6月某日
今年度の「海外まちづくり組織調査団」は、13名で、
ラスベガス、ロサンゼルス、サンタモニカを訪問。
時節柄、15万円という破格の参加費を設定したせいか、
全国から、充実したメンバーが揃った。
本当は、もっと多くの参加者になる予定だったが、
テロが危ないと家族に泣いて止められた会員や、ラスベガスと聞いて、
カジノを連想し(そのまんまですが)、上司の稟議が通らなかった会員も多数いたそうだ。
いつものように、本隊出発の一日前に、青森出身理事と二人で先発。
乗り換え地のサンフランシスコに10時到着。
ラスベガスへの飛行機は、夕方に予約してあるので
、地下鉄とケーブルカーを乗り継いでフィッシャーマンズワーフへカニを食べに行く。
思えば、初めてサンフランシスコを訪ねてから30年になるが、
ケーブルカーを人力で回転させる様や、フィッシャーマンズワーフの屋台で
カニやロブスターを売っている様子は、何も変わっていない。
変わらない事が都市の魅力になることもあるのだなあとカニの足をしゃぶりながら考えた。
時期はずれで、カナダ産の大味なカニだったが、
日本で食べる毛蟹やズワイガニよりもはるかに安いので文句は言えない。
4年前にTOMネット調査団が訪問した、
「SOMA地区」の巨大な再開発施設を青森出身理事に見せ、空港へ戻る。
ラスベガス到着は、午後9時近くだったが、ラスベガス時間としては丁度良い。
低予算なので、巨大な屋内遊園地を売り物にした大衆ホテル。
どこを歩いても子供だらけで、優雅で危険なカジノリゾートの雰囲気はどこにもない。
前回は、エッフェル塔のそそり立つパリスホテル、その前は、
超豪華なベラッジオホテルだったので、落差が大きいが、部屋の広さだけは負けていない。
ただし、ベッドとテレビ以外は、何も無い。ソファーも無い。冷蔵庫も無い。コップも無い。
「オラ こんなホテルいやだ〜」と青森出身理事が口ずさむ。
ただ、むやみに広いだけの殺風景な部屋だ。
部屋にいても気が滅入るので、ラスベガスで一番安いと言われている、
このホテルのバフェ(いわゆるバイキング)で腹ごしらえをして、すぐにカジノへ繰り出す。
カジノもやはり大衆的で、最低賭け金は、他の豪華ホテルよりもかなり安い。
昨年のニューオリンズ以来、お気に入りは、ルーレット。
日本のスタッフから賭け金として預かってきた30ドル
(その目が当たると35倍の1050ドルを持ち帰る。)を、
指定の数字に積み上げるだけでかなり目立つ(ほんの3000円位なのに)。
ルーレットの賭けかたのコツは、ラッキーナンバーを決めて、
その数字に徹底的に賭け続ける事のようだ。
預かってきた金は、30秒で消滅したが(預けた人、本当です。証人有り)、
その後、ラッキーナンバーがよく出て、多少のプラスで午前二時に終了。
売店で買ってきたウイスキーを紙コップに入れて侘しい寝酒。

6月某日
朝は、プールサイドで「目覚めのフレッシュジュース」と決めていたが、
プールは、子供たちに占領され、とても優雅な朝とは言えない。
午後から到着する予定の本隊を、ホテルのロビーで待つが、
到着予定時間をすぎても、なかなか現れない。
30分近く遅れて、ギリー理事、アゴヒゲの建築家一行が到着。
ところが、不死身の幹事長以下、残りの7名が到着しない。
心配していると、1時間遅れで、ようやく到着。
不死身の幹事長に聞くと、3名のメンバーの荷物が出てこなくて、
航空会社と交渉していたが、ついに見つからずに、ホテルで、
航空会社からの連絡を待つ事にしたとの事。
スタートから、先行きの波乱を予想させる出来事。
(結局、二名の荷物は、翌日、もう一名の荷物は、三日後に届けられた。)
結団式は、隣のホテルのカジュアルレストラン。
ステーキとロブスターという最強セットに、何故かワンタン中華スープをつけて、
ワインとビールも含めて、一人当たり、格安30ドル。
その代わり、ステーキは、アゴがだるくなるほどの歯ごたえ。
どうも、今年の調査団は、NPOの鏡となるような、庶民派ツアーになりそうだ。

6月某日
今日は、まじめな「調査団」。
ラスベガスの郊外にある「ザ・ディストリクト」という商業集積の視察。
TOMネット大阪会から手弁当で参加してくれた
商業コンサル会員に解説してもらいながら、猛暑(40度くらい)の中、徒歩視察。
住宅地開発の核として、街並み形成型の商業施設
(ライフスタイルセンター風)を造ったようだ。
全体の設計を担当した地元大手設計事務所の社長さんにも話を伺うが、
話が長引き(失礼)、熱射病で、倒れそう。
デパートやスーパーは併設されておらず、
集客の核は、ラスベガスらしくカジノとシネコン。
気持ちよく冷房の効いているカジノでポケットのコインをスロットマシンに投入。
昔、歌手の田端義男さんが大金をゲットして大ニュースになったように、
3億円程出てしまうと 「NPOの代表理事、公務中にギャンブル!!」 
というような記事が日本の新聞に出てしまい、まずい事になるなあと、
余計な事が頭をよぎるが、もちろんそんな心配はいらない。
次の視察は、典型的な大規模ショッピングモール。
このパターンは、見飽きているので、ギリー理事、アゴヒゲの建築家と、
フードコートでミーティング(さぼり)。
今夜のディナーは、自由行動。
我々は、不死身の幹事長を筆頭に、ヨーロッパ、上海、ニューオリンズに引き続いて、
4年連続参加のジャズ大好き会員、青森出身理事、
視察先を誰よりも歩き尽くす放浪の建築家、
今回、初参加の通信関連会社の部長さんの六名で、何を食べるか(飲むか)検討。
私は、町はずれににあるという「本格和風居酒屋」で、
馬刺しと焼き鳥(あるかどうかわかりませんが)と主張したが、
それでは、日本のTOMネット宴会と変わらないとブーイング。
アメリカに到着してまだ二度目のディナーなのだが、早くも、
「死ぬほど寿司を喰ってみたい!」と地団太を踏む、不死身の幹事長の顔をたて、
「寿司バイキング」の店に決定。
寿司だけではなく、ズワイガニや刺身、焼魚等、
何でも揃っている「寿司バイキングレストラン」は、巨大なビアホールのよう。
店のど真ん中に陣取ったトムラー一行は、早速、手分けして、
あらゆる食べ物を大皿に確保。早くも、居酒屋宴会体制。
飲み物のオーダーを取りに来た、東洋系のボーイに、
「ジャパニーズ サッポロ ビア〜 プリーズ」
と怪しいイントネーションで繰り返す不死身の幹事長。
しばらく、噛みあわない会話を交わしていたが、実は、このボーイは、
ネバダ大学に留学している日本人である事が判明。
アルバイトをしながら勉強しているという話に、
日本の息子の事を思い出した通信部長は、早速チップを奮発。
ホテルへ戻って、ルーレット処女のジャズ大好き会員を悪の道に引きずり込む。
ビギナーズラックとは、本当のようで、元手の100ドルがあっという間に200ドル。
これで、またカジノ中毒仲間ができた。

つづく


次回へつづく・・・