林代表理事の
まちづくり旅日記

part42

12月某日
京都府京田辺市プロポーザル報告会。
報告者として集合したのは、地元大阪会から、ピエ〜ル会長とTOMネットの関西地
区担当セールスマン(何を売るのでしょうか)、東京会からは、毎回登場する不死身
の幹事長と京都が大好きという女座長。
市の各部署のご担当の方、商工会長さんを筆頭にした商業者の皆さん方、さらには、
まちづくりに熱心な市議会議員の皆さんたちで、満員状態の中で、女座長が口火を切
る。
しかし、その声は、ほとんど青江美奈(古い)のよう。
本人いわく、「12月なので、カラオケを歌いすぎました。」と冗談めかして・・・・・
しかし、それが真実の様に聞こえたのは、私だけではないはず。
続いて、幹事長の紙芝居型パワーポイントによる、まちづくり手法の説明。
どんどん場慣れしていく、幹事長の会社は、長くないだろう。
トリは、セールスマン(本当は、一級建築士らしい)による構想図の披露。
さすがに、若手スタッフを二日間徹夜させ、(本人は、ゴルフの練習で忙しかった様
です)作り上げただけあって、なかなかの出来映え。
しかし、この絵が、本当に出来上がることを前提として、組み立ててあるのが、TO
Mネットのプロポーザル。
余談ですが、先日の名古屋フォーラムで、参加者に書いてもらったアンケートに、
「代表による、TOMネットのコマーシャルが長かった」というのがあったのを思い
出したので、この位にします。
終了後は、熱心な市議会議員さんも参加した意見交換会。
参加者の中に、若くて清楚な女性がおり、ピエ〜ル会長がすばやく近づいていくと、
この女性も市議会議員さん。
さらに、驚いたことに、今回のプロポーザルの窓口になっていただいている、商工会
の女性指導員さんのお嬢さんという事も判明。
「必ず、TOMネット大阪会に入会してもらおう。」と決意も固いピエ〜ル会長だった。
この後、大阪会員が多数待ちうける大阪へもどり、忘年会。
翌日は、大阪会初のゴルフコンペ。
結果については、優勝者は、予想通り、関西地区担当セールスマンということしか書
けません。
今後、大阪会のコンペに参加することはないでしょう。(ウソです)

12月某日
TOMネット東京会の忘年会は、表参道のこじゃれた居酒屋。
ワイン飲み放題で、この店がどうなったかは、過去の旅日記を参考に、想像してくだ
さい。

12月某日
埼玉県白岡町TMO構想策定委員会も、大詰め。
TMO事業も見えてきて、本日が、最終回かと思いきや、新年度から、NPOもTM
Oになれることになったため、TMOの在り方や,組織について、もう一度だけ、議
論することになり、年明け、延長戦へ。
くたびれたので、帰りの湘南新宿ラインのグリーン車へ乗り込み、ビール大好き研究
員の強い要望により、車内ビール。
飲み足りずに、今、はやりの、恵比寿の立ち飲み居酒屋へ寄ると、「ド派手なイベン
トプロデューサーの30年後は、こうなるのだろうなあ」というオジイチャンに、
「あんた、山本富士子に似てるなあ。」といわれ、複雑な表情の研究員だった。

12月某日
ブルーインパルスで有名な宮城県矢本町へ。
仙台フォーラムに参加してもらった、役場のご担当のリクエストで、東北会員+ド派
手なイベントプロデューサー、そして、以前、横手で大チョンボをして(以前の旅日
記参照)、東北地方への立ち入りを禁止された(禁止したのは、私です)Mr.M研
究員が、長い謹慎期間を終了して、久々の東北復帰。
全国から人が集まる大コンサートの誘致可能性について、提案するイベントプロ
デューサー。
「そのコンサートに合わせて、ブルーインパルスに飛んでもらったらどうですか。」
と私が冗談で話すと、「大丈夫だと思いますよ。」と役場のご担当。
それほど、この町と自衛隊は、良い関係なのだと改めて思った。

12月某日
岩手県金ヶ崎町訪問。
驚くほど立派な、役場庁舎と、できたばかりの武家屋敷風の駅舎。
しかし、道路整備と民間建物の整備が未着手で、来訪者が、町の中にある歴史的な建
物を巡るような仕組みができていない。
矢本でもそうだったが、ここにも、熱心で、まちづくりに興味を持つ、女性の職員さ
んがいた。
欧米の行政は、女性が主体となっているように見えたが、特に、まちづくりの分野
は、女性の出番が多いのかもしれない。
町長さんからの要請文書も頂いて、京田辺の次のプロポーザルは、この町に決定。
続けて、水沢市役所を訪問。
2年前に、ここで、岩手フォーラムを開催させていただいており、その後の状況をヒ
アリング。
当時、東北経済産業局に出向されていたご担当が、戻ってこられ、経済産業省の施策
を中心として、活性化策を検討されているようだ。
地方の行政マンと国との交流は、有効なのですね。
東京へ戻る新幹線は、不死身の幹事長と研究員の3名。
当然、銘酒と珍味を買い込み、宴会開始。
仙台に着いたとき、M研究員が、突然、「私、ここで降ります。勘弁して下さい。」
と走って降りて行った。
昨夜、仙台の国分町で、ひとり、明け方まで帰って来なかったが、その事と深い関係
がありそうだと、M研究員を肴に酒が進む。
しかし、考えてみると、突然、代表理事と、幹事長を置き去りにするとは、何という
スタッフかと、腹もたってくる。
また、しばらく、東北地方出入り禁止だ。

12月某日
栃木県西那須野町を、最後の訪問。
といっても、縁が切れるわけではなく、黒磯市、塩原町と合併して、那須塩原市にな
るので、「西那須野町」としては、最後になるだけ。
町長さんのところへ、ご挨拶に行って、固く握手。
この町で、活性化事業に着手していなければ、那須塩原市での「西那須野地区」の位
置付けは、どうなったのか。
今年最後の「まちづくり期成会」の会議を終えて、忘年会。
商工会の事務局長さんが、この旅日記を見ていてくれて、「飲み放題にしておきまし
たよ。」とささやいた。
今回は、ギリ−理事、ウワバミコンサル(一応、再開発コーディネーター)、雀士建
築家という強力メンバーで参加。
敵は(別に喧嘩はしてませんが)、役場精鋭チーム、地権者チーム、商工会チーム。
中華料理と紹興酒をたっぷりいただき、議論伯仲してきたころ、中締め。
もっと飲んで、語ろうと言ってくれる地権者の皆さんに、すっかり気持ちの良くなっ
たオジサンたちは、「最終新幹線まで飲もう!」と盛り上がる。
しかし、肝臓を弱らしており、今日は、珍しく冷静な、ウワバミコンサルが寄ってき
て、「店の方が、困っているようですよ。」と言うので、お開きにする事にした。
もちろん、新幹線車中、東京到着後も、自力飲み放題は、延々と。

12月某日
宮城県古川市の中心市街地活性化地区の解体工事、安全祈願祭。
市街地再開発事業により、道路や駐車場、地権者の土地建物を整備し、シネコンを中
心とした集客施設を、経済産業省の支援策により、開設するという事業。
再開発は、施設ができ上がった時よりも、古い町を解体する時の方が、感慨深い。
長い間、住んできた住宅や、そこから、生活の糧を得て、子供達を育ててくることが
できた店が、次々と壊されて、更地になっていくのを見るのは、寂しい。
しかし、その寂しさと同じだけの「希望」も湧いてくるのだ。
新しい生活、新しい商売、新しいまち・・・・・・

悲しくて、でも、ワクワクする「まちづくり」

来年も、できる限りのご支援を、全国のまちづくりの仲間と続けて行きたいと思って
います。
よいお年をお迎え下さい。

そういえば、今夜も、明日も忘年会。

次回へつづく・・・


トップ