9月某日

今年のTOMネット国内視察会は、おなじみの佐渡。
十市町村が合併し、佐渡市になり、中心市街地活性化基本計画の実施に着手し始めている状況を、
市の熱血担当課長や、佐渡唯一の中小企業診断士である商工会のご担当に、話を伺う。
熱心に質問をしているトムラーは、東京会、東北会、北海道会から合わせて二十数名。
湊地区の歴史ある景観の復活と、新しい佐渡の顔となる埠頭周辺地区の再開発の実現に向けて、
今後もできるかぎりのお手伝いをしていくことをお伝えして、まじめな第一部は、終了。
夜の部は、「薪能」の観賞。
赤々と燃える幻想的な篝火に照らされた能舞台のまわりに、地元の方や観光客が多数集結。
何と、女座長は、和服で登場。いつもやかましいトムラ一も厳粛な面持ちで鑑賞。
佐渡の歴史と文化に感動した後は、いつも我々が行っている、魚食べ放題の居酒屋。
紅ズワイガニ、鰹、イカ等々、佐渡のうまいものが溢れるばかりに並べられ、皆、笑顔がこぼれる。
そういえば、先日のアメリカ調査団に参加したメンバーも多数参加している。
不死身の幹事長、ギリー理事、アゴヒゲの建築家、通信部長たちは、
一体、いつ仕事をしているのでしょうか。(私もよくそう言われます)
温泉旅館にもどってからは、
「居酒屋 フクちゃん」(福ちゃんと呼ばれている東北会の会員の部屋)へ大集合。
幹事がコンビニで調達してきた焼酎、日本酒、ビールがつきるまで、閉店することはなかった。
翌日は、島内観光チームとゴルフコンペチームに別れて、会員交流会。
私はもちろん、ゴルフチーム。
実は、先日のロサンゼルスの名門ゴルフ場でアゴヒゲの建築家に優勝をさらわれており、
今日こそはと、意気込んで早朝からバスに乗り込む。
ロサンゼルスのゴルフ場は、ブッシュにガラガラヘビが生息しており、
フェアウェイをはずすと、即、ロストとなってしまい、(12個のボールをなくしました)
ひどい目にあったが、佐渡には、マムシがいるそうだ。(ゴルフ場には出てきません)
勝負の結果は、アゴヒゲの建築家の二連覇。ついでに不死身の幹事長のブービー四連覇。
フェリー乗り場のレストランで表彰式を兼ねて小宴会。
飲み足りずに、近くの食堂へ行って、冷奴で冷酒。
ジェットホイルで熟睡後、新幹線内で再び大宴会。佐渡の食堂で買ってきた枝豆が好評。
充実?のまちづくり視察会だった。

9月某日
久々の秋田。
鹿角市でまちづくり期成会の勉強会を済ませ、翌朝、車で横手市へ。
駅前活性化事業地区の地権者と、相談会。
「もっと聞きたいことがたくさんあるので、たびたび来てほしい。」と皆に言われるが、体はひとつ。
ゴルフなんぞしている暇があれば、地方を廻らねば・・・・。

9月某日
京都府京田辺市のまちづくりフォーラム。
熱心な商工会長さんに、お話したが、これほど、
活性化事業を進めるのに諸条件が整ったところはない。(詳しくは言えませんが)
環境創造型の駅周辺整備は、必ずできそう。
今後もご支援させていただくことを、大阪会のメンバーと確認しながら、駅前で打ち上げ。
終電が近かったので、一時間しか時間がなく、皆、短時間ガブ飲み一気喰い。
大阪会のピエ〜ル会長から、この続きの打ち上げ宴会を、
翌日の昼に大阪の居酒屋でやろうとのお誘い。(本当に、翌日の昼に焼酎をたっぷり飲みました)

9月某日
名古屋で最初のフォーラムを11月に開催することになり、中部経済産業局にごあいさつ。
「環境創造型の商店街」をテーマとするが、
名古屋博覧会のテーマと連動して、タイムリ一のようだ。
会場探しで困っていたら、産業局の偉い方が、自らあちらこちらに電話をして、見つけてくれた。
名古屋の人はやさしいと、同行スタッフと感激。
その日の夜、別な会議に出席して、ウエスティンホテルに宿泊。
ここのプ一ルがすばらしいと聞いており、翌日の飛行機の時間を遅らせて、
泳ぎまくろうと楽しみにしていたら何とリ二ュ一アル中で休み。
がっかりして、ホテルのバーで、バーテンを相手に飲みすぎ、結局、翌日の飛行機が遅くてよかった。

9月某日
北海道の風連町に東京会のメンバー(と言ってもいつもの不死身の幹事長とギリー理事) と
北海道会のメンバ一が9名集結。
活性化事業の実現に向けて駅周辺の地権者のヒアリング。
4チームに別れての2日間は、ほとんど合宿状態。
地権者の方の自宅を訪問し、活性化事業への参加について話し合うが、
昔話に花が咲いたり、地元のお菓子をごちそうになったリと時間がかかる。
しかし、合意形成は、やはりNPOの役目だとしみじみ思った。
風連へはじめて来てから、まだ半年位だが、早くも事業の実現が見えてきた。
翌々日、札幌へ戻り、ストレス解消のゴルフコンぺ。
何とブ一ビーメーカー以上の成績はあげたことがないという不死身の幹事長が、ぶっちぎりで優勝。
自慢話は、そのうち裏事情にいやというほど書かれると思うので覚悟して下さい。

次回へつづく・・・