9月某日
TOMネット東北会の「TMO支援ゼミナール実践コース」で仙台へ。
今回は、「上海まちづくり調査団報告会」と「両津市、
龍ヶ崎市まちづくりワークショップ」がテーマ。
終了後のお楽しみ、懇親意見交換会もそこそこに
明日の佐渡出張に向けて、最終新幹線で東京へ。

9月某日
栃木県西那須野町の「TMO構想策定部会」でスライドを使って
の事例説明会。土曜日の夜だというのに50名以上の町民が
集合し熱心に話を聞いてくれた。
来月からこのメンバーが中心となって「まちづくりワークショップ」
によるTMO構想の検討が始まる。参加人数が多いので、
ファシリテーター役のTOMネット専門者会員もたくさん必要。
終了後、最終の新幹線まで1時間あったので、
那須塩原駅周辺の居酒屋を探したが見あたらず、
せめて缶ビールでもと同行スタッフと手分けして自販機、
売店等を求めて歩き回ったがこれもだめ。
無いと思うとどうしても飲みたくなり、最後の手段と駅前の
ビジネスホテルに行き(私ではなくスタッフが)ホテル内の
自販機の使用許可を求めたが宿泊客以外はダメとの
ことでついに断念。
一時間後の新幹線内でのビールのうまかった事。

9月某日
「中心市街地活性化フォーラムin神奈川」を横浜市で開催。
大都市と中小都市の両方から参加頂いたので、
両者に参考になる話をしようと講師陣も苦戦。
打ち上げはやっぱり中華街。
勢いのついた幹事が東横線の車中まで缶ビールを持ち込み
乗客のヒンシュクをかったNPOメンバーだった。

10月某日
午前中、西那須野町の委員会に出席後、
迎えの車に飛び乗り同じく栃木県の大平町へ。
同じ県内でも予想以上に遠く、途中、高速道路の
ドライブインで立ち食いそばをほおばり、ぎりぎりで会場入りし、
活性化勉強会を開催。ここは合併によりできた町で、
旧中心市街地はほぼ無くなっており、新たな中心市街地を遊休地に
つくりあげようと考えているが、中心市街地活性化法は、
衰退していく既存の中心市街地を再活性化させようとするもので、
新市街地の形成は対象としていない。
県、国と協議が必要とやや歯切れが悪くなってしまった。
しかし、現在全国の市町村が合併問題に直面しており、
それぞれの新たな中心市街地の形成についてもきちんと
取り組む必要を感じた。

10月某日
またまた佐渡へ。両津市の活性化計画も中盤に差し掛かり、
商業者、地権者対象の勉強会を重ねて「どのような事業を、どの場所で、
誰が資金調達の責任を負って、どの手法で行うか」を詰めていく段階になった。
「神々の渡る島」を活性化のテーマとして、市民のアイデアをTOMネットの
専門者会員が肉付けし、交流人口を大幅に増加させる計画もいよいよ大詰め。
明日はジェットホイルと飛行機を乗り継いで札幌へ・・・


次回へつづく・・・