4月某日
東京会TMO塾の懇親会は、いつもの
「もう破れかぶれだ、何でも好きなだけ飲んでくれ!」
という雰囲気のオヤジがやっている居酒屋で、たっぷり下地をつけてから、
近くの播磨坂(小石川)で盛り上がっているギリー理事の会社の花見に乱入。
100人以上の設計スタッフが所狭しと「飲めや歌え」状態のところをかき分けて、
アゴヒゲの建築家の隣に場所を確保。横手の都市再生モデルプランのできばえに、
賞賛の言葉を掛け、ビールと、何故か梅酒で乾杯。
ド派手なイベントプロデューサーや「シャール ウイ ダンス」を
メールアドレスにしているほど、ダンス好きのお姐さん会員も、
この巨大花見グループにとけこんでいる。
思えば、先週行った北海道の定山渓温泉は、まだ雪が降っていたし、
今週訪ねた大阪では、すでに桜は散りかけていた。
文字通り、日本列島を行ったり来たりしている身としては、
季節感がゴジャゴジャになってしまう。札幌の花見は、まだ一月以上先らしい。
気がつくと、この大設計事務所の社長さんを、我がTOMネットメンバーが囲んで、
新たな居酒屋で飲みなおしていた。

4月某日
福島県原町市の基本計画見直し報告会。
基本計画の策定時から、大型店の撤退等、
中心市街地の環境が大きく変わってしまった事から、再度、
市民ワークショップを中心として計画の見直しをし、
歴史ある劇場の再生を核とした新たな活性化事業なども商業者の方から提案され、
その報告会となったが、さらなる、情勢の変化もあるようで、一刻も早く、
事業の実現に向けて活動を開始しなければ、市民も、商業者の方々も、
夢を失ってしまいそうだ。
どこの町でも、「今まで、たくさんの計画をたててきたけれど、
ほとんど実現できたことがない。」という話が市民の方からよくでてくる。
まずは、小さな事業からでも、「実現」して、「今度こそは、本当に変わりそうだ。」と
市民に感じていただく事が大事でしょう。
打ち上げは、市のご担当からの差し入れの旨い地酒を居酒屋に持ち込み、
馬刺し、くじら刺し(内緒らしいです)、かつお刺しの三大刺しでどっぷり。

4月某日
TMO塾九州。
昨年の北九州フォーラムに参加していただいた市町村の方々も交えて、
活性化手法の勉強会。
北海道の室蘭市での市民会館と共同店舗の合築事例や
横手市で取り組んでいる都市再生モデルを題材にしっかりお勉強。
終了後の意見交換会は、なぜか、中華レストラン。
先月の北海道会に引き続き、魚のおいしい所なのに、どうして中華なのかと、
九州幹事長に問いただすと、「予算の関係で」との事らしい。
NPOらしく質素に(どこが)、低予算で飲み放題デスマッチ意見交換会を行うには、
料理単価の低いチャイニーズになってしまうらしい。
九州に来て、そんな食生活には、とても我慢できないので、
二次会は、魚のおいしい店を強引に希望。
中華でお腹の膨れている九州会員にもつきあっていただいて、
通りがかりの刺身居酒屋で満足。(先日、別な仕事で福岡に行った時、
九州会の会長に、改めて「黒川」という生簀のある店へ案内してもらった。
そこでは、鯵の活きづくり、烏賊の活きづくり、平目の活きづくりと、
うれしい活き作り攻めにあった。)
翌日は、TMO塾のために不死身の幹事長と大阪入り。
会員の商業コンサルタントの先生の事務所を訪ねて、
日本の商店街の行く末について意見交換。「商店街の将来は、暗い」と、
悲観的な先生のお話に、5月末から全国で始まる
「商店街再生フォーラム」でその答えを出す事をお約束。
時間が無い中、近くで昼食をとる所を探すが、ほとんど店が見当たらない。
ようやく、傾きかけた木造の家に、きたないのれん(失礼)が掛かった店を幹事長が発見。
入ると壊れかかった大きなテーブルと、バラバラの椅子が4〜5脚。
元気だけはいいお兄さんが一人。
メニューを見ると、二種類だけ。「昼のまぐろ丼」と「夜のまぐろ丼」いずれも500円。
どこが違うのかと聞くと「昼のまぐろ丼には、味噌汁がついていますが、
夜のまぐろ丼にはついていません。」(実際は、大阪弁です)との事。
意味がわからない。どうも夜は、まぐろ丼をつまみに酒を飲む店のようだ。
出てきた昼のまぐろ丼は、いわゆる普通のまぐろ丼だった。
飲み食いの話ばかりで恐縮ですが、TOMネット大阪会の意見交換会は、
どこかの地下街の大衆的な居酒屋。大阪らしい食べ物が次々と並び、
大阪幹事長曰く「腰が抜けるほど飲んで食べても3000円ぽっきり。」トムラー向きだ。
二次会は、大阪幹事長に、「新地のクラブ」に案内していただいたが、
いわゆる「ホステスさん」恐怖症の私(本当です。嘘だと思う方は、
私を銀座のクラブへでも連れて行ってみてください。)としては、居心地が悪く、
仙台にいるスタッフに急遽、支持を出さなければならない用事があったので、
大阪幹事長には申し訳なかったが不死身の幹事長を預けて、ホテルへ戻る。
用事は済ませたが、まだ飲み足りないので、ホテルの周りを探索。
「魚屋の居酒屋」という店があったので、入ってみると、すごい熱気。
食べきれないほどの刺身盛り合わせを肴に、手酌で寝酒。

4月某日
滋賀県高月町での「観音の里の顔作りシンポジウム」。
駅が移動する事をきっかけに、新しい町の顔をどのように作るかを考えるシンポジウム。
たくさんの町民の方に参加頂き、東京会から、ギリー理事、
不死身の幹事長、研究会女座長、そして大阪会からは、
コテコテの商業コンサル会員とオールスターによるリレートーク。
一番前の席で、町長さんが最初から最後まで熱心に聴いておられ、
トムラーも自然と話に力が入る。力が入りすぎて、止まらなくなった不死身の幹事長に、
ギリー理事がイエローカード。
合併を控えて、高月町の中心市街地や、
TMOによる活性化事業の位置づけはどうなるのか?
これからの商店街のあり方はどうあるべきか?と熱心な質問も連発され、
熱いシンポジウムになった。

4月某日
京都府木津町でのプロポーザル事業報告会。
進行中の駅前区画整理事業で、道路の整備はできるが、
このままでは、駅前に広大な空地ができるだけで、
町の顔となる商業集積ができる見通しが無い。
区画整理と市街地再開発事業の合併施行により、
環境整備型商業集積のご提案をしたが、
地権者の合意形成が困難と役場のご担当も消極的。
「街なか」の区画整理事業を計画する時は、敷地や道路の整備だけではなく、
施設建築物の整備計画を同時に進めなければ、
中心市街地の空洞化に止めを刺す事になりかねない事を、全国の市町村にお伝えしたい。

5月某日
ゴルフ三昧のゴールデンウィーク。
終了後の第一弾は、北海道の北部、まだ風の冷たい、風連町相談会。
いつも北海道会のTMO塾に熱心に、ご参加いただいている、
役場のご担当からお話があり、TMO構想の実現に向けて、
TOMネットのプロポーザル(まちづくり提案)を行う事になり、
そのための現地視察会及び、勉強会。
TOMネットでは、北海道でもいくつかの市町村のお手伝いをしているが、
最近は、東北、関東、関西方面の要請が多く、北海道のご相談は、
北海道会の専門者会員にお任せすることが多く、なかなか、
道内の市町村に出向く事ができなかった。
そこで、今回は、東京会から、ギリー理事、不死身の幹事長を呼び寄せ、
北海道会の専門者会員にも集まってもらって、TOMネットの総力を挙げて、
ご提案をさせていただく事にした。
相談会には、町の助役さんをはじめとして、熱心で迫力のある商工会長さんや、
事務局長さん、設立したばかりの3セクTMOの役員の皆さんも多数集まり、
構想の実現に向けてのお話をさせていただいた。
お土産に、風連町の銘菓、いちご羊羹や、黒豆甘納豆等をいただき、
大福をつまみに酒を浴びる、両刀使いの不死身の幹事長とギリー理事は、
機嫌よく、旭川空港から東京へ。


次回へつづく・・・