林代表理事の
まちづくり旅日記

part45

2月某日
札幌のまちづくり財団による支援先を決める審査委員会。
昨年に続いて、二度目の審査員だが、たくさんの市町村から、ユニークなまちづ
くり事業の応募が多数あり、どこに、どれだけの支援をするのかを決めるのは、
あまりにも難しい。
蛍を繁殖させて、観光客に蛍狩りをさせようという計画や、すでに、かなり大掛
かりになり、知名度もあがってきた国際雪合戦なども、面白そうだ。
全国の市町村が、個性ある街並みと、ユニークなイベントを工夫することで、海
外も含めた交流人口の増加が見込め、中心市街地の活性化が実現できる。
欧米では、すでに行われていることを、日本でもきっちりとやらねば。
某大学の先生が言っていたが、まちづくりのキーワードは、「祭りと酒と女(失
礼)だ!」

2月某日
北海道美瑛町の農協さんから、依頼があり、ユニークな農業情報発信施設の企画
を、TOMネット北海道会のメンバーが中心になって行っている。
富良野とともに、美瑛もその見事な農業景観が、人気を呼び、観光客が増えてい
るが、景観だけでなく、その豊かな実りの情報も、来訪者や、全国の消費者に伝
えるには、どうしたらよいかと、連日の議論。
美瑛のAという農家が作った作物を、この情報発信館内のガラスばりの保冷庫に
積み上げて、併設のレストランで調理して、来訪者に提供、同時にネットで全国
へ発信・・・というようなことを考えているが、無事に企画がまとまるかは、こ
れからのワーキング。

2月某日
千歳空港から名古屋へ飛び、安城市役所さんの相談会を済ませて、すぐに、北海
道へとんぼ返り。
石狩市の再開発事業の竣工式に出席。
札幌側に、ニュータウンが急拡大し、町から市に昇格、役場も市役所になって、
ニュータウン側に移転したが、石狩発祥の地である、旧役場周辺地区を、「歴
史」として、残すため、周辺の商業者とともに、市街地再開発事業を計画したもの。
したがって、東京や札幌の再開発と違い、低容積のこじんまりした施設だが、石
狩市民には大事な施設。
大雪の中で、おそらく、全国最少の事業費の再開発事業は、きらりと光って見えた。

2月某日
京都府京田辺市へ、なぜか連続訪問することになった。
メンバーは、不死身の幹事長、女座長、大阪会のまちづくりセールスマン。
一日目は、進行中の区画整理事業の相談会、二日目は、駅周辺活性化事業の説明
会なので、地権者の皆さんが集まりやすい、夜7時からのお仕事。
終了後の宴会は、当然、9時過ぎからになるが、がまんできないオジサンとオバ
サンは、お仕事前に、居酒屋へ。
しかし、悲しいことに、焼き鳥、枝豆とともに飲むのは、ノンアルコールビール
とノンアルコールワイン。
まずい・・・。やめておけばよかったと、全員反省。

2月某日
京都から岡山経由で米子へ。
ピエール会長、ギリー理事、女装好き幹事長とともに「米子商店街再生シンポジ
ウム」に出演。
マネージャーとして、不死身の幹事長と、大阪会のアイドル事務局員も来ている。
「商都」と呼ばれた面影もなくなった中心商店街は、市民にとって本当に必要な
のかという、厳しい観点から、パネルディスカッション。
アーケードのかかった、長い商店街を、川とともに「環境創造型商店街」に作り
変える手法を、ご説明して閉会。
最終の飛行機までの時間で、前回感動した、魚しゃぶしゃぶの店で打ち上げ。
さばしゃぶは、やめられない。
飛行機の中で、酔いを醒まそうとしていると、前の席から不死身の幹事長がビー
ルを差し入れ。
羽田空港では、ラーメン屋で、餃子ビールを閉店まで。

2月某日
埼玉県白岡町TMO構想策定委員会の最終回。
「白岡公園駅構想」を実現する組織として、商工会がTMOになることになった
が、中心市街地活性化事業には、都市計画の観点を重視して進めるというのが、
新年度に向けての国の方針。
役場の都市計画課の皆さんも出席していたが、商工会、役場、地域住民の連携
が、事業成功のポイント。
一年間、よいおつきあいをさせていただいた、商工会の事務局長さんにご挨拶を
すると、「新年度も引き続き、事業推進のお手伝いを」と「逃がさへんで」とい
う雰囲気。
昨年、ワークショップや、勉強会に参加した、TOMネット東京会のメンバー
は、事業実現に向けて、新年度も出番ですよ。

2月某日
TOMネット九州会の最終セミナーのために、福岡へ。
今回の講師は、福岡市役所のまちづくりのご担当と、小倉を拠点に全国で活動し
ている、環境デザイン会社の女性社長さん。
この夜は、意見交換会(いわゆる懇親会)が盛り上がり、居酒屋、屋台、再び居
酒屋と博多バージョンのはしご。
講師の女性社長さんも、九州会に入会することになり、ゴルフの藍ちゃんそっく
りのメンバー、九州会を支えている事務局兼建築家の三人で、「TOMネット九
州女性会」を立ち上げるらしい。
これで、ますます九州会の「男性会」は、盛り上がることでしょう

次回へ続く・・・

次回へつづく・・・


トップ