2月某日
都市再生調査も大詰めの秋田県横手市へ
TOMネット東京会、東北会から6人、大集合。
TOMネットがお手伝いすると、常にまちづくり事業の「実現」を目指すので、
この調査でも、都市再生事業の検討地区地権者約50人に
個別にお話を聞く事になり、二人一組三チームで三日間、
駅前のホテルを会場にデスマッチ型の対応。
朝目覚めると、雪の中、徒歩五分の温泉(朝6時から営業)へ向かい、
お湯につかりながら、寝ぼけ眼で本日の対応を確認。
9時から一時間置きに、夕方5時まで、様々なお話を聞きまくる。
中には、我々がクリスマスイブを侘しく過ごした、居酒屋のお父さんもいるが、
今日は、まじめに都市再生事業への参加可能性についてお話し合い。
5時終了後に、再び温泉、即ビール。男6人ほとんど合宿状態。
温泉の脱衣場で、裸で携帯を手にしている後姿。やはり、不死身の幹事長。
パソコンと携帯が無ければ生きていけない体質になってしまったようだ。
それもそのはずで、本業の社長業を投げ打ってのNPO活動なので、
せめて、メールで本業をこなさなければ、会社が立ち行かなくなってしまう。
それは、大手設計事務所の役員であるギリー理事も、もちろん私も同じ。
無事に三日間のお仕事を終えて、「こまち」でビールを飲みながら
東京へ戻れると思いきや、岩手で地震があり、
線路の点検で新幹線が雫石でストップ。
打ち上げは、7時ごろに到着予定の東京駅でと思っていたが、
3時間以上遅れるとのアナウンス。
その時、不死身の幹事長が立ち上がった。(プロジェクトX風)
 「ただちに酒とつまみを確保せねば!」
列車の中を、車内販売のお姉さんを探して端から端へ。
残っているすべてのビールとワンカップを買占め、車内宴会。
東京駅に着いたときは、皆もう飲む気力もなく、解散。

2月某日
フェリーに揺られて佐渡、両津市へ。
3月1日で佐渡の10市町村が合併して佐渡市になるので、
その前に、3セクTMO、「まちづくり両津」を設立するために、最後の委員会。
思えば、1年半前、「またそんな計画書をつくってもできるわけないよ」
という発言まで飛び交った暗いワークショップから始まったが、
熱心な市の担当の方々と商工会の皆さんの熱意に地元の商業者も
段々事業実現の可能性を信じ始め、ついに、この「TMO構想」にたどりついた。
あとは、佐渡市のもとで、事業実施をするだけ。
いつもの魚のおいしい居酒屋で、商工会長さんや市の人たちとうれしい打ち上げ。
私は、12時前にギブアップしてホテルに戻って温泉にはいって寝てしまったが、
アゴヒゲの建築家と不死身の幹事長、ビール大好き女性研究員は、
さらに飲み続け、研究員は雪の中に携帯を落とし、翌日、重要な会議があり、
早朝のフェリーで帰る予定の不死身の幹事長は、
モーニングコールを受けた時も泥酔状態で、船に乗り遅れてしまった。

2月某日
雪祭り真っ最中の札幌へ。
全国から、アジアから、180万人が大集合。外国語が飛び交っている。
昨年からお手伝いしている「太陽財団」という北海道の地域活性化を支援している
財団法人の支援先を決める審査会の委員。
たくさんの市町村が、まちおこし事業への経済的支援を求めて応募してきているが、
費用対効果の見極めが難しい。
それにしても、この財団を主宰している
札幌の企業の社長さんのまちづくりへの熱意に敬服。

2月某日
福島県原町市の基本計画見直しもいよいよ最終段階。
駅通り商店街の皆さんが、歴史的な建物である劇場をシンボルとして、
面的整備に取り組もうと、まちづくり勉強会。あとは、駅前の顔作り事業と、
野馬追い通りの景観形成事業を整理するとできあがり。

2月某日
今月二度目の横手市へ。
今回は、一応、市との都市再生打ち合わせもあるが、
あの有名な「かまくら」を見るのが大目的。
竹久夢二もたびたび宿泊したという、
由緒ある旅館「平利」を特別に市役所に手配していただき、
東京と仙台から6人集結することになった。
その前日の日曜日、仙台会員から緊急電話。
「平利が、昨夜、火事で全焼しました。」とのこと。すぐに市役所から連絡をいただき、
別の旅館を手配したので予定通りとのことでほっとしたが、
一度は「平利」に泊まってみたかった。
しかし、今回の火事では、不幸中の幸いで、負傷者はいなかったようだが、
もしも我々が泊まっていれば、
当然、酔いつぶれた不死身の幹事長か、私か、誰かが、きっと煙に巻かれて、
NPO葬というような事になりかねなかったのだろうなあ。(不謹慎な話ですいません)
夜、数知れない大小のかまくらを見たり、
中へ入れてもらって甘酒をごちそうになったりしたが、
TOMネットに甘酒は似合わない。
ご案内いただいた市の方が「おとなのかまくらへ案内します」
と連れて行ってもらったところは、市の職員がボランティアで運営している大きなかまくら。
都市計画課の美人職員が、何と自腹で秋田の銘酒を用意して待っていてくれた。
さらに彼女の手作りの鍋までご馳走になり、すっかり恐縮。かまくら堪能。

2月某日
「かまくら」の翌日、午後三時から、淡路島で勉強会の予定。
横手からどうやってたどり着けるか、あらゆる情報を収集して検討した結果、
レンタカーで秋田空港へ向かい、一日一便の飛行機で関空へ。
そこから、電車を乗り継いで、明石。さらに高速船でようやく、
淡路町に三時ちょうどに到着。
淡路島も佐渡島と同じイザナギ、イザナミの神様が造った島。
何か因縁を感じる。
見事な景観を見せる明石海峡大橋ができたが、観光客は素通り。
中活法とTMOによって新たな観光都市がつくれるか、役場のフルメンバーで勉強会。
案内してもらった商店街は、懐かしく穏やかだった。
帰りは、大阪会の会員の車で大橋を渡った。
打ち上げ(何の?)は、TOMネット大阪会の会長にご案内頂いた、鰹の専門店。
昨夜は、かまくらの中で震えていたのが遠い事のような大阪の夜だった。




次回へつづく・・・