過去の旅日記

10月某日
私が所属している再開発関連団体による、韓国再開発事情調査団に参加。
何と、不死身の幹事長も一緒。
6月にはアメリカ調査団だったし、今年は、いろいろ調査する年だ。
ソウルの巨大、超高層再開発は、TOMネットが提唱している、
低層、低容積、低負担という「三低型再開発」とは、対象的に激しく、凄まじいものだった。
日本の高度成長期を追いかけているようだが、少し、バブルっぽくは、ないかと心配だ。
そんな中で、最後に案内してもらったところは、川の工事現場。
清渓川(チョンゲチョンと読むそうです)は、二十数年前に、ふたをされて、
その上に高架道路が建設された、ソウルの高度成長のシンボルのような川だった。
ところが、前回の市長選挙で、清渓川の復元を公約とした現市長が当選し、
昨年から、道路とふたを取り壊し、緑豊かな護岸と清流を取り戻す工事が始まっている。
説明によると、「清渓川をふたで覆ったことは、
機能性や効率性だけが強調された開発時代の産物で、
環境を重視する現在の流れに合わない。こうした清渓川の復元は、
コンクリートで覆われていた灰色のソウルのイメージを、きれいな水が流れ、
緑豊かな美しい都市へと変えて都市の生態系を復元させることで、
ソウルを人間中心の環境都市として新しく生まれ変わらせるとともに、
ソウルのブランド価値を高めるきっかけになる。」
何と、今年のTOMネットの主張である、「環境創造型商店街」の考え方と同じではないか。
安さや便利さ、効率性から、多少不便でも、
人間らしいコミュニティを回復するのが、これからの商店街の使命というのが、「環境創造型商店街」。
来年の今ごろには、完成しているそうで、また見にこなければ。
「赤ん坊のようなすべすべのお肌になりますよ。」というガイドの甘い言葉につられ、
「アカスリ エステ チーム」に参加した不死身の幹事長と別れ、そんな趣味の無い私は、
一人でソウルの商店街を探訪。
夕食は、あまり得意ではないチゲ鍋で、少量しか食べられなかったので、
日本の寿司屋を探して、ビールと寿司を発注。
周りは、韓国の人で満員、日本人の姿は無い。
隣の席の人たちの食べ方を見ていると、味噌汁をスプーンで食べている。
さらに驚いたことに、寿司とセットで出てきたざるそばもスプーンにのせて食べている。
韓国では、食器を持って食べると行儀が悪いという事は知っていたが、
一応、日本食レストランなのだから、日本風に食べてもよさそうなものだが、全員が、スプーン食い。
よく見ると、ビールを飲んでいるのは、私だけで、ほとんどの人は、お茶か水。
食事と飲酒は分けると、聞いたことがあるが、一人で、飲んで、
赤い顔をしているのは、居心地が悪い。
しかし、めげずに、おかわりのビールを頼もうと思って、ふと考えた。
どうも、この店の従業員は、韓国語以外、全く通じないようだが、
その従業員に何と言って声をかければいいのだろうか?
結局、出た言葉は、「すいません!」という、日本語。
従業員は一向に振り向いてはくれなかった。

10月某日
ソウルにもカジノがある。
毎度お世話になっている霊感の鋭い女座長から、今回もラッキーナンバー「5」を授かり、
ラスベガスですっかりカジノの虜になった不死身の幹事長とともに、
「ウォーカーヒルズ カジノ&リゾート」に繰り出す。
ここは、7〜8年ぶりの訪問で、前回は、まだ、ディーラーの能力が低く、
客に遊ばせる余裕が無いので、殺伐とした印象だった。
しかし、今回は、驚いた。
ラスベガス以上のサービス精神で、日本語もそこそこ通じ、
不死身の幹事長もすっかりご満悦。
同じテーブルには、明らかに社員旅行でやってきた、
日本の中小企業の常務さんと職人さんという感じの一行が、
すっかりできあがっており、幹事長と意気投合。
「お姉ちゃん!次は、何番がでるの?」と日本人の恥を代表して、女性ディーラーに声をかける。
「次は、私の歳がでます。」と乗りのいいディーラー。
「じゃあ、31くらいかな。」と本当に31にチップをおく不死身の幹事長・・・・というような、
とても紳士の遊びをしているとは思えない会話を、延々と2時過ぎまで。
私は、やはり、帰り際に、ラッキーナンバー「5」周辺の大量賭けがヒット。
小勝ち連勝記録の更新となった。

10月某日
埼玉県白岡町の委員会。
前回のまちづくりワークショップで、「白岡公園駅構想」という案が出され、
中心市街地を緑と水が溢れる公園のように作り変え、その中に、
商店も住宅も点在する駅前にしようと盛り上がったが、イメージがわからないという指摘で、
次回には、絵を描くことになった。
この絵は、正に、ソウルで見てきた清渓川再開発構想に通ずるもの。
TOMネットの建築家グループに、期待。

10月某日
京都府京田辺市の商工会、市役所の方々と打ち合わせるため、
台風の中、新幹線で京都へ前日入り。
先月も、長崎から京田辺へ入る予定が、台風と重なり断念しており、
どうも京田辺は、天候に恵まれない。
しかし、京田辺の方たちは、私が、台風を連れてくるようなイメージなのだろうなあ。
夜、ホテルへ入ると、もう外は暴風雨。
やむなく、ホテルの中のそば屋で、熱燗。
そのあと、バーで一杯。
ホテルの中ではしごをしても面白くも何とも無い。
風呂へ入って早寝。
翌日、京田辺で、熱心な市役所のご担当の皆さんの熱心なご意見を頂いて、
駅周辺の「環境創造型商店街」プロポーザルを来月行うことにして、大阪へ。
台風の被害が大変な時期なのに、大阪フォーラムには、
たくさんの市町村の方々が集まってくれた。
商店街の再生をテーマに、パネルディスカッションを行ったが、
TOMネット大阪会から、主婦の立場で参加した美貌のイラストレーターが、
「私は、買物の大半を楽天でしています。」との爆弾発言。
大型店とネット販売にはさまれて、やっぱり商店街に将来は無いのかと、
急に発言に力がなくなるギリー理事。
しかし、ネットで「環境創造」はできないでしょう。
ネットサーフィンと水と緑の中の散歩は決定的に違うでしょう。
つい、飛び入りでステージに上がりたくなったが、じっと我慢。
しかし、参加者が真剣に商店街の将来について考えた良いフォーラムになった。

10月某日
北海道風連町のまちづくり期成会設立総会があり、寒風の中、札幌から、車で北へ3時間。
つい何ヶ月か前まで、「そんな事がうちの町でできるわけがない。」と言っていた方たちが、
今は、「ひょっとしたらできるかもしれない。」との思いで組織作り。
人口五千数百人の町でも、居心地の良い、地域住民のためのコミュニティが必ずできあがるはず。
帰りは、夜遅くなり、高速道路に氷がはっていて、ほとんど死ぬかと思った。

10月某日
埼玉県白岡町で、役場の都市計画課や商工課の皆さんと打合せがあるとの事で、
不謹慎ながら二日酔い状態で電車に一時間揺られて訪問。
同行のビール大好き研究員に、午前中の役場との打ち合わせの後の予定を尋ねると、
「午後に、商工会の役員さんを対象としたTMO勉強会と、そのあと、小一時間だけ、
地権者との打合せがあります。」とのこと。
それならば、今日は、早めに恵比寿に帰って、迎えビールで楽になれるなと思っていると、
仕事熱心な商工会の事務局長さんが、6時過ぎまで、次々と予定を組んでいることが判明。
結局、8時間以上も、白岡滞在。
どうも、ビール大好き研究員と事務局長さんの罠にはまったようだ。
しゃきっとするために、昼休みに、駅周辺を隅々まで散策。
複雑な路地を活用して、「歩いて楽しいまち」ができそうだ。
明日は、古川、明後日は、仙台・・・あとは、覚えていない。

次回へつづく・・・


トップ