3月某日
産業再生機構というところへ行ってきた。
現在、カネボウの再建で話題の組織だが、栃木の足利銀行の破綻に伴い、
某温泉を、まるごと支援するという報道を見て、おせっかいながら、
お手伝いできることがあればと申し入れた。温泉街の再生となると、カネボウとは異なり、
金融支援だけで何とかなるものではなく、時代に合わなくなった温泉街の仕組みを、
ハード、ソフト両面から再構築しなければならない。
もう、団体観光客がバスでやってきて、
一晩ドンちゃん騒ぎをして帰るというような施設ではなく、ファミリーやカップルが、
自然や街並みの景観を楽しんだり、趣味の体験をしたり、
お仕着せではない地元の料理を楽しんだりというような観光ゾーンに
生まれ変わるための手法の提案や合意形成が必要。
数年前に、お手伝いした北海道の層雲峡温泉の再生事例をご紹介したが、
産業再生機構では、まだ、支援を決定したわけではなく、今後も、温泉街に関わらず、
地方の商店街の再生についても意見交換させていただくことになった。

3月某日
TOMネット北海道会「TMO塾第三講座」。
今回も、会員だけではなく、たくさんの市町村や商工会の皆さんにご参加いただき、
北海道庁のご担当から、新年度の都市再生の目玉である、
「まちづくり交付金」について詳しくレクチャーを受ける。
この交付金は、市町村の裁量で、様々なまちづくりに活用でき、
従来の補助金に比べてたいへん使い勝手がいいが、事業が終わったあとで、
その事業の効果について検証し、公表しなければならない。
今までは、補助金を受けるために、国の定めた基準に則り、計画書をつくり、
事業採択になれば、万一、効果が薄く、税金の無駄遣いというようなことになっても、
市町村があまり責任を問われるような事がなかったが、今度は、あまり、
国から口を出される事はなくなるが、結果についての責任を持たなければならない。
これが、正しい地方分権の方向なのでしょうね。
終了後の懇親会は、北海道の海の幸を期待していると、何故か中華レストラン。
突然、東京からド派手なイベントプロデューサーが乱入。
飲み放題紹興酒の空ボトルがテーブルを埋め尽くし、
従業員の白い目に見送られてススキノのカラオケスナックへ大移動。
いつもは、おとなしく飲んでいる北海道会の会員も、
イベントプロデューサーに煽られて、歌って踊って、夜更けまで。

3月某日
TOMネット東北会「TMO塾」
今回の講師は、何と、東京から登場の不死身の幹事長。
そのせいではないでしょうが、参加会員は、寂しい事に十数名。
それでもめげずに、幹事長手作りのパワーポイントを駆使して熱心に講義。
終了後の懇親会になると、何故か、参加者が激増、大宴会に。
その夜のコースは、居酒屋牛タンから始まり、カラオケスナック、ラーメン屋(私はビールだけ)、
再び居酒屋と食べてばかり。
この二軒目の居酒屋では、「サソリの唐揚げ」というメニューがあり、
恐る恐る注文すると本当に小さなサソリの唐揚げがでてきてびっくり。
酔った勢いで食べてみたが、味は無い。毒はどこへ行ったのかと心配しながら、
お開き・・・・と思ったら、不死身の幹事長が、「もう一杯ラーメンを喰いに行こう」と喚いている。
彼は、一軒で三杯のラーメンを食べた事がある人だが、確かダイエット中と言っていたようだが。
強引に手を引かれ、上海ラーメン。もうダメだ。

3月某日
都市再生モデルの報告会に横手市の皆さんと共に参加。
今回は、アゴヒゲの建築家の構想を、TOMネット東北会の会員が有償ボランティアで、
コンピューターグラフィックの大作に仕上げ、披露。
横手市駅前の大型空ビルを武家屋敷をイメージした
大規模な複合交流施設に作り変える計画について説明。
「ダウンサイジング型再開発」という無理のない計画を、委員の先生方にもご理解いただけたようだ。
打ち上げは、新橋の居酒屋で、「一の蔵」の二合徳利を、数十本。さすがに、
日本酒消費量日本一の秋田の人は強い。
「もうホテルへ帰って休みます」という市の方たちの手を強引に引っ張り、
「次、行こう」と叫んでいる不死身の幹事長を置いて、ギリー理事と二人で、別な居酒屋で飲み直し。
「くさや」の初体験で酔いも覚めた。

3月某日
翌日、不死身の幹事長は、眠そうな目をして羽田空港に現れた。
「昨夜は、あれからどこへ行ったのか」と問いただすと、
「気がついたら、12時過ぎに、家に着いていた。全く、記憶が無い。」と不安そうに話す。
我々と別れたのは、確か10時ごろ。秋田市の皆さんは、無事だったのだろうか。
TOMネット大阪会の幹事会。まだ設立して一年もたっていない大阪会だが、
会員の増加と熱心な活動は、目をみはるものがある。幹事会だというのに、
東北会の「TMO塾」参加者よりも多い。まちづくりのご相談を頂いている、
京都府木津町と滋賀県高月町への対応について、役割分担。
懇親会では、新年度から、大阪会の会長をお願いする大学の先生と、どっちが老けて見えるか議論。
実年齢通り、会員の多数決では、先生の勝ちらしいが、納得いかん。二次会のラーメン屋、
再び居酒屋と廻るが、さすがに、幹事長共々、意気が上がらない。
常宿の阪神ホテルは、各部屋に温泉がついており、寝る前に入って寝ると、
二日酔いにならない(ような気がする)。以前、不死身の幹事長は、風呂の中で寝てしまったそうだが、
今頃、溺れているのではないかと気に掛かる。
明日は、大阪からどこへ行くのだったか・・・・・



次回へつづく・・・