5月某日
羽田空港で、小松行きの飛行機に乗り込もうとしていると、不死身の幹事長が、
足を引きずりながら歩いてくるのが見えた。
理由を聞くと、階段を上っている途中で、肉離れをおこしたとの事。
私も数年前に肉離れをおこした事があったが、それは、いつものように、
強行スケジュールでの全国縦断の旅から戻り、そのまま、
事務所のスタッフたちとの恒例バドミントン大会(遊びではなく、公式試合)に参加し、
昔とった何とかを披露している最中におこったもの。
幹事長のように、ただ階段を上っているだけで肉離れとは・・・・
もう不死身とは言えない。情け無い。
ギリー理事も加わって、黄金のオジサントリオが向かう先は、福井県丸岡町。
丸岡といえば、城で有名なところ。しかも、そのお城が、中心市街地に存在している。
城をシンボルとして、活性化が考えられないものかと意見交換。
大阪会から参加している、「ピエ〜ル」とド派手なイベントプロデューサーに命名された
大学助教授会員は、観光を売り物にするのは、難しいとのご意見。
城周辺の密集住宅街と中心部の大型空き店舗の再開発による歴史的環境づくりがベストか。
福井市に飲み込まれないような、丸岡町独自のまちづくりの正念場。
反省会は、ピエ〜ル助教授に案内していただいた福井のそば屋。
板わさで熱燗が胃にしみた。

5月某日
札幌駅北口の超高層再開発ビルの起工式。いつも自力更新、
低容積、身の丈にあった再開発と言いつづけているが、今度だけは、
典型的な都市型、高度利用、保留床処分型の再開発事業。やる時はやるのだ。
それでも、高齢の地権者の生活再建に向けて、
事務所のスタッフが長年汗をかいてきた地区だ。
私が、全国を飲み歩きしている間も、事務所のスタッフは、黙々と、
再開発の実務に取り組んでいてくれる。感謝。

5月某日
TOMネットの通常総会は、アメリカの大統領選挙のようだ。
各地で、「予備総会」を開催し、地区の会員の委任状を集めて、
東京での「本総会」で議決する。
したがって、総会ウィークは、私も、全国の予備総会を巡る事になる。
スタートは、札幌。
「商店街再生フォーラム」の開催後に、総会及び懇親パーティ。
フォーラムでは、地元の新聞社が数社、私の講演しているところを撮影していて、
気になったが、翌日の新聞を見ると、別の会員の写真が写っている。自意識過剰か。
翌日は、いきなり、日本縦断で、福岡へ。ホテルでの立食懇親パーティの後は、
おでん屋での一気飲みを経由して、屋台で、福岡名物、
焼きラーメン(私は、好みではない)と明太子入り玉子焼き。
さらに、ホテルのそばの居酒屋でとどめ。
まだ先は長いのに、こんなに飛ばしていいのだろうか。

5月某日
福岡空港から伊丹空港へ。
大阪予備総会では、大阪会の新会長に、ピエ〜ル助教授が選任された。
懇親パーティは、立派なホテルが会場。どうも大阪のトムラーには、
合っていない様で、皆、おとなしい。
二次会は、ホテルの裏手の地味な小料理屋を借り切って、エンドレス。
テレビでは、阪神、横浜戦。盛り上がる大阪会員と、
盛り上がらない横浜出身の「ビール大好き研究員」。無事?阪神の逆転勝ち。
翌日は、東京を飛び越して、仙台へ。
昨夜の、虎キチの異様な盛り上がりに対して、まじめ、質素な感じの東北会懇親会。
このまま、二次会へ繰り出すと、そろそろ倒れそうなので、最終新幹線で東京へ戻る。
さすがに、新幹線ビールも飲むきにならず、ぐったり。

5月某日
ようやく、東京での本総会にたどり着く。
東京も、札幌と同じく、「商店街再生フォーラム」と同時開催。
アメリカでは、個人商店が激減し、ショッピングセンターが、
商店街に取って代わったが、日本もこのまま、同じ道を歩むのか、それとも、
独自の方法で、「再生」できるのかを、今年、一年かけて、全国の関係者とともに、
検証してゆくフォーラム。
札幌フォーラムでは、商店街連合会の会長さんが、
「このままでは、サラ金とドラッグストアと、安売りメガネ店ばかりが、商店街に出店してしまい、
地域住民のコミュニティの場が消滅してしまいそうだ。」と訴えかけ、
TOMネット北海道会の専門者会員が集まり、「北の商環境研究会」を組織して、
札幌近郊の某商店街をモデルとして、「環境創造型商店街」の提案を行った。
東京フォーラムでは、日本ショッピングセンター協会の専務理事さんに
「ショッピングセンターと商店街」についての基調講演をお願いし、今まで、天敵関係だった、
ショッピングセンターと商店街がもう一度、協力して、
中心市街地の活性化に取り組むための糸口とすべく、
TOMネット東京会の専門者会員がリレートーク。
「朝令暮改、いきあたりばったりの代表理事」と言われている私だが、
「効率や便利さばかりを追求する風潮から距離を置き、
ゆったりとした人間らしい環境を整えた街」の創造を支援したいという思いだけは、
ますます強くなっている。
「効率、便利さ、安さ」を追求する大型店やディスカウンター、
チェーン店のアンチテーゼとしての商店街が、必ず求められるようになると確信している。
総会には、大阪からピエ〜ル会長、仙台から弁護士会長、九州から童顔の建築家会長、
当然、東京会の会長も勢揃い。
北海道会の弁護士会長だけが欠席だったが、めったにこんな事は無い。
シビックセンターの最上階にあるスカイレストランのワインを飲み干し、
二次会居酒屋で銘酒を飲みつくし、ド派手なイベントプロデューサーが、
ピエ〜ル会長を池袋方面へ連れ去るのを見送って、
「俺の家はどこだ」と喚いているギリー理事をタクシーで送り、長い長い総会ウィークは終了した。

次回からは、6月20日からの
「米国まちづくり組織調査団 in ラスベガス&サンタモニカ」の報告をします。
上海調査団以来、不死身の幹事長が二度目のツアコン。
ギリー理事や、アゴヒゲの建築家等、13名の調査団による珍道中にご期待下さい。


次回へつづく・・・