林代表理事の
まちづくり旅日記

part 43

2005年1月
ちょっと遅いですが、あけましておめでとうございます。
今年も、各地の宴会話に、お付き合い下さい。

1月某日
愛知県西尾市へ、初めての訪問。
駅前再開発の相談会。
体感温度は、北海道よりも寒く感じるほど冷たい風が吹く中、商工会議所のご担当は、
コートも着ないで、現地を案内してくれた。
再開発というと、どうしても、大都市型の大規模保留床処分型のイメージを持ってしまい、
現在の経済情勢では、暗礁に乗り上げる例が多いが、TOMネットの提唱する「自力更新型」
に発想を変えるだけで、別なまちづくりが見えてくる。
そんなお話を、ギリー理事と二人でさせていただいて、相談会終了。
電車を待つ間、あまりの寒さに、燗機能付きのワンカップを駅の売店で物色。
そんな姿を、お土産を届けに来てくれた会議所のご担当にしっかり見られてしまった。
NPOの権威失墜(もともと、そんなものはありませんが・・・)。
名古屋へ戻り、前回の名古屋フォーラムの時に、混んでいて入れなかった、
手羽先の有名店「山ちゃん」へ。
何とかもぐり込むことができ、大量の手羽先、味噌カツ、エビフリャー(メニューにそう書いてある)
その他を、大量のビールで流し込む。
禁煙中のギリー理事は、その大量飲み食いの間に、ニコチンガムを噛むのに忙しい。
燗機能付きのワンカップに始まった大量飲酒で、肝機能が危ない(オヤジギャグです。)

1月某日
福井県春江町まちづくり相談会。
TOMネット大阪会のピエ〜ル会長、まちづくりセールスマン、そして、大阪会のツルベと
呼ばれているTOMネット幹事と福井駅で待ち合わせ。
役場の職員さんと商工会のご担当が、車で駅まで迎えに来てくれた。
まず、町中を車の中から、見学。
郊外の商業集積は、全国屈指だが、既存商店街は、大苦戦という、
よくあるパターンの都市構造。
相談会には、役場のご担当と、商工会の役員さんが大集合。
見るからにエネルギッシュな商工会長さんが、仕切る中、環境創造型商店街の手法を説明。
最初は、「そんなうまい話があるの?」といつもの反応。
しかし、理解力のすばらしい熱血会長さんは、「今すぐやろう!あの場所でやろう!」と超積極的。
その内、会長さんの熱気が他の役員さんにも伝わり、「やろう!やろう!」(まちづくりの話です)
と盛り上がる。
そうは言っても、まずは、地域住民による、まちづくりワークショップで、
機運を盛り上げるところからスタートしなければならない。
今後も、TOMネット大阪会を中心に、ご支援する事をお約束して、福井駅に送っていただく。
大阪に戻る予定だが、ピエ〜ル会長が、
「何か福井のうまいもんでも食っていこうやないかい」と提案。
「魚横丁」という看板の掛かっているビルの地下へ行くと、営業している店は、
一軒だけで後は、皆、潰れてしまったようだ。
恐る恐るその一軒に入ると、予想に反して、安くて旨い店。
魚居酒屋のサバイバルゲームに生き残った優良店のようだ。
カニのシーズンだが、越前ガニは、さすがに、値が張り、足だけを味見。
刺身と焼酎で、満足したはずだが、さらに、駅で、日本酒とおつまみを調達して、列車で大阪へ。

1月某日
大阪から、女装が趣味の大阪会幹事長、そして、お馴染みのピエ〜ル会長とで、車で米子へ向う。
最近、ピエ〜ル会長の登場頻度が高いが、ちゃんと大学での授業はやっているんでしょうね。
途中の山間は、雪が積もっていて、今、北海道に居るのかと錯覚してしまう。
鳥取県へは、初めて足を踏み入れるが、こんなに寒いところとは思わなかった。
米子の中心市街地は、百貨店と商店街が共存して、栄えてきたところだが、郊外大型店の影響で、
長いアーケードの掛かった商店街にも空き店舗が目立つ。
さらに、近いうちに、5万平米という超大型店が、出店するらしい。
そうなると、今のままの商店街では、壊滅的な影響が出ることは間違いない。
そこで、中心市街地を考えるシンポジウムを、この百貨店の社長さんが中心となって、開催し、
中心商店街の再生のきっかけを作ることになった。
このシンポジウムには、私はもちろん、ピエ〜ル会長を始めとするTOMネット専門者会員が参加し、
地元の皆さんとパネルディスカッションを行うので、その事前打合せが、今回の訪問の目的。
百貨店の社長さんのお世話で、食事をしながらの打合せ会。
市役所のご担当や、論客の商工会議所職員さんも加わり、まちづくりの事から、
最近のブランドショップの事まで、幅広いテーマで議論。
テーブルの上には、昨夜、足しか食べられなかった大きなカニが、もちろん丸ごと並べられているが、
社長さんとの話が盛り上がり、カニには、手が出ない。
ふと、両脇を見ると、ピエ〜ル会長、女装幹事長は、ものも言わずカニと格闘中。
結局、今夜も、足一本の人生だった。(社長さん、お世話になりました。)
山海の珍味をタラフクご馳走になったが、もっと海の珍味を求めて、
オジサン3人と西武の松阪に似ているさわやかな青年(女装幹事長の会社のスタッフ)は、
駅周辺の店を探索。
鯖のしゃぶしゃぶ、牡蠣のしゃぶしゃぶ、まぐろのしゃぶしゃぶと、
全面的にしゃぶしゃぶで攻めてくる店で、まぐろの子供のしゃぶしゃぶを食したが、よくわからない。
明日は、羽田にワンタッチして、新幹線で那須塩原だ。
また、自分がどこにいるのかわからなくなってきた。

次回へつづく・・・


トップ