町には合わないというような意見が出た。
しかし、仙台へ1時間、東京へでも特急3時間という立地や、
メディアの発達を考えると、地方都市と大都市の意識の差は、思ったほどないはずで、
そこのところを、わかってほしかったが、残念。
イベントの話が終わった後、改めて、今回の活性化事業は、
商業者、地権者が計画し、その事業を行政が支援するという仕組みを説明。
駅通り商店街の一部の方からハード事業を検討したいという申し出が有り、
次回、関係者勉強会を行う事になった。ヨカッタ、ヨカッタ。
終了後、すっかりおなじみになった、馬刺しがおいしい居酒屋へ
イベントプロデューサーをご案内。ビール大好き女性研究員と仙台のヒゲの建築家
(アゴヒゲの建築家ではありません)は、この店だけでホテルに引き上げてしまったが、
ヴィトンの話でややめげているプロデューサーにおつきあいして、
近くの多国籍レストランでコロナビール。この店は、料理、内装、接客、どれをとっても、
十分、東京でも通用する店で、やっぱり、消費者の意識にそんなに
地域格差はないと二人でなぐさめ合って夜は更けた。


次回へつづく・・・