林代表理事の
まちづくり旅日記

part41

11月某日
TOMネット東京会の新会員歓迎会。
「なぜ、こんな時期に、歓迎会をやるのですか?」と素朴な質問が事務局からあったが、
最近、地方でのTOMネットの宴会参加率が高くなり、東京会のメンバーとしばらく飲んで
ないようなので、口実を考えていたら、思いついただけ。
恵比寿のスナックを4時間借り切り、不死身の幹事長が、カラオケマイクを握って、「韓国ま
ちづくり調査報告」を形だけやって(参加会員の上司の方、読んでないでしょうね)、すぐに、
デスマッチ宴会。
この店は、TOMネット宴会の二次会でしか来たことが無いので、ママは、我々の実力を知らず、
無謀にも、地酒、ワイン、ビール、何でも4時間飲み放題という、要求を素直に受け入れてくれた上、
高そうな日本酒を、コップでグビグビやっている不死身の幹事長らに、お酌までしているではないか・・・
このあと、その店がどうなったかは、恐ろしくて、言えません。

11月某日
白岡町のまちづくりワークショップの最終回。
今回も、TOMネット東京会から、11名と大量動員し、地元の方たちと、同じテーブルを囲んで
「白岡公園駅構想」の実現に向けて議論。
最大のポイントは、地権者の合意形成。
水と緑の「公園のような」駅周辺地区に、住宅や専門店が点在するという計画だが、
「俺は、そんな公園の中に住むのなんかいやだ。六本木ヒルズのような街ができたら考えてもいい。」
などと言う方たちが多数なら、この計画も絵に描いたもちになってしまう。
ワークショップでは、どのテーブルも「公園構想」に大賛成のようだが、年内にも、地権者の方たち
に集まってもらって、「中立な第三者のNPO」TOMネットから、実現手法等の説明会をしなければ
ならないと、商工会事務局長さんたちと話し合い。

11月某日
西那須野「まちづくり期成会」定例会議。
TMO構想の実現に向けて、地権者、役場、商工会が月ニ回、定期的に集まり、熱心な議論。
まちづくり会社の事業採算、公共施設の整備方針、地権者の営業再建等、大きな問題を時間
をかけて解決していかなければならない。
しかし、ゴールは見えている。

11月某日
「商店街再生フォーラム」全国シリーズも中盤にさしかかり、本日は、仙台。
石巻のTMO、「街づくり まんぼう」の社長さんから「まんがによるまちづくり」という基調講演をし
てもらい、その後、宮城県白石市をモデルにして、商店街再生リレートーク。
東北会のメンバーが、数ヶ月にわたり、準備しただけに、中身の濃いフォーラムとなった。
打ち上げでは、白石TMOの元気印の専務さんや、TMOスタッフの名物お姉さんと話が盛り上がり、
年明けには、トムラーが大挙して、白石を訪問し、多額の酒代を落とす話もまとまった。
(白石の飲食店の皆さん、飲み放題にはくれぐれもご注意)
翌日は、TOMネット東北会の親睦ゴルフ大会。
北海道会で、奇跡の優勝を果たした、不死身の幹事長が、わざわざ東京から参戦。
再び、ブービーメーカーの定位置に戻り、しょんぼり。

11月某日
翌週は、初めての名古屋フォーラム。
来年度には、6地区目の拠点として、TOMネット名古屋会が発足するが、
今は、まだ会員がいないので、東京会が担当。
親切にしていただいている、中部経済産業局のご担当からの提言と、参加市町村からの熱心な
質疑の後、ギリー理事をコーディネーターにして、ド派手なイベントプロデューサー、女座長、不死
身の幹事長、カラオケ命タウンマネージャーら、いつものメンバーが、リレートーク。
打ち上げは、地元の参加者も交えて、最終新幹線まで。

11月某日
中小企業基盤整備機構(元の中小企業総合事業団)さんからの声掛けで、全国のタウンマネー
ジャー等が集まっての意見交換会に参加。
もっぱら、高度化資金の改正点についての説明だったが、肝心のリノベ補助等については、
あまり話が無かった。やはり、三位一体の結論が出なければさわれない話か。

11月某日
TOMネット北海道会のワーキンググループ(事業の立上げ現場を支援するグループ)の会議を終え、
6℃の札幌から、21℃の福岡まで二時間半で移動。体がついていかない。
博多の街を歩いていると、驚くことに(私だけか)皆、コートを着て、毛糸のマフラーをしている。
21℃といえば、札幌では、6月の気候。やはり、地域で体も変わるのか。
ダーウィンは偉い。
屋台を堪能して、翌日は、大分フォーラム。
九州経済産業局のビジュアル系のご担当(怒らないで下さい)のお話は、たいへん、わかりやすい
と評判だった。
打ち上げは(毎度、この話ですいません)、関サバ、ヒラメ、大量陳列、大量食いの大宴会。
これで、飲み放題がついて、たったの4000円ぽっきり。
さらに、二次会居酒屋で地元会員が頼んでくれたフグの刺身には、
5年前に、やはり大分で感動した「肝」がついていた。
大分移住計画を、ひそかに考えた夜だった。

最後に、全国の風習を考察した、研究成果を発表します。
東京の人は、エスカレーターで、左に立ち、急ぐ人は、右側を上りますね。
大阪の人は、逆に、右に立ち、左を上りますね。
ここまでは、気付いている人も多いでしょう。
仙台の人は、大阪と同じく右に立ちます。
福岡の人は、東京と同じく左に立ちます。
この辺になると、西日本、東日本という法則ではないことがわかります。
さて、大分の人は、どちらに立つと思いますか?

大分の人は、真ん中に立つのです。
そんなに急いでエスカレーターを上ろうとする人はいないのです。
以前は、全国、エスカレーターを駆け上がる人は、いなかったのです。
スローな生活をもう一度、考え直したいと思います。
(この、研究成果は、私が見かけた、ほんのわずかな、サンプルによるものなので、
責任は、持ちません。他の地域で、この事に関する、面白い現象があれば、
事務局までメールを下さい。
応募者の中から、TOMネット飲み放題宴会にご招待する事があります。)


次回へつづく・・・


トップ