6月某日

アゴヒゲの建築家は、実にきっちりした英語を話す。中学校の教科書のような英語だ。
ラスベガスのホテル内のピザレストランで、慌しくランチをとらなければならない時があり、
アゴヒゲの建築家が、私の分も含めて、オーダーに立った。
時間がないので、ピザはやめて、サンドイッチにしたとの事。
ビールを飲みながら、待つ事10分。
愛想の悪いオバチャンが、二人では食べきれないほど、大きなピザを持ってきた。
「やはり、ピザレストランなので、サンドイッチもピザ風なんだなあ。」と感心しながら、
半分ほど平らげたところへ、再び無愛想オバチャンが登場。
手には、サンドイッチの入ったバスケット。
テーブルの上のレシートを眺めるや、「あなたたちの注文は、サンドイッチじゃないの。
どうして、ピザを持ってきた時に、違うと言わないの。」とすごい剣幕。
サンドイッチよりもピザの方が、はるかに高いようだ。
すかさず、アゴヒゲの建築家曰く
「ラスベガスでは、ピザのことをサンドイッチと呼ぶのかと思ったよ。」と正しい、
中学校教科書イングリッシュ。
ぶつくさ言いながら、オバチャンが戻って行った隙に、即、退散。
アゴヒゲの建築家の手には、残ったピザが、包まれて、しっかりと抱えられていた。
ラスベガスの最終日は、終日、自由行動(毎日、自由行動のようなものですが)。
青森出身理事、アゴヒゲの建築家、不死身の幹事長らは、40度の気温の中、ゴルフへ。
最近は、不死身力(そんな力があるかどうかわかりませんが)が弱ってきており、
つい先日も、階段を駆け上がっただけで、肉離れを起こし、海外視察も危ぶまれた幹事長は、
案の定、ハーフを廻ったところで、肉離れ再発。
それでも、「金を払った以上、最後まで、何が何でも廻ってやる。」と強行。
何と、後半のほうが、スコアは、はるかに良かったそうだ。
私は、一人で、思い出のホテル巡り。
ベネチアン、パリス、ミラージュ等の懐かしいホテルのバーを真昼間からはしご。
数年前に滞在した、最高級ホテル、ベッラッジオでは、
前回、大勝(といってもたいしたことはありませんが)したスロットマシンで、お遊び。
今回の堅実、健全、庶民的、NPOツアーを、一瞬忘れて、数時間。
ラスベガス最後のディナーは、青森出身理事お勧めの、創作チャイニーズレストラン。
和食であれ、フレンチであれ、「創作料理」が苦手の私は、嫌な予感がしたが、
案の定、出てくるものは、すべて、不思議メニュー。
「普通のエビチリや酢豚やスープ麺が食べたい。」と、皆でメニューを熟読するが、
普通のものは、何もなく、ほとんど変わった味の焼きそばばかり。虚しく焼けビール。
お土産を買いに行くという不死身の幹事長らと別れ、ホテルへ戻り、最後のルーレット勝負へ。
これまでの3日間では、勝ったり負けたりで、数百ドルの浮き程度だが、
今夜こそは、決着を着けてやると鼻息もあらく、いつもの席に着く。
もう、ディーラーとは、すっかり顔なじみ。
今日が、最終日と知っているはずはないが、いつものように、遊ばせてはくれず、
見る間にチップが消えて行く。
途中から現れた、不死身の幹事長も、あっという間にチップを失い、力無く、部屋へ帰っていく。
今夜ようやく、ヤクザな世界へ引き込んだ、アゴヒゲの建築家も善戦空しく、風前の灯。
もはやこれまで。
世界のカジノを渡り歩いて数十年(とても大げさです)、ついに、初の大敗を喫すのかと、
最後の決戦、残りのチップを、すべて、ラッキーナンバーの「33」とその周辺へ、べた張り。
観客も一斉に注目する中(本当は、ほとんど誰も見ていなかったようですが)、
ころがるボールは、音をたてて「33」へ。
本当です。
作り話ではありません。
アゴヒゲの建築家が証人です。
その後、二度「33」が出て、午前二時、大敗から、小勝ちに転じて終了。
ホテル内のコンビニで寝酒を買って部屋へ。
荷造りをしていた青森出身理事と乾杯。
カジノはやめられない。

6月某日

早朝から起きだして、タクシー分乗で、空港へ。
全員、朝食は、空港売店でホットドッグ。やはり、清貧なNPO。
ロサンゼルスへ到着すると、直ちに、チャーターしたバスで、ライフスタイルセンターの視察。
経費削減で、ガイドもおらず、アメリカ人の運転手に拙い英語でお願いして向かった先は、
「プロムナード・アット・ウエストレイク」。
平均年収10万ドルという、超リッチな町で、
住民の意見をすべて取り入れて開発したライフスタイルセンター。
日本の明治屋のような高級スーパーマーケットを核として、
噴水、樹木、建物に十分なコストをかけ、「ヨーロッパ ヴィレッジ風」の環境を整備。
残念なのは、せっかくの環境演出も、目の前に広がる広大な駐車場がぶち壊しにしている事。
郊外立地なのでやむを得ないのか。
次に向かったのは、「コモンズ・アット・カラバサスパーク」。
この町は、何と平均年収、20万ドル。デベロッパーがウエストレイクと同じ所なので、
見分けがつかない。
「超高級ショッピングセンターなので、ファーストフードはありません。」と
浪花の商業コンサルタントに聞いていたが、チャイニーズのファーストフードがあり、
ジャズ大好き会員と飛び込む。
大きな紙コップに、ワンタンスープをてんこ盛りにしてもらい、汗を流しながらすすりこむ。
昨夜の、創作チャイニーズよりよほど旨い。
ちょっと違和感のある、郊外型のライフルタイルセンターを後にして、
今夜から、4泊するサンタモニカのシェラトンホテルへ。
昨夜までのホテルと違って、こぢんまりとした品のいいホテル。
荷物を置くだけで、すぐにサンタモニカ市役所のご担当が待つ、
サードストリートプロムナード事務所へ。
ここからは、大枚をはたいて、専門通訳を手配しているので、安心。

ここから先の真面目なレポートは、また次回

次回へつづく・・・